ムーミン谷のなかまたち

ムーミン谷のなかまたち』(原題:Moominvalley)は、トーベ・ヤンソンラルス・ヤンソンムーミン・シリーズを原作とする、フィンランドイギリス共同制作によるテレビアニメ作品。日本ではシーズン1が2019年4月4日から、シーズン2が2020年1月9日から、NHK BS4Kにて放送[1]

ムーミン谷のなかまたち
ジャンル ファンタジー
アニメ
原作 トーベ・ヤンソンラルス・ヤンソン
シリーズディレクター スティーブ・ボックス
脚本 スティーブ・ボックス
マーク・ハッカビー
ニック・オストラー
音楽 ペッカ・クーシストサムリ・コスミネ
アニメーション制作 アニマ
製作 ガッツィ・アニメーションYLESKY
放送局 NHK BS4K
放送期間 シーズン1:2019年4月4日 - 6月27日
シーズン2:2020年1月9日
話数 シーズン1:全13話
シーズン2:全13話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

概要編集

ガッツィ・アニメーションフィンランド国営放送・YLE、およびイギリスのSkyが共同で制作する。監督は『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』のスティーブ・ボックス英語版が務める。アニメーション制作を担当するスタジオは、フィンランドのアニマである[2]。YLE制作のテレビ番組としては過去最高額となる2000万ユーロ(約25億円)の制作費が掛けられた[3][4]

本作は2Dの手書きの風合いと3Dを融合させた映像表現を使用している。この手法についてプロデューサーのジョン・ウーリーは、『かぐや姫の物語』の伝統的な手書きアニメーションの技法や、手書きアニメーションと3Dアニメーションを融合させたディズニーの短編『紙ひこうき』からインスピレーションを受けたと述べている[5]

制作に先立ちガッツィ・アニメーションは、2D/3Dアニメーション技術の開発やキャラクターデザイン、キャラクターリギングなどのビジュアル開発費用を賄うために、インディーゴーゴーにおいてクラウドファンディングを実施した。その結果、2017年3月8日から4月21日までの期間で、3701人の支援者から目標額の20万ドルを超えるおよそ25万ドルの資金が集まった[6][7]

ムーが歌うテーマ曲に加えて、北欧やヨーロッパで活躍するアーティストたちが各エピソードに一曲ずつ、その回のテーマに合ったオリジナル楽曲を提供する[8][9]

あらすじ編集

登場人物編集

ムーミントロール
声 - 寺島惇太(英語:タロン・エジャトン[10] / フィンランド語:Joonas Nordman[10] / フィンランド・スウェーデン語:Christoffer Strandberg[10]
本作の主人公。好奇心が強くて冒険好き。独りぼっちになるのが苦手。
ムーミンママ
声 - 井上喜久子(英語:ロザムンド・パイク[10] / フィンランド語:Satu Silvo[10] / フィンランド・スウェーデン語:Maria Sid[10]
ムーミンのママ。冷静で些細なことでは悩まない。一家を支えるママ。
ムーミンパパ
声 - 松本保典(英語:Matt Berry[10] / フィンランド語:Ville Haapasalo[10] / フィンランド・スウェーデン語:Carl-Kristian Rundman[10]
ムーミンのパパ。冒険好きでムーミン達にアドバイスをするが、妄想癖がある。
スナフキン
声 - 高橋一生(英語:エドヴィン・エンドル[10] / フィンランド語:Olavi Uusivirta[10] / フィンランド・スウェーデン語:Paavo Kerosuo[10]
世界中を歩き渡る旅人。ハーモニカと釣りを趣味とする。「禁止」と書かれた看板が嫌い。
リトルミイ
声 - 大谷育江(英語:ベル・パウリー[10] / フィンランド語:Kiti Kokkonen[10] / フィンランド・スウェーデン語:Saga Sarkola[10]
お転婆娘。とあることをきっかけにムーミン一家の仲間入りとなった。口が悪く怒りっぽいが、親切で怖いもの知らず。
スノークのおじょうさん
声 - 津田美波(英語:Akiya Henry[10] / フィンランド語:Alina Tomnikov[10] / フィンランド・スウェーデン語:Edith Holmström[10]
本作のヒロイン。ムーミンのガールフレンド。エネルギッシュが取り柄だが、気分屋の一面もあり、ムーミン達は少々振り回されがち。
スニフ
声 - 落合弘治(英語:ワーウィック・デイヴィス[10] / フィンランド語:Markku Haussila[10] / フィンランド・スウェーデン語:Andreas af Enehielm[10]
ムーミンの幼馴染で悪友。宝やキラキラしたものに目がない。ムーミンのやることなすことに便乗しやすいが、一方で臆病な一面もある。
じゃこうねずみ
声 - 金光宣明
フィリフヨンカ
声 - 久嶋志帆
ヘムレン
声 - 太田哲治
ミムラ夫人
声 - 石丸有里子
ティーティ=ウー
声 - 河本邦弘
エンマ
声 - 小林優子
ミーサ
声 - 原島梢
オバケ
声 - 津久井教生
おしゃまさん
声 - 山藤桃子
ニンニ
声 - 福緒唯
ブリスク
声 - 相馬幸人

