メインメニューを開く

ムトゥ 踊るマハラジャ

ムトゥ 踊るマハラジャ』(ムトゥおどるマハラジャ、Muthu, முத்து)は、1995年公開のインド映画(原版はタミル語)。

ムトゥ 踊るマハラジャ
முத்து
監督 K・S・ラヴィクマール
出演者 ラジニカーント
音楽 A・R・ラフマーン
配給 ザナドゥー
公開 インドの旗 1995年10月23日
日本の旗 1998年6月13日
上映時間 166分
製作国 インドの旗 インド
言語 タミル語
テンプレートを表示

日本では1998年6月13日からザナドゥーの配給により渋谷区シネマライズ単館上映され、観客動員数25万人を記録した[1]VHSレーザーディスクDVDの販売本数は6万枚を超え、本作の公開以降インドへの日本人観光客の増加、南インド料理店の日本での増加など日本文化に大きな影響を与えた[1]。これにより、主演のラジニカーントマサラムービーマサラはインドで混ぜるという意味の言葉[2])が注目された。

目次

ストーリー編集

大地主のラージャに仕えるムトゥは、性格の明るさと腕っ節の強さで主人からの信頼と使用人仲間たちからの信望も厚い人気者。しかし主人とともに訪れた芝居小屋で看板女優のランガナーヤキ(ランガ)と出会い、ランガに一目惚れしたラージャと三角関係に陥ってしまう。さらにラージャの屋敷の乗っ取りを企む叔父アンバラの陰謀が絡み、ストーリーはムトゥの出生の驚くべき秘密にせまっていく。

登場人物編集

ムトゥ
演 - ラジニカーント
大地主のラージャに御者兼用心棒として仕える使用人。腕っ節が強く、首に掛けた手ぬぐいをヌンチャクのように振り回して武器にする。強面な外見とは裏腹に人柄は誠実で、約束したことを必ず守ることをポリシーとしている。突き立てた人差し指を相手に突きつけるのが決めポーズ。
ランガナーヤキ
演 - ミーナ
旅の一座の看板女優。人々からはランガの愛称で呼ばれている。気が強い性格で、ムトゥと出会った際にはお互いに第一印象は最悪だったが、次第に惹かれあっていく。
ラージャ
演 - サラットバーブ
ムトゥの主人。ムトゥとは幼い頃から共に育ち、彼を信頼している。母から結婚を急かされていたが乗り気になれず、先延ばしにして芝居小屋通いに精を出していたおりにランガに出会い、一目惚れしてしまう。
アンバラッタール
演 - ラーダー・ラヴィ
通称アンバラ。ラージャの叔父で、彼の屋敷と財産を乗っ取るため、娘のパドミニを嫁として送り込む。計画を遂行するにあたって邪魔者となるムトゥの素性を怪しみ、カーリをスパイとして送り込み監視させている。インド映画における典型タイプな悪役。
パドミニ
演 - スバーシュリー
アンバラの娘で、ラージャに片想いしている。感情が高ぶるとしゃっくりが出てしまう。
テーナパン
演 - センディル
ムトゥの親友かつ引き立て役。使用人仲間のラティに恋心を抱いている。
カーリ
演 - ポンナーンバラム
スパイとして送り込まれたアンバラの子分。使用人のリーダーのように振舞うムトゥを苦々しく思っている。
聖者
ボロを身にまといながらも高貴で崇高な雰囲気を放つ不思議な老人。村の外れの寺院の木の下に住まって迷い悩める人たちを道を教え導いており、聖者とたたえられている。
高貴な雰囲気や顔だちがムトゥによく似ている。ラージャの母親と過去に面識があり、彼女の他にムトゥの出生の秘密を知る唯一の人物。

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b インド映画ブームの“原点”!「ムトゥ 踊るマハラジャ」リバイバル公開決定”. 映画.com (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ 混合香辛料のガラムマサラが知られている。

外部リンク編集