メインメニューを開く
ムルシア自治州
Comunidad Autónoma de la
Región de Murcia
Flag of the Region of Murcia.svg Escudo-ca-murcia.svg
州旗 紋章
Localización de la Región de Murcia.svg
州都 ムルシア、議会はカルタヘーナ
公用語 カスティーリャ語
面積
 – 総面積
 – 割合
第9位
  11,313km²
  2.2%
人口
 – 総人口(2008)
 – 割合
 – 人口密度
第10位
  1 424,063人
  3.0%
  128.12人/km²
住人の呼称
 – スペイン語

  murciano/-a
自治州法 1982年6月9日
ISO 3166-2:ES MU
議席割当
 – 下院
 – 上院
  9
  2
州首長 フェルナンド・ロペス・ミラス(国民党、PP)
州政府のサイト

ムルシア州Comunidad Autónoma de la Región de Murcia)は、スペインを構成する自治州の1つである。正式名称を日本語に直訳すると「ムルシア地方自治州」である。ムルシア県1つのみから成る、1県1州の自治州である。行政の州都は内陸部のムルシアだが、議会は海岸部のカルタヘナに置かれている。

スペインの南東部、アンダルシーア州カスティーリャ=ラ・マンチャ州バレンシア州に挟まれた所に位置し、地中海に面している。温暖な気候を利用して果物・野菜・花卉が栽培されており、スペインのみならずヨーロッパ諸国へも輸出されている。

歴史編集

カルタゴ人がカルタヘナの海岸に貿易拠点を築き、ローマ人によって「カルタゴ・ノヴァ」と呼ばれるようになった。カルタゴの商人にとって、カルタゴ・ノヴァの山岳地帯は単なるイベリア半島の後背地でしかなかった。ローマ時代には属州ヒスパニア・タラコネンシスの一部であったが、タラコネンシスが分割された後はカルタギネンシスの一部となった。

イスラム支配下では大規模な灌漑が導入されて農業が発展した。この時代の地名はトドミル(Todomir)である。11世紀後ウマイヤ朝が滅ぶと、タイファ諸国の1つムルシア王国の領域となった。ムルシアのタイファは、アルバセーテアルメリーアアリカンテの一部も含んでいた。1086年のサグラハスの戦いで、ムラービト朝は小さなタイファを飲み込み、イスラム教徒支配下のスペインを統一した。

その後、レコンキスタの進展によって、1243年にカスティーリャフェルナンド3世に征服された。カスティーリャがムルシアを征服した意義は大きかった。カスティーリャは初めて地中海への入り口を獲得した上に、イベリア半島の西地中海沿岸を所有するアラゴン王国の南進を止めたのである。フェルナンド3世の後継者アルフォンソ10世は、行政上の理由からムルシアを3分割し、聖職者領主を据えたり、レコンキスタに貢献した者へ報酬として与えたり、11世紀にできた騎士修道会へ与えた。

1264年にイスラム教徒が反乱を起した際には、アラゴン王ハイメ1世に鎮圧された。1296年にはカスティーリャ王国の内紛に乗じて、アラゴン王ハイメ2世がこの地を征服した。しかし、1304年に締結された条約で、この地はカスティーリャ王国に返還され、アリカンテなど現在のバレンシアの南部はバレンシア王国(アラゴン王国)に編入された。以後、カスティーリャ王およびスペイン王がムルシアの王を兼ねた。19世紀の県制度によってムルシア県が設立されるまで、名目上ムルシア王国として存続した。

1978年の憲法によって自治州制度が導入されると、1982年にムルシアは自治州となった。それまでムルシア地方の一部であったアルバセーテ県はムルシアから離れて、他の4県と共にカスティーリャ=ラ・マンチャ州を創設することを選んだ。

地理編集

地勢編集

 
ラス・モレアス山脈

ムルシア州はベティコ山系の東に位置する。ベティコ山系は北から、プレベティコ山系、スブベティコ山系、ペニベティコ山系に3分割されている。

昔から州の最高峰は標高2027 mのレボルカドーレス山とされてきた。しかし最近の調査によると、レボルカドーレス山の標高は1999 mに過ぎず、さらに北にあるロス・オビスポス山(2015 m)よりわずかに低いことがわかった。

