メイ・グリュンワルド染色

メイ・グリュンワルド染色(メイ・グリュンワルドせんしょく、: May-Grünwald stain)は、異なる血液細胞種を可視化して区別するための組織学的な染色法である[1][2][3]。内科医のリチャード・メイドイツ語版と耳鼻咽喉科医のルートヴィヒ・グリュンワルド英語版にちなんで名付けられた。

特徴編集

メイ-グリュンワルド染色は、主に血液塗抹標本英語版に用いられる。細胞核が染色される。含まれる染料は、メチレンブルーエオシンY英語版またはエオシンB英語版である。メチレンブルーは染色体などの核酸を染めるので、細胞診断にも使われている。エオシンは、DNA結合タンパク質など、細胞内の基本的な部分を染色する。メイ-グリュンワルド染色とギムザ染色を組み合わせたものをパッペンハイム染色ドイツ語版という。

編集

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ Irene Boll: Praktische Blutzelldiagnostik. Springer-Verlag, 2013, ISBN 978-3-642-74928-5, S. 165.
  2. ^ Harald Kluge (2007). Atlas of CSF Cytology. Thieme. p. 4. ISBN 978-3-13-143161-5. https://books.google.com/books?id=HDLv-LAfqHoC&pg=PA4 
  3. ^ Giorgio Gherardi (14 August 2010). Fine-Needle Biopsy of Superficial and Deep Masses: Interventional Approach and Interpretation Methodology by Pattern Recognition. Springer Science & Business Media. p. 10. ISBN 978-88-470-1433-6. https://books.google.com/books?id=GygP-r1pOW4C&pg=PA10