ムラード(Murad, 1570年6月7日 - 1599年5月12日)は、北インドムガル帝国の皇帝アクバルの次男(ただし、夭折した兄2人がいるので正確には四男である)。

ムラード
Murad
ムガル帝国皇子
Sultan Murad and Sultan Daniyal on a Picnic.jpg
ムラードと弟ダーニヤール

出生 1570年6月7日
ファテープル・シークリーサリーム・チシュティーの家
死去 1599年5月12日
ジャルナープル
配偶者 ハビーバ・バーヌー・ベーグム
子女 ルスタム
アーラム
イファト・ジャハーン・バーヌー・ベーグム
父親 アクバル
母親 サリーマ・スルターン・ベーグム
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

1570年6月7日、ムガル帝国の皇帝アクバルとその妃サリーマ・スルターン・ベーグムの息子として生まれる[1]

1594年末以降、ムラードは帝国の武将アブドゥル・ラヒーム・ハーンとともにデカンへ遠征した。

だが、ムラードは遠征中、アブドゥル・ラヒーム・ハーンとよく意見の対立から衝突するようになった。アブル・ファズルの著書「アクバル・ナーマ」では、その原因の多くをアブドゥル・ラヒーム・ハーンとしているが、同時にムラードの経験不足、邪な取り巻きにも目をむけている。

この対立においては、ムラードの後見役サーディク・ムハンマド・ハーン・ヘラーティーがよく仲介にあたったが、1597年に彼は死亡している。ムラードとアブドゥル・ラヒーム・ハーンとの関係は悪化の一途をたどり、ムラードはアクバルに苦情の書簡を送り、アブドゥル・ラヒーム・ハーンは解任を申し出た。

最終的に両者の対立は、アブドゥル・ラヒーム・ハーンが帝都アーグラに赴いて弁解し、1599年初頭にアブル・ファズルがムラードに帰還の命を伝えるためデカンに派遣され、デカンは代わりにミールザー・シャー・ルフに任されることとなった。

同年中頃、アブル・ファズルがムラードの陣営に向かった際、ムラードはアブル・ファズルとの面会を拒否するため、アフマドナガル王国の領土にさらに進行した。そして、これは不首尾に終わり、酒に浸るようになった。

同年5月12日、ムラードは過度の飲酒により、28歳で死去した。アブル・ファズルはムラードの陣営から30キロの地点に着いたとき、新たな後見役ミールザー・ユースフ・ハーン・レザウィーからムラードの危篤の知らせを受け取とったが、到着前にムラードは死亡した[1]。アブル・ファズルは結局、その死をアクバルに伝えることが役目となった。

脚注編集

  1. ^ a b Delhi 4

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン 著、月森左知 訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』創元社、2009年。 
  • アンドレ・クロー 著、杉村裕史 訳 『ムガル帝国の興亡』法政大学出版局、2001年。 
  • S・スブラフマニヤム 著、三田昌彦、太田信宏 訳 『接続された歴史 インドとヨーロッパ』名古屋大学出版会、2009年。 

関連項目編集