メインメニューを開く

ムラート・スタリノフキルギス語: Мурат Суталинов, ラテン文字転写: Murat Sutalinov1963年4月26日 - )は、キルギス共和国の政治家、内務官僚。キルギス国家保安庁長官(国家保安委員会議長)。内務相(在職: 2005年 - 2006年)。中将。

経歴編集

フルンゼ市出身。

  • 1980年9月~1984年9月 - ソ連内務省カラガンダ高等学校聴講生
  • 1984年9月~1986年6月 - アラメジンスキー地区内務課の取調官
  • 1986年6月~1987年12月 - アルマ・アタ州内務局カスケレンスキー地区内務課の取調官
  • 1987年12月~1989年7月 - レーニンスキー地区内務課刑事捜索部の捜査係
  • 1989年7月~1991年2月 - フルンゼ市内務局刑事捜索部組織犯罪課の先任捜査係
  • 1991年2月~1993年4月 - ビシュケク市内務局刑事捜索部組織犯罪課の班長
  • 1993年4月~1996年10月 - オクチャブリスキー地区内務課副課長
  • 1996年10月~2000年4月 - 内務省組織犯罪対策局副局長
  • 2000年4月~2001年3月 - ビシュケク市内務局副局長
  • 2001年3月~2002年11月 - チュイ州内務局長
  • 2002年11月~2003年8月 - 内務省刑事捜索総局長
  • 2003年8月~2004年1月 - オシュ州内務局長
  • 2004年1月16日~2005年3月23日 - 大統領府国防・安全保障問題課主任
  • 2005年3月23日~24日 - 検事総長
  • 2005年3月~2005年5月 - 内務省付
  • 2005年5月17日~2006年10月6日 - 内務相
  • 2006年10月6日~2007年2月6日 - 国家保安庁長官
  • 2007年2月6日~2009年11月6日 - 国家保安委員会議長

2009年11月6日から国家保安庁長官。2010年キルギス騒乱後、解任。

パーソナル編集

父のアブドゥベク・スタリノフは、元内務相。最初の妻は、ソ連内務省カラガンダ高等学校長の娘で、2男1女を儲けた。再婚で2男を得た。

「公共秩序の警備に関する優秀な勤務に対する」メダル、一等「クジュルモン・クィズマト・オトゴンドゥグ・ウチュン」メダルを受章。

先代:
シェルコジジャン・ミルザカリモフ
内務相
2005年 - 2006年
次代:
オスモナリ・グロノフ
先代:
?
国家保安庁長官
2006年 - 2010年
次代:
ケネシュベク・ドゥシェバエフ