ムトゥ 踊るマハラジャ

ムトゥ 踊るマハラジャ』(ムトゥ おどるマハラジャ、原題:Muthu)は、1995年に公開されたインドタミル語ロマンティック・コメディ映画。K・S・ラヴィクマール英語版が監督を務め、ラジニカーントミーナが出演している。ディーワーリー期間中の1995年10月23日に公開され[1]タミル・ナードゥ州の劇場では175日間上映されるなど興行的な成功を収めた。テルグ語吹替版も公開された他、ヒンディー語吹替版が「Muthu Maharaja」のタイトルでエロス・インターナショナル英語版が配給している。

ムトゥ 踊るマハラジャ
Muthu
監督 K・S・ラヴィクマール英語版
脚本 K・S・ラヴィクマール
原案 プリヤダルシャン英語版
製作 ラジャーム・バーラチャンダル
プシュパー・カンダスワーミ
製作総指揮 B・カンダスワーミ
出演者 ラジニカーント
ミーナ
音楽 A・R・ラフマーン
撮影 アショーク・ラージャン
編集 K・タニカーチャラム
製作会社 カヴィサラヤー・プロダクション英語版
配給 日本の旗 ザナドゥー
公開 インドの旗 1995年10月23日
日本の旗 1998年6月13日
上映時間 166分
製作国 インドの旗 インド
言語 タミル語
テンプレートを表示

日本では1998年6月13日からザナドゥーの配給により渋谷区シネマライズ単館上映され、観客動員数25万人を記録した[2]VHSレーザーディスクDVDの販売本数は6万枚を超え、本作の公開以降インドへの日本人観光客の増加、南インド料理店の日本での増加など日本文化に大きな影響を与えた[2]

あらすじ編集

三角関係編集

大地主のラージャに仕えるムトゥは、性格の明るさと腕っ節の強さ、そしてその誠実な人柄から、主人からの信頼と使用人仲間たちからの信望も厚い人気者だった。

ラージャの伯父アンバラはラージャの財産を手に入れるため、娘のパドミニと結婚させようと企んでいた。そんな中、ムトゥは芝居好きのラージャに付き合わされる形で芝居見物をすることになるが、芝居に興味のないムトゥは途中でクシャミや居眠りをしてしまい、看板女優のランガナーヤキ(ランガ)を怒らせてしまう。一方、ランガの美しさを見て一目惚れしたラージャは彼女との結婚を決意する。数日後、ラージャとムトゥは巡業に向かうランガたちと出くわし、車が故障して困っていた彼女たちを馬車に乗せて巡業先に送り届けようとする。その途中、ラージャはランガに求婚し、「承諾するときは屋敷に来て欲しい」と告げるが、彼女はラージャの話を聞いていなかった。

巡業先に到着したランガたちは、お礼としてラージャの前で芝居を披露するが、そこに借金取りたちが現れ「借金のカタ」としてランガを連れ去ろうとする。ラージャの命令でランガを助け出したムトゥは借金取りたちから逃げるために隣の州まで向かう。逃避行の中で互いに想いを寄せるようになった2人は愛を誓い、ムトゥはラージャの結婚が近いことに配慮して「ラージャが結婚するまで関係を秘密にしよう」と告げる。ムトゥはランガを屋敷で働けるように取り計らい、「結婚を承諾したから屋敷に来た」と勘違いしたラージャは彼女を歓迎する。数日後、ラージャがランガと結婚しようとしていることを知ったアンバラは彼女の姉を殺した義兄プラターブ警部に連絡を取り、ランガを屋敷から追い出そうとする。しかし、ランガから姉が殺されたことを聞かされていたムトゥは彼女にも暴力を振るうプラターブに激怒し、彼を返り討ちにして追い返してしまう。その事態を知ったラージャの母は再度の騒動を懸念してランガを家に帰してはどうかと息子に告げるが、自分が愛しているのはランガでありパドミニとの結婚の意思がない事、結婚が叶わぬのなら死ぬとまで思い詰めていることを知らされ愕然とする。

ムトゥの出生編集

屋敷に潜り込ませていた子分のカーリからムトゥがランガと婚約していることを聞いたアンバラは、カーリを使い「ムトゥがランガに無理矢理結婚を迫っている」「ムトゥが屋敷の財産を狙っている」とラージャに嘘を吹き込ませる。カーリの話を真に受けたラージャは激怒し、ムトゥを一方的に解雇して屋敷から追い出してしまう。一方、ランガから本当のことを聞いていた母シヴァガーミは息子を叱責し、ムトゥは屋敷を含む一帯の広大な土地を所有していた地主の息子であり、自分たちは地主から土地を奪い取った張本人だったという衝撃的な事実を告白する。

