メインメニューを開く

メガギラス (Megaguirus) は、特撮映画『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000年公開)に登場する架空の怪獣である。本記事では、その元となった特撮映画『空の大怪獣ラドン』に登場する怪虫のメガヌロン (Meganuron) についても記述するほか、『G消滅作戦』に登場するメガヌロンやそれが羽化した姿のメガニューラ (Meganeura) についても記述する。

目次

特徴編集

石炭紀から三畳紀にかけて実在した絶滅分類群のオオトンボ目 (Protodonata) に属し、巨大なトンボによく似た絶滅昆虫メガネウラ (Meganeura) をモデルとした怪獣。実在するトンボとは違い、「肢6本+ハサミ」という昆虫の定義から外れた身体構造になっている。

空の大怪獣ラドン』では幼虫であるメガヌロンのみが登場するが、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』では成虫のメガニューラと、さらなる進化系のメガギラスが登場する。『ゴジラ FINAL WARS』(2004年公開)ではメガギラスがライブフィルムで登場する。

メガヌロン編集

『ラドン』では「怪虫」、『ゴジラ×メガギラス』では「古代昆虫」と称される。その姿は、体長数メートルのヤゴトンボの幼虫)である。

『空の大怪獣ラドン』のメガヌロン編集

  • 体長:8メートル
  • 体重:1トン

阿蘇山の麓にある炭鉱に出現し、水没した鉱内で炭鉱夫や警察官をはさみで殺害する。当初は鉱夫仲間といさかいを起こしていた五郎に嫌疑がかけられるも後に遺体で発見されたうえ、メガヌロンが炭鉱住宅に出現したことで存在が発覚する。拳銃や機関銃では致命傷に至らない程度の防御力を持っており、事件を起こした個体は追跡してきた警察官や炭鉱夫を殺害した後に封鎖されていた炭鉱へ逃亡するが、石炭を満載したトロッコの列を河村によって激突され、1体が倒される。その後、五郎の遺体を収容中にもう1体が出現するが、囮となった河村に気を取られている最中、自衛隊の機関銃による銃撃と突然の落盤に遭う。その後の生死は不明。

なお、地下空洞のラドンの巣周辺では別の個体群が繁殖していたが、孵化したラドンにすべて捕食される。そのため、本作では羽化した状態は登場しない。

  • 当初はシロアリをモチーフにデザインされ、本決定以前の画稿にはケラをモチーフにデザインされたものも存在した。最終的には画稿を進めるうちにヤゴに変更された[1]
  • 着ぐるみは3人で演じる15サイズのものが造られた[2](先頭に入っていたのは中島春雄。そのほかは手塚勝巳広瀬正一大川時生)。

『ゴジラ×メガギラス』のメガヌロン編集

  • 体長:2メートル
  • 体重:500キログラム[3]

ディメンション・タイドの地上試験の影響で出現したメガニューラ(後述)の産卵した卵(卵塊)から孵化し、現代で繁殖するきっかけとなる。卵は少年・早坂淳によって渋谷へ持ち帰られるが、卵の異常に気付いた彼は下水道に捨ててしまう。渋谷の地下水道内で孵化したメガヌロンは、人間を捕食して繁殖すると地下の水脈を掘削して街全体を水没させ、巨大なテリトリーとする。

劇中で淳の所持していた図鑑には3億5000年前に生きていたとされ、化石はドイツと中国で合計2体発見されたと書かれている(化石は「メガヌロン・ホリイ」と命名されている)[4]

  • デザインは西川伸司[5]
  • CGのほか、上半身のみの実物大ギニョールが作られた。
  • 劇場公開当時、バンダイから発売されたゴジラ・メガギラス・メガニューラ・メガヌロン・グリフォンの人形がブリスターパック入りになった「ゴジラ×メガギラスセット」の付属人形は、肢の数が実際のヤゴ同様6本だった。

