メインメニューを開く

メイド・イン・マンハッタン』(原題: Maid in Manhattan)は、2002年に公開されたアメリカ映画。監督はウェイン・ワン

メイド・イン・マンハッタン
Maid in Manhattan
監督 ウェイン・ワン
脚本 ケヴィン・ウェイド
原案 エドモンド・ダンテス
製作 エレイン・ゴールドスミス=トーマス
ポール・シフ
デボラ・シンドラー
製作総指揮 ベニー・メディナ
チャールズ・ニューワース
出演者 ジェニファー・ロペス
レイフ・ファインズ
ナターシャ・リチャードソン
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 クレイグ・マッケイ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月13日
日本の旗 2003年5月10日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 5500万ドル[1]
興行収入 154,906,693ドル[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

ジョン・ヒューズの書いた話を基にしている(なおヒューズ本人は変名を用いたうえで参加している)なお、この映画はマンハッタンのパークアベニューにあるウォルドルフ=アストリアホテルで撮影が行われた。

あらすじ編集

ホテルメイドのマリサは、名物宿泊客の政治家で、大統領候補でもあるクリストファー・マーシャルと恋に落ちる。

キャスト編集

サウンドトラックについて編集

スピンオフ編集

ABCは2008年8月、この作品のテレビ番組版を、ジェニファー・ロペスのプロデュースの元で制作すると発表した[2][3]

脚注編集

外部リンク編集