地主は莫大な土地や財産を人々に分け与える寛大な人物として尊敬を集める好人物だった。だが子供がいなかったため、地主は秘書として仕えていたラージャセーハランの息子を跡取りとして継がせることを約束していた。しかし、後に地主に実子である息子ムトゥが生まれたことで焦りを感じたセーハランは、地主と交わした約束を信じることができず、かねてから地主の財産の強奪を目論んでいた義兄のアンバラに唆されて地主の財産を横領してしまう。人々からの訴えで横領が発覚したセーハランは地主に呼び出され懲罰を覚悟したが、その場で全財産を譲渡するという意外な対応をとられる。ムトゥと共に屋敷を去ろうとする地主に対し、セーハランの妻のシヴァガーミは償いとしてムトゥの養育を申し出て「金とは無縁の善良な人間に育てて欲しい」との言葉と共にムトゥを託されるが、セーハランは自身の行為を恥じて自殺する。屋敷を去った地主は無一文の日々を送り、やがて悩める人々を教え導く聖者として、人々から慕われる存在となった。一方、シヴァガーミは財産の強奪をたくらむ兄から距離を置くため息子とムトゥを連れ、いまの屋敷に移り住んだのだった。

屋敷の相続編集

事の真相と屋敷にまつわる真実を知ったラージャは屋敷を返還するため地主のもとに向かうが、それを知ったアンバラとカーリに襲われ崖から突き落とされてしまう。アンバラはカーリに「ムトゥがラージャを殺した」と吹聴させて罪を着せ、彼とシヴァガーミも殺して財産を手に入れようと企むが、ラージャを殺されたことに激怒したムトゥはカーリを殴り倒し、カーリは耐え切れずにアンバラのたくらみを自白する。アンバラはムトゥに手下たちをけしかけてそのすきに逃げ出すが、激怒した他の使用人たちに追い回された末に追い詰められ、追いかけてきたムトゥに殺されそうになる。しかし、そこに死んだはずのラージャがパドミニと共に現れる。済んでのところで手を止めたムトゥは、一方的に受けた仕打ちを恨む素振りもなく、心からラージャの無事を喜ぶ。そんな彼のひたむきな誠実さを改めて実感したラージャは己の行いを心から悔いて謝罪し、自分を救ってくれたのがムトゥの父親であること、そしてムトゥの出生の秘密を伝える。ムトゥは父が住み着いていた川辺に向かうが、父はすでに姿を消していた。寂しそうに俯くムトゥに、ラージャの母は祝福はどこにいても届くと告げて慰める。

父親の財産を相続して地主の地位に付き、晴れてランガとの結婚が認められたムトゥは人々からの祝福を受けるが、使用人として控えるラージャを見かけて唖然とする。「私はもう主人ではない」と告げるラージャに、ムトゥは召使の服をまとった彼の腰から抜き取った手ぬぐいをいつものように腰に巻き付け、「これからもあなたは私の主人だ」と、笑顔で応えた。

登場人物編集

ムトゥ
本作の主人公。大地主のラージャに御者兼用心棒として仕える使用人。腕っ節が強く、首に掛けた手ぬぐいをヌンチャクのように振り回して武器にする。
強面な外見とは裏腹に人柄は誠実で、約束を必ず守ることをポリシーとしている。突き立てた人差し指を相手に突きつけるのが決めポーズ。
ランガナーヤキ
旅の一座の看板女優。人々からはランガの愛称で呼ばれている。気が強く、ムトゥと出会った際にはお互いに第一印象は最悪だったが、次第に惹かれあっていく。
ラージャ
ムトゥの主人。ムトゥとは幼い頃から共に育ち、彼を心から信頼している。母から結婚を急かされていたが、芝居小屋通いが好きで先延ばししていた。そんなおりにランガに出会い、一目惚れしてしまう。
アンバラッタール
通称アンバラ。ラージャの叔父で、彼の屋敷と財産を乗っ取るため、娘のパドミニを嫁として送り込む。
計画を遂行するにあたって邪魔者となるムトゥの素性を怪しみ、カーリをスパイとして送り込んで監視させている。
パドミニ
アンバラの娘で、ラージャに片想いしている。感情が高ぶるとしゃっくりが出てしまう。
テーナパン
ムトゥの親友兼引き立て役。使用人仲間のラティに恋心を抱いている。
カーリ
スパイとして送り込まれたアンバラの子分。使用人のリーダーのように振舞うムトゥを苦々しく思っている。
聖者
ある日、屋敷にやってきた、ぼろ服を身にまとった謎の老人。悩める人々を教え導いていることから聖者と呼ばれ尊敬されている。
服装は貧相ながらも高貴な雰囲気をまとい、顔立ちがムトゥに似ている。
実はラージャの母と面識があり、ムトゥの出生の秘密を知る数少ない人物の1人でもある。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(ポニーキャニオンから2019年4月3日発売の「4K&5.1chデジタルリマスター版」DVD&BDに収録[3]

