ムワンザ県

マラウイ・南部州の県

ムワンザ県(ムワンザけん、Mwanza)は、マラウイ南部州に属する県(Mwanza district)で、中心となる都市はムワンザである。2,259 km²の面積を持ち、人口は13万8015人。

ムワンザ県

Mwanza District
ムワンザ県の位置
ムワンザ県の位置
マラウイの旗 マラウイ
南部州
県都 ムワンザ
面積
 • 合計 2,259 km2
人口
(年)
 • 合計 138,015人
 • 密度 61人/km2
等時帯 UTC+2 (CAT)
ISO 3166コード MW-MW

概要編集

ムワンザはモザンビークとの国境沿いの都市であり、経済は主に輸送業務から成り立っている。また、マラウイにおいて数少ない気候が柑橘系植物の栽培に適している地域であることから、長年に亘って農業経済を柑橘類 (ミカンレモングレープフルーツなど) に依存してきた。しかしながら現在、柑橘類の栽培者協会であるZIPATSOの努力にもかかわらず、10年以上に亘る生産高の低下と柑橘類産業の衰退が生じている。

歴史編集

2003年にムワンザは、地方分権プログラムによってネノ(Neno)とムワンザに分割された。ネノの人口は7万5000人である。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集