メインメニューを開く

ムーラン・ルージュ新宿座(ムーラン ルージュ〈フランス語: Moulin Rouge〉 しんじゅくざ、1931年12月31日 設立 - 1951年 閉館)は、戦前から戦後にかけて、かつて東京・淀橋区(現・新宿区角筈に存在した大衆劇場である。1931年(昭和6年)に新興の街・新宿に開館し軽演劇レヴューを上演して学生や知識層の人気を集め、多くの作家、俳優を輩出して1951年(昭和26年)に閉館した。

ムーラン・ルージュ新宿座
Moulin Rouge, Shinjuku
種類 個人商店
市場情報 消滅
略称 ムーラン
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京市淀橋区角筈
(現在の東京都新宿区新宿3丁目36-16)
設立 1931年12月31日
業種 サービス業
事業内容 劇場・劇団の経営
代表者 佐々木千里
特記事項:略歴

1931年 開業
1944年 松竹に経営譲渡
1947年 林以文が再建着手

1951年 廃業
テンプレートを表示

「ムーラン・ルージュ」とは、本家のフランスパリモンマルトルにある「ムーラン・ルージュ」と同様に、フランス語で「赤い風車」という意味である。本家同様、建物の上に大きな赤い風車があった。名前の表記については商標登記、プログラム、新聞や雑誌、関係者の回想録など「ムーラン・ルージュ」と記載されているが、プログラムの表紙はデザイン上「・」を省いて「ムーランルージュ」となっている。

目次

略歴・概要編集

新宿ムーランの時代編集

1931年(昭和6年)12月31日東京府豊多摩郡淀橋町(現在の東京都新宿区新宿三丁目36-16、JR新宿駅東南口東側の「新宿国際会館ビル〈現・GLITTERS Shinjuku〉」のあたり)にオープンした。浅草公園六区の「浅草オペラ」時代(1917年 - 1923年)にテナー歌手、その後、玉木座の支配人をしていた佐々木千里[1]が個人で開いた劇場である。定員は430人[1]

1931年オープン時には、龍胆寺雄吉行エイスケ楢崎勤を文芸部顧問に迎え、前カジノ・フォーリー文芸部長の島村竜三を文芸部長とした[1]レビュー軽演劇など、色々なものを演じていた。当初は浅草で演じていた軽演劇の再現でしかなく経営も思わしくなかった。

1932年(昭和7年)12月12日、当時18歳のムーランの歌手・高輪芳子が、四谷区番衆町127(現在の新宿区新宿5丁目)の新宿園アパート2階14号で、雑誌『新青年』のレギュラー執筆者であった当時26歳の作家・中村進治郎とガス心中を図り[2]、大々的に報道された。「ムーラン・ルージュ」の名が一躍知れ渡ることとなる[1]。結局高輪は死去、中村は息を吹き返した。

そのころには、様々な俳優が出演することで、ムーラン独自のカラーの演劇を確立し、次第に評判を呼び満員になるほどの盛況ぶりとなっていた。往時のバラエティーショーを彷彿とさせる多彩な演目を量産する強行スケジュールをこなす中で、スターが生まれた。帝国キネマ演芸で映画俳優「結城重三郎」として活躍後、ムーラン文芸部に入った作家・小崎政房はムーランと並行して、巣鴨撮影所を持つ大都映画の剣戟俳優「松山宗三郎」としても活躍した。

1933年(昭和8年)初頭から1935年(昭和10年)までが、ムーランの全盛期であった[1]。パリにあるのはキャバレーであるが、新宿座は劇場である。入口には赤い風車が回っており、当時の新宿の街の名物にもなっていた。当時山の手を代表する歓楽街になりつつあった、「新宿」の芸能文化に触れる上で欠かせない存在である。ムーラン・ルージュ出身の有名な俳優も多い。1923年(大正12年)9月1日関東大震災による浅草壊滅と東東京からの人口の流入を背景に登場した。早稲田大学の学生を始め、角筈近辺に住んでいた文化人にも親しまれていた。

戦中から戦後編集

第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)、ムーラン・ルージュの名称は敵性語とされ「作文館」と改称することとなった。1945年(昭和20年)2月に経営権が松竹の手に移るが同年5月空襲で劇場が焼失し公演不能となる。

戦後は松竹の手を離れ、混乱の中でムーラン・ルージュの名称が第三者によって商標登録されてしまっていたため[3]1946年(昭和21年)10月から「小議会」[4]の名称で公演を再開するが、参加者の意見の食い違いと経営上の困難で早々に解散する。残った関係者がムーラン・ルージュとして渋谷東横デパートで公演するが名称の無断使用に対して権利者から苦情が入り、林以文(恵通企業、現在のヒューマックスグループ創設者)が権利と劇場敷地を買い取って1947年(昭和22年)から経営することになり再建に着手する。しかしストリップショーなど新しいジャンルの娯楽に押され、1951年(昭和26年)5月に閉館された[1][5]