製作編集

本作は1994年公開のマラヤーラム語映画Thenmavin Kombath』のリメイク作品である[6]。監督・脚本はK・S・ラヴィクマール英語版が務めている。K・バーラチャンダル英語版カヴィサラヤー・プロダクション英語版が製作を担当したが、彼は製作者としてクレジットされていない[7]。ラヴィクマールはジャヤラーム英語版に出演を打診していたが、脚本にムトゥを殴らせるように命令するシーンが含まれていたため、彼は役柄の上であってもラジニカーントを殴ることはできないとして出演を辞退し、代わりにサラット・バーブ英語版が起用された。後年、ジャヤラームは「もし『ムトゥ 踊るマハラジャ』でラジニを平手打ちにしていたら、彼のファンにバラバラにされていたよ!」と語っている[8]。撮影はケーララ州[5]マイソールラリサ・マハル英語版で行われた[9][10]

サウンドトラックはA・R・ラフマーンが作曲、ヴァイラムトゥ英語版が作詞している。ラフマーンがラジニカーント主演作で作曲を担当したのは、本作が初となる[11]。本作が日本でヒットを記録したため、日本におけるラフマーンの知名度も上昇した。ヒンディー語版はP・K・ミスラが作詞している。「Omanathinkal Kidavo」の詩はイライマン・サンピ英語版が手掛けている。「Thillana Thillana」のダンスシーンは、ミーナのベリーダンスとへそのクローズアップが話題となった[12]。ラフマーンは同シーンを手掛ける際、アフリカ地域のハミングをサンプリングしている[13]。また、1996年公開の『Jung』の「Deewana Deewana」として、ナディーム=シラヴァン英語版が採用している[13]

作品のテーマ編集

多くの批評家は本作の「いつ、どのように私が来るのかは知らないが、時が来れば私はやって来る」という台詞は、ラジニカーントの政界進出の願望を表していると指摘している[14][15][16]。この台詞は流行語にもなっている[17]。批評家のショーバ・ナラヤナは、ヒロインのランガナーヤキが伝統的なステレオタイプの型に当てはまると指摘しており、「名前はキャラクターのトーンを表している」と述べている[18]

日本での反響編集

1996年、映画評論家の江戸木純シンガポールリトル・インディアにあるビデオショップで本作を発見した。彼は「日本語字幕がなくても、『ムトゥ』はとても魅力的だった」と後に語り、日本で公開するために複数の配給会社と接触した[19]。その後、1998年にザナドゥー配給で「ムトゥ 踊るマハラジャ」のタイトルで公開された[20]。同年6月13日にシネマライズで限定上映された本作は23週間上映され、12万7000枚のチケットを売り上げ、興行収入2億800万円を記録した。これは同劇場の1998年の最高興行収入である[19]。その後100以上の劇場で公開され観客動員数25万人、累計興行収入4億円を記録した[21]。これにより、本作は1997年に公開されたシャー・ルク・カーン主演作『ラジュー出世する』を抜き、日本で最も売れたインド映画となった。本作と『ラジュー出世する』の興行的成功は、日本において1999年までの短期的なインド映画ブームを巻き起こした[22]。本作は『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦』に次いで1995年に海外で最も売れたインド映画となり[23]、日本では最も売れたインド映画となっている(2018年11月時点)[21]。また、本作のサウンドトラックは、日本で最も人気のあるサウンドトラックに選ばれている[24][25]

2006年12月14日、当時のインド首相マンモハン・シン日本の国会で行った演説の中で、本作が日本人の間で人気があることについて言及している[26][27]。2018年11月23日には4Kデジタルリマスター版が公開された[21]

