ムーサール運動מוּסָר mūsār, mu/isor, mu/iser, mussar movement)はリトアニアミスナグディームハシディズムに属さない人、反対者)の間に起こり現在まで続く、ユダヤ教倫理面を強調する運動のことである。

リトアニアのラビイスラエル・リプキン=サランテル Israel Lipkin-Salanter により提唱された。リプキンはレブ・ズンデル・サラント Reb Zundel Salant に影響を受けた。

リトアニアのイェシーバー世界に浸透していった。

ムーサールとは倫理とか、伝統を意味するヘブライ語の言葉である。

ムーサール文学編集

ムーサールとは本来中世に始まったユダヤ教文学の一形態であり、それらの中にはイディッシュ語文書を含んだ。 ムーサール運動では、これらの文章を集め、研究することとなった。

ムーサール運動に関係する古典文献編集

現在も研究されている倫理に関わるラビの作品:

ムーサールの方法について述べられている古典文献:

  1. "Orchos Tzaddikim" anonymous
  2. "Cheshbon ha-Nefesh (Accounting of the Soul)" by Rabbi Menahem Mendel Leffin
  3. "Strive for Truth (Michtav me Eliyahu)" by Rabbi Eliyahu Dessler

ムーサールのエッセンスに関わる、オンライン・英語で読める文書:

その他の本:

  • デレフ・ハッ=シェーム Derech Hashem (主の道)

英語版の参考文献編集

  • Rabbi Israel Salanter: Religious-Ethical Thinker, Menahem G. Glenn (1953, 2005)
  • Contemporary Jewish Ethics: a Bibliographical Survey, S. D. Breslauer (1985)
  • Modern Jewish Morality: a Bibliographical Survey, S. D. Breslauer (1986)
  • Werblowsky, in: Annual of Jewish Studies, 1 (1964), 95-139;
  • Hebrew Ethical Wills, 2 vols., I. Abrahams (ed.) (1948)
  • Contemporary Jewish Ethics and Morality: A Reader, Ed. Elliot N. Dorff and Louis E. Newman. Oxford University Press, 1995
  • The Business Bible: 10 New Commandments for Bringing Spirituality & ethical values into the workplace, Wayne Dosick, Jewish Lights Publishing
  • The Challenge of Wealth: A Jewish Perspective on Earning and Spending Money, Meir Tamari, Jason Aronson Inc., 1995
  • The Book of Jewish Values, Joseph Telushkin, Bell Tower, 2000.

補遺編集

Rav Yosef Yoizel Horowitz ZT"L The Alter of Novardok attended mussar shiurim given by Rav Blazer and Rav Shenker in コヴノ

外部リンク編集

関連項目編集