閉館後編集

ここで育った人材は、映画・放送界に流れた[6]。その後ムーラン・ルージュの名称は恵通企業が経営するキャバレーの店名として使用された[7]

 
跡地に立地していた新宿国際会館(2009年の写真)

跡地は、JR新宿駅南口東側FLAGS近く、元「新宿国際会館ビル」がほぼ該当する。同地は国際マンション株式会社が所有しており、2012年9月までは同社興行部による経営下で、成人映画を中心に公開する映画館「新宿国際劇場」(2階)「新宿国際名画座」(地下1階)が館内にあった[8]。また、同ビル階上にはストリップ劇場「新宿ミュージックホール」があったが、1985年9月にこの劇場を改装して喜劇常打ち小屋「コメディシアター」[9]とした。同劇場は1990年頃までは存在し、TBSテレビの公開番組の収録や貸し館などを行っていた[10]が、その後は成人映画館に転換し、閉館後はカラオケパーティー店に改装されていた。

同ビルは2014年8月より解体工事が着手され、2017年6月竣工を目処に建て替えられる。2017年7月に完成した地上8階、地下3階の新築商業ビル「GLITTERS Shinjuku」[11][12]には、パチンコ店ベガスベガス新宿店とディスカウントストアドン・キホーテ新宿東南口店が入居している。

「ムーラン・ルージュ新宿座」の記録を残そうと、映画の美術監督中村公彦とその死後に遺志を引き継いだスタッフによって延べ20人の関係者に取材し貴重な証言が集めた記録映画『ムーランルージュの青春』が製作され、「ムーランルージュ新宿座」生誕80周年記念映画として2011年9月に公開された[13][14]

当時の在籍者編集

作家編集

俳優・歌手編集

CD編集

  • キングアーカイブシリーズ5『ムーラン・ルージュの灯は消えず』、キングレコード、KICS-8162 / KICS-8163

関連書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 新宿大通商店街振興組合公式サイト内のコラム「ムーラン・ルージュ新宿座」の記述を参照。
  2. ^ 東京朝日新聞』、1932年(昭和7年)12月13日付の記事の記述を参照。
  3. ^ 松竹は「作文館」のみ登録しており、「ムーラン・ルージュ」は登録していなかった。
  4. ^ 『無芸大食大睡眠』阿佐田哲也集英社文庫第11刷、40-44頁、2004年。
  5. ^ 実際の閉館理由は区画整理によって敷地の一部(楽屋部分)が削られてしまったためである。
  6. ^ 開局当初のラジオ東京(現在のTBSラジオ)には毎日新聞社満洲電信電話、そしてムーラン・ルージュの各出身者からなる「3M」派閥が存在していたとされる。(大山勝美『私説放送史』講談社2007年)
  7. ^ 詳細は新宿ジョイシネマを参照。
  8. ^ 消防法上の違反の指摘を受けて営業停止の処分を受けた。
  9. ^ 澤田隆治の肝煎りで開場した。澤田はムーランの跡地と訊いて嬉しくて手掛けたという。江戸東京芸能大観ホームページ
  10. ^ 1989年日本テレビで放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』第7回目の収録会場にもなっている。
  11. ^ 有賀照家. “MESSAGE たくさんの想いの詰まった男気ビルの誕生”. GLITTERS Shinjuku. GLITTERS. 2019年5月1日閲覧。
  12. ^ HISTORY 新宿とともに歩んだ50年”. GLITTERS Shinjuku. GLITTERS. 2019年5月1日閲覧。
  13. ^ “かつて存在した「ムーランルージュ新宿座」、証言集め記録映画に”. 新宿経済新聞 (クロール). (2011年9月6日). https://shinjuku.keizai.biz/headline/1240/ 2019年5月1日閲覧。 
  14. ^ 中村好伸 (2011年6月4日). “AKB48の先駆け!?黒澤明も通った劇場「ムーランルージュ新宿座」を追った映画の舞台あいさつに当時のトップスター91歳の明日待子登壇!!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0032781 2019年5月1日閲覧。 
  15. ^ 新宿ムーランルージュのこと コメント欄に表記。
  16. ^ 『朝日新聞』2011(平成23)6月7日付 朝刊p28。小柳の長女がインタビューで「今月は母の七回忌がある」と語っている。
  17. ^ 豊国社「新映画年鑑 2600年度版」1940年刊より。
  18. ^ 『映画朝日』(朝日新聞社・刊)1939(昭和14)年2月号p83
  19. ^ 豊国社「新映画年鑑 2600年度版」1940年刊より。
  20. ^ 『都新聞』1940年(昭和15年)5月11日付7頁
  21. ^ 色川武大『なつかしい芸人たち』新潮社、1989年の「高勢実乗」の項参照。

関連項目編集

外部リンク編集