スタッフ編集

  • 原作 - トーベラルス・ヤンソン
  • 原作監修 - ソフィア・ヤンソン
  • 脚本 - スティーブ・ボックス英語版、マーク・ハッカビー、ニック・オストラー
  • クリエイティブ・ディレクター - マリカ・マカロフ
  • シリーズ・ディレクター - スティーブ・ボックス
  • 絵コンテ - ナイジェル・デイヴィス
  • 演出 - アヴゴスタ・ゾウレリディ、ナイジェル・デイヴィス、ジェイ・グレイス、ダレン・ロビー
  • 美術 - サラ・ホールドレン
  • 編集 - ポーラ・ディナン
  • 音楽 - ペッカ・クーシスト&サムリ・コスミネ
  • 音楽監督 - ヴィルピ・イモネン
  • 制作担当 - ポーラ・ポヴェダ-ウルティア
  • アニメーションプロデューサー - アンティ・ハイカラ、ヤニ・クロネン
  • プロデューサー - ルイーズ・ホームズ
  • シリーズ・プロデューサー - ジョン・ウーリー
  • エグゼクティブ・プロデューサー - マリカ・マカロフ、ルーシー・マーフィー、ヤーモ・ランペラ
  • アニメーション制作 - アニマ
  • 制作 - ガッツィ・アニメーション
  • 共同制作 - YLESKY

日本語版編集

  • 翻訳 - 髙山美香
  • 演出 - 向山宏志
  • 音声 - 新井保雄
  • プロデューサー - 別府憲治
  • 制作統括 - 米村裕子、土橋圭介

主題歌・挿入曲編集

オープニング曲「ムーミン谷のなかまたちテーマ」
歌 - ムー
挿入曲
「スターライト」(第1話)
詞・曲 - アルマ・ミエッティネン、マッティ・ミッコラ
歌 - アルマ英語版
「サマー・デイ」(第1話)
詞・曲・歌 - トム・オデール
「バック・トゥ・ザ・ケイヴ」(第2話)
詞・曲 - デイヴ・パーマー、エド・ハーコート
歌 - カーネル・サンズ
「ラヴ・ミー・ウィズ・オール・ユア・ハート」(第3話)
詞・曲 - カルロス・アルベール・マルティノーリ、カルロス・リグアル、マリオ・リグアル
歌 - デリラ・モンタギュー
「ホーム・アゲイン」(第4話)
詞・曲 - クラーラ・セーデルベリ、ヨハンナ・セーデルベリ
歌 - ファースト・エイド・キット
「ゼア・イズ・サムシング・イン・ザ・フォレスト」(第5話)
詞・曲 - エミリア・トリーニ、アーリッヒ・イェスパース、コーブ・プロスマンス、ジョース・カルワーツ
歌 - エミリアナ・トリーニ&ザ・カラリスト・オーケストラ
「ホーム」(第6話)
詞・曲 - ジョゼフ・サルヴァ、リッチ・クーパー
歌 - ジョゼフ・サルヴァ英語版
「フリー・スピリット」(第7話)
詞・曲 - ジョゼフ・サルヴァ、リッチ・クーパー
歌 - ジョゼフ・サルヴァ
「カントリー・エア」(第8話)
詞・曲 - フランク・リーダー、ポール・リビングストン、ジョン・ダグラス
歌 - ソーク英語版
「バイ・ユア・サイド」(第9話)
詞・曲 - リアム・ラムスデン
歌 - メラ
「イン・ブルー」(第10話)
詞・曲・歌 - デクラン・マッケンナ英語版
「ノーザン・ライツ feat. ゴス」(第11話)
詞・曲 - カーレン・マリーエ・アーステッド、マッツ・ダムスガード・クリスティアンセン
歌 - ムー
「レディ・ナウ」(第12話)
詞・曲 - ドロシー・ミランダ・クラーク
歌 - ドディー英語版
「ジ・オーサー」(第13話)
詞・曲 - ヨーリ・ショールース、クリステル・スンドベルグ
歌 - ルースベルグ
「ファースト・デイ・オブ・マイ・ライフ」(第14話)
詞・曲 - ヨハネス・ブロテロス、オラヴィ・ウーシタロ、ヨーナス・パルコネン
歌 - サム・ヒューバー
「ホームシック」(第15話)
詞・曲 - ロビン・スキナー
歌 - ケイヴタウン英語版
「サムシング・ニュー」(第16話)
詞・曲 - マリー・ウルヴン・リンハイム
歌 - ガール・イン・レッド
「メイド・オブ・ストーン」(第17話)
詞・曲 - ペトリ・ソメル、ラファエル・エリヴォア
歌 - ジェシー・マーキン
「チェインジ・イズ・ゴナ・ノウ・マイ・ネーム」(第21話)
詞・曲 - アレクサンドル・ヴァルガス・ブレイ
歌 - アレックス・ヴァルガス
「スタート・アゲイン」(第22話)
詞・曲 - ケイリー・ジョンストン、ラス・チャイズム
歌 - ボビー
「ア・プレイス・トゥ・コール・ホーム」(第23話)
詞・曲 - ヤンス・フレドリック・スールベルグ、カール・ヴィクトル・ギュットームセン、エミリア・ホロウ、アレクサンダー・パーヴェリッチ
歌 - ヤンス

