メインメニューを開く
メイヨー伯爵バーク家の紋章

メイヨー州伯爵: Earl of the County of Mayo)は、アイルランド貴族伯爵位。通常はメイヨー伯爵(Earl of Mayo)と言及される。

ジョン・ボーク1776年に叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

 
暗殺されたインド総督第6代メイヨー伯爵リチャード・ボーク

メイヨー伯爵位を与えられるバーク家はバーク家の分流であり、サー・トマス・バーク(-1397)の四男ジョン・バークの末裔である(次男エドムンド・バークの末裔がメイヨー子爵英語版(1627年創設、1767年廃絶)に叙されるバーク家本家)。ジョン・バークの同名の子孫であるジョン・ボーク(1705頃–1790)は、メイヨー州シェリフアイルランド枢密顧問官英語版、アイルランド歳入第一弁務官(First Commissioner of the Irish Revenue)等を務め、1776年8月1日キルデア州におけるネースのネース男爵(Baron Naas, of Naas in the County of Kildare)、1781年1月13日メイヨー州におけるマニークロワーのメイヨー子爵(Viscount Mayo, of Moneycrower in the County of Mayo)、そして1785年6月24日メイヨー伯爵(Earl of the County of Mayo)に叙せられた(いずれもアイルランド貴族)。以降これらの爵位はその子孫によって現在まで継承されていく[1][2]

初代伯の長男である2代伯ジョン・バーク(1729–1792)は襲爵前にアイルランド議会庶民院議員を務めた[2][3]

2代伯には子供がなかったため、弟(初代伯の次男)のジョゼフ・バーク英語版(1740頃–1794)が爵位を継承した。彼はアイルランド国教会の聖職者であり、1782年から1794年にかけてトゥアム大主教英語版を務めた[2][4]

その長男である4代伯ジョン・バーク英語版(1766–1849)は襲爵前にアイルランド議会庶民院議員を務め、グレートブリテンとアイルランドの連合後の1816年から1849年にかけてはアイルランド貴族代表議員としてイギリス議会貴族院に議席を有した。所属政党はトーリー党だった[2][5]

4代伯にも子供がなく、甥(3代伯の次男リチャードの長男)にあたるロバート・バーク(1797–1867)が5代伯を継承した。彼は1852年から1867年にかけてアイルランド貴族代表議員を務めた。党派は保守党だった[2][6]

その長男である6代伯リチャード・バーク(1822–1872)保守党の政治家であり、1847年から1868年まで庶民院議員を務め、その間3期にわたってアイルランド担当大臣英語版(在職1852年1858年-1859年1866年-1868年)を務めた。さらに1869年からインド総督に就任した[2][7]。しかし総督在任中の1872年アンダマン諸島で暗殺されている。歴代インド総督の中で暗殺されたのは彼だけである[8]

その長男である7代伯ダーモット・ロバート・ウィンダム・バーク英語版(1851–1927)も保守党の政治家であり、1890年から1927年にかけてアイルランド貴族代表議員を務めた[2]。またアイルランド自由国成立後にはその元老院議員となった[9]

7代伯には子供がなく、従兄弟(5代伯の四男ジョージの長男)にあたるウォルター・バーク(1859–1939)が8代伯を継承した。8代伯の死後はその次男(長男は先立って死去)のウリック・バーク(1890–1962)が9代伯を継承した[2][10]

9代伯には子供がなかったので、甥(8代伯の三男ブライアンの長男)にあたるテレンス・バーク英語版(1929–2006)が10代伯を継承した[2][11]

10代伯の死後、その長男であるチャールズ・バーク(1953-)が11代伯を継承した。彼が2016年現在の当主である[2][12]

本邸はアイルランドゴールウェイ州クリフデン英語版にあるデリーインヴァ―(Derryinver)である[2]

現当主の保有爵位編集

現在の当主第11代メイヨー伯爵チャールズ・バークは、以下の爵位を保有している[2][12]

  • 第11代メイヨー伯爵 (11th Earl of the County of Mayo)
    (1785年6月24日勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • メイヨー州におけるマニークロワーの第11代メイヨー子爵英語版 (11th Viscount Mayo, of Moneycrower in the County of Mayo)
    (1781年1月13日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)
  • キルデア州におけるネースの第11代ネース男爵 (11th Baron Naas, of Naas in the County of Kildare)
    (1776年8月1日の勅許状によるアイルランド貴族爵位)

メイヨー伯爵 (1785年)編集

系譜図編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “John Bourke, 1st Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Heraldic Media Limited. “Mayo, Earl of (I, 1785)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月9日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “John Bourke, 2nd Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Most Rev. Joseph Deane Bourke, 3rd Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “John Bourke, 4th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Robert Bourke, 5th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Richard Southwell Bourke, 6th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  8. ^ 浜渦哲雄 1999, p. 120-122.
  9. ^ Lundy, Darryl. “Dermot Robert Wyndham Bourke, 7th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Walter Longley Bourke, 8th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Terence Patrick Bourke, 10th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。
  12. ^ a b Lundy, Darryl. “Charles Diarmuidh John Bourke, 11th Earl of Mayo” (英語). thepeerage.com. 2016年2月9日閲覧。

参考文献編集

  • 浜渦哲雄『大英帝国インド総督列伝 イギリスはいかにインドを統治したか』中央公論新社、1999年。ISBN 978-4120029370

関連項目編集