受賞・ノミネート編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “ரஜினி அரசியல்: 16- எப்ப வருவேன்; எப்படி வருவேன்?”. The Hindu Tamil. (2018年1月30日). http://tamil.thehindu.com/opinion/blogs/article22592323.ece 2018年4月18日閲覧。 
  2. ^ a b インド映画ブームの“原点”!「ムトゥ 踊るマハラジャ」リバイバル公開決定”. 映画.com (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。
  3. ^ 前人未踏の大ヒットを記録した伝説のインド映画が、奇跡の再誕!『ムトゥ 踊るマハラジャ ≪4K&5.1chデジタルリマスター版≫』Blu-ray&DVD発売決定!”. PONY CANYON NEWS. 2019年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c Ramachandran 2014, p. 162.
  5. ^ a b Ramachandran 2012, p. 38.
  6. ^ Saraswathi, S. (2014年12月12日). “Birthday Special: The Many Avatars of Rajinikanth”. Rediff.com. 2017年10月13日閲覧。
  7. ^ Ramachandran 2014, p. 161.
  8. ^ Slap in the face for Kamal”. Rediff.com (2000年8月18日). 2019年1月19日閲覧。
  9. ^ “Fans in Mysore disappointed”. The Hindu. (2007年6月16日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-karnataka/Fans-in-Mysore-disappointed/article14778348.ece 2018年4月18日閲覧。 
  10. ^ Ramachandran 2014, p. 4.
  11. ^ Ramachandran 2014, p. 163.
  12. ^ 'Bollywood navel fashion has led to re-emergence of sari' : Blog Radio – India Today”. intoday.in. 2015年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。
  13. ^ a b Ramachandran 2014, pp. 163-164.
  14. ^ Rajinikanth's Most Popular Dialogues”. rediff.com (2018年6月10日). 2019年1月25日閲覧。
  15. ^ Rajinikanth to join politics? 5 times Thalaivar hinted at the same in his films”. India Today (2017年5月18日). 2019年1月25日閲覧。
  16. ^ The longest teaser: Rajinikanth may have hinted his political debut with his film dialogues”. The New Indian Express (2018年1月1日). 2019年1月25日閲覧。
  17. ^ Rajinikanth’s punchnama”. The Hindu (2013年12月13日). 2015年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。
  18. ^ All is well in the Rajini world”. livemint.com (2016年7月21日). 2019年1月25日閲覧。
  19. ^ a b “Dancing Maharajas”. Newsweek. (1999年5月9日). オリジナルの2018年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180330155252/http://www.newsweek.com/dancing-maharajas-166680 2018年3月30日閲覧。 
  20. ^ Mutu: Odoru Maharaja Archived 22 July 2011 at the Wayback Machine.
  21. ^ a b c 見る極楽浄土!4K版「ムトゥ 踊るマハラジャ」新写真8枚到着”. ナタリー (2018年11月9日). 2019年1月25日閲覧。
  22. ^ Matsuoka, Tamaki (2008) (PDF). Asia to Watch, Asia to Present: The Promotion of Asian/Indian Cinema in Japan. Senri Ethnological Studies, Reitaku University. p. 246. オリジナルの22 July 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110722073202/http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/1140/1/SES71_011.pdf 
  23. ^ Top Overseas Grossers 1995”. Box Office India. 2019年1月15日閲覧。
  24. ^ Films don't believe in borders”. screenindia.com. 2008年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。
  25. ^ Ramachandran 2014, p. 20.
  26. ^ “It's India-Japan Friendship Year”. Chennai, India: The Hindu. (2006年12月15日). オリジナルの2007年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070520065653/http://www.hindu.com/2006/12/15/stories/2006121506571400.htm 
  27. ^ The Statesman”. thestatesman.net. 2009年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。

関連項目編集

参考文献編集

  • Ramachandran, Naman (2014). Rajinikanth: The Definitive Biography. Penguin Books 
  • Ramachandran, Naman, ed (2012). Rajinikanth: A Birthday Special. Kasturi & Sons Ltd. ISBN 9788184757965. https://books.google.co.in/books?id=YyFMAgAAQBAJ&pg=PA38&lpg=PA38&dq=kerala+muthu+rajinikanth&source=bl&ots=7bNPr4qr4M&sig=U2_Uz_UW5KQRZTNsBvQRjkeI2B8&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwj4wOqiiMPaAhUeSY8KHYDzBKIQ6AEIgAEwCA#v=onepage&q=muthu&f=false 

外部リンク編集