古代昆虫 メガニューラ編集

  • 体長:2メートル
  • 翼長:5メートル[3]
  • 体重:1トン[3]
  • 飛行速度:マッハ2[3]

渋谷に出現した多数のメガヌロンが一斉に変態(羽化)した姿。エネルギーを目当てに大群でゴジラに戦いを挑み、尻尾の針を突き刺してゴジラのエネルギーを吸い取る。そのあまりの数の多さに、ディメンション・タイドの照準が妨害されてしまうが、ゴジラとの戦いで個体数が減ったことによって発射可能になったディメンション・タイドに巻き込まれ、大半が撃退される。生き残った個体群も渋谷の水中にいた巨大メガヌロンにエネルギーを与え、役目を終えると絶命する。

  • デザインは西川伸司[5]
  • 名前はメガネウラ (Meganeura) のラテン語学名英語読みしたもの。
  • 劇中で淳の所持していた図鑑では3億5000年前に生きていたとされ、中国で1か所から大量に発見されたと書かれている(化石は「メガニューラ・ルイザエ」と命名されている)[4]
  • CGのほか、ゴジラにまとわりつくシーンでは25センチメートルの造形物が150体、それと同サイズで羽ばたきギミック(ミニ四駆のものを使用)付きの造形物が10体、そして実物大の死骸の造形物が作られた[3]

超翔竜 メガギラス編集

  • 全長:50メートル
  • 翼長:80メートル
  • 体重:1万2千トン
  • 飛行速度:マッハ4[6]

1匹だけメガニューラに変態しないまま、水没した渋谷の湖底深くに眠っていた巨大メガヌロンへ、ゴジラのエネルギーを吸収した全メガニューラが自らの命と引き換えにエネルギーを供給したことにより、怪獣化したのがメガギラスである。これはメガニューラの生態の特徴であり、究極の戦闘体であるメガギラスは周囲の敵を倒しながらテリトリーを広げる習性があるといわれるため、障害となるゴジラを倒すべく襲いかかる。

飛行中は羽根で飛んでいるようには見えないほどの挙動で瞬間移動したかのようにすら見えるため、ゴジラも当初は翻弄される。前述の羽根を高速ですり合わせて発生させる高周波と、両手のはさみ、針のついた尻尾が武器。尻尾の針は相手に突き刺すことにより、エネルギーを吸収できる。これによってゴジラの放射熱線の放射を止め、さらに吸収したエネルギーを光球として撃ち出すことも可能である。

お台場フジテレビ本社に隣接する空中庭園ビル(架空の建物)の前にてゴジラと交戦し、高速移動や飛行能力で翻弄して放射熱線も俊敏な動きで回避してみせる。ゴジラの鋭利な背びれで左手を切断され、さらにハイジャンプからのボディプレスなどの反撃を受けつつも終始優勢に戦いを進めるが、ゴジラの頭部に尻尾の針を突き刺そうとした際に逆襲されて噛み砕かれ、弱体化してしまう。最後はゴジラに放射熱線を浴びせられて炎上し、続け様に放たれたその2射目によって墜落・爆散する。

劇中では、中国の奥地でその化石が発見されている。

  • デザインは西川伸司[5]
  • スーツアクターは渡邊実[7]
  • 造形物としては操演用モデルのほか、過去の操演怪獣とは違う動きや戦いを見せたいという監督の要望によって着ぐるみも製作された[8]。着ぐるみは主に接近戦で使用され[9]、一部のシーンはアクターが上半身のみ着用した状態で撮影されている[10]

その他編集

GODZILLA 怪獣惑星』(2017年公開)本編の前日譚である小説『GODZILLA 怪獣黙示録』では、3形態とも登場している。この作品でのメガギラスは主にシベリアに生息し、ゴジラによって壊滅したヨーロッパから極東を目指す避難民たちを捕食していた[11]が、ラドンに住処を追われたメガニューラの一部は北アフリカでも確認されていた[12]。また、メガヌロンは地底にも生息しているため、ラドンと共に「オペレーション・グレートウォール」に従事する