ムルシア州のおよそ27%が山地、38%が準山地か谷、残り35%が平地または台地である。

気候編集

ムルシア州は比較的乾燥した地中海性気候、または、地中海性気候の要素を持ったステップ気候である。夏に乾燥する傾向にあり、年間降水量は300 mmから350 mmと少なく、年間の晴天日は120日から150日である。温暖な冬(12月・1月の平均気温11 ℃)、暑い夏(最高気温40 ℃を超えることが珍しくない)が特徴である。ただし、年間平均気温は18 ℃程度である。海からの距離と標高の高低差が、沿岸部と内陸部の気温の変化を主に冬に引き起こす。沿岸部で気温10 ℃を下回るような時は、内陸部では6 ℃まで気温が上がらず、降雨量が600 mm以上と多くなる場合もある。

ムルシア市は、20世紀中にスペインにおける国内最高気温を記録している。1994年7月4日、最高気温47.2 ℃に達したのである。これに対して、2005年の冬には長期に亘って低温が続き、ムルシア州の沿岸部ですら降雪が見られた[1]

水文編集

 
モラタリャ周辺とアリャラベ川

河川編集

ムルシア州の水界網は、セグラ川とその支流からなっている。

  • ムンド川(Río mundo) - アルバセーテから発する。
  • アリャラベ川(Río alharabe) -とその支流ベナモル川
  • ムラ川(Río Mula)
  • グアダレンティン川(Río guadalentin) - サンゴネラ川、レゲロン川(Canal del Reguerón)

セグラ川流域に水供給能力がないため、この河川流域へタホ川流域からもたらされた水が供給されている。

湖沼編集

 
マール・メノール潟の衛星写真

スペイン最大の天然湖で、ヨーロッパ最大の海水湖がムルシア州南東端部に存在する。「小さな海」という意味を持つ、地中海に近接したマール・メノール潟で、面積は170 km2に及ぶ。湖岸線の長さは73 kmで、水晶のように透明な浅瀬を持つビーチがある(最深で7 m)。

特殊な環境と自然の特性がマール・メノールを独特の湖にしており、国際連合によって地中海特別保護地区に指定されている。マール・メノール潟は半円形をしていて、地中海とは長さ22 km、幅100 mから1200 mの砂州で隔てられており、この砂州はラ・マンガ・デル・マール・メノール(小さな海のたもと)として知られる。

経済編集

2012年にスペインの経済危機がムルシア州の経済を直撃した。その影響で自治州政府も資金調達が困難になり、7月には同様の事態に直面したバレンシア州と共に中央政府に支援要請を行う事態となった[1]

自治体編集

ムルシア州の人口は約130万人であり、46のムニシピオ(基礎自治体)がある。州の人口の約3分の1が州都ムルシア(424,362人)に住んでいる。2番目に人口の多い都市は、州の人口の約6分の1を擁するカルタヘナである。3番目はロルカだが、人口は10万人に届かない。

ムルシア州の自治体(2016年)
# 自治体 人口
1 ムルシア 441,003人
2 カルタヘナ 214,759人
3 ロルカ 91,730人
4 モリナ・デ・セグラ 69,614人
5 アルカンタリージャ英語版 41,155人
6 シエサ英語版 35,134人
7 アギラス 34,706人
8 トーレ=パチェコ英語版 34,630人
9 イェクラ 34,037人
10 サン・ハビエル 31,782人
11 トターナ英語版 30,981人
12 マサロン英語版 30,704人
13 カラバカ・デ・ラ・クルス 25,591人
14 フミーリャ 25,362人
15 サン・ペドロ・デル・ピナタール英語版 24,660人

交通編集

内陸部にある州都のムルシアの南東に位置するサン・ハビエルには、ムルシア=サン・ハビエル空港がある。また、議会が設置されているカルタヘナはカルタヘナ港英語版を擁する。この他、カルタヘナとムルシアとの間には鉄道路線も存在し、カルタヘナとムルシアの鉄道での所要時間は約1時間である。さらに、ムルシアからロルカを経由してアギラス方面への鉄道路線、ムルシアからシエサを経由してカスティーリャ=ラ・マンチャ州アルバセーテ方面へ抜ける鉄道路線、ムルシアからバレンシア州アリカンテ方面へ抜ける鉄道路線が敷設されている。

言語編集

ムルシア州で話されるスペイン語は、独特のアクセントと地元特有の言語を持つ。ムルシア方言は、多くの最終音節の子音を除去し、アラゴン語古アラビア語に由来する地元の語彙を強調する傾向にある。一般的なイントネーションとムルシアで話されるスペイン語方言の特殊な語彙の一部は、近接するアルメリーア県、アリカンテ県のベガ・バヤ・デル・セグーラで話される方言といくつか特徴を共有している。

エル・カルチェスペイン語版地方の狭い地域ではバレンシア語が話されている。

脚注編集

外部リンク編集