メインメニューを開く

ムサウ島(ムサウとう、英語: Mussau Island)はパプアニューギニアビスマルク諸島北部(ニューアイルランド州)にあるセント・マタイアス諸島の島。同諸島では最大の島である。パプアニューギニア最北の島であり、住民はムサウ-エミリア語英語版を話す。

ムサウ島
Mussau Island NASA.jpg
宇宙から見たムサウ島。
地理
場所 南西太平洋
座標 南緯1度25分01秒 東経149度37分59秒 / 南緯1.417度 東経149.633度 / -1.417; 149.633座標: 南緯1度25分01秒 東経149度37分59秒 / 南緯1.417度 東経149.633度 / -1.417; 149.633
諸島 セント・マタイアス諸島英語版
行政
ニューアイルランド州

ニューアイルランド島から離れているため固有の動植物が存在し、シマバラケラインコ英語版は同島とエミラウ島でのみ生息が確認されている。

オランダ人ヤコブ・ルメール(Jacob Le Maire)とウィレム・スハウテン英語版が発見し、1885年にドイツ領ニューギニアに編入、1914年にオーストラリアの委任統治領となり、第2次大戦中の1942年から44年にかけては日本軍が占領、その後オーストラリアの信託統治領となり、パプアニューギニアの独立後はニューアイルランド州の一部となっている。

編集