各話リスト編集

話数サブタイトル演出絵コンテ
シーズン1
1リトルミイがやってきた ナイジェル・デイヴィスナイジェル・デイヴィス
2春のしらべ アヴゴスタ・ゾウレリディ
3世界でいちばん最後の竜
4エンマの劇場
5黄金のしっぽ ダレン・ロビー
6ニョロニョロの島
7スナフキンと公園番 アヴゴスタ・ゾウレリディ
8とてもつもなく大きな魚 ナイジェル・デイヴィス
9モランの夜 ジェイ・グレイス
10ママ、メイドをやとう ダレン・ロビー
11こわがりオバケ ナイジェル・デイヴィス
12姿の見えない子 ジェイ・グレイス
13真冬のご先祖さま アヴゴスタ・ゾウレリディ
シーズン2
14やっかいな冬 ナイジェル・デイヴィス
15火の精 ジェイ・グレイス
16ムーミンパパとその息子 アヴゴスタ・ゾウレリディ
17さよならリトルミイ ダレン・ロビー
18フィリフヨンカさん怪事件 サラ・バルバス
19飛行おにの帽子
20トフスランとビフスラン アヴゴスタ・ゾウレリディ
21ルビーの王さま ダレン・ロビー
22お別れのとき サラ・バルバス
23ムーミンパパの島 ジェイ・グレイス
24ムーミンママの壁画 ナイジェル・ディヴィス
25ムーミントロールとうみうま ダレン・ロビー

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2019年4月4日 - 6月27日 木曜 19:30 - 19:53 NHK BS4K 日本全域 再放送は翌週木曜9:30、および翌々週日曜10:45から[1]
2020年1月9日 - NHK BS4K 日本全域 再放送は翌週水曜0:20、木曜9:30、および翌々週日曜10:45から[1]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c ムーミン谷のなかまたち MOOMINVALLEY | NHKアニメワールド”. 2019年4月6日閲覧。
  2. ^ MOOMINVALLEY tv-series: the appointed animation studio succeeded in bringing Moomintroll to life - Moomin : Moomin” (英語). 2019年4月6日閲覧。
  3. ^ Finland’s most expensive TV show: New Moominvalley series | Yle Uutiset | yle.fi” (英語). 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ (140)新アニメシリーズと遺伝子 - ムーミン公式サイト”. 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ Inspiration behind the technique used in the new Moomin tv series - Moomin : Moomin” (英語). 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ MOOMIN | Indiegogo”. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ Indiegogo contributors to the Moominvalley TV series campaign - Moomin : Moomin”. 2019年4月6日閲覧。
  8. ^ ディスコグラフィ | | ソニーミュージック オフィシャルサイト”. 2019年4月6日閲覧。
  9. ^ Moominvalley soundtrack lineup revealed: Tom Odell, MØ, First Aid Kid, Alma featured : Moomin” (英語). 2019年4月6日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u VOICE CAST | Gutsy Animations”. 2019年4月6日閲覧。
  11. ^ テレビ放送対象地域の出典:

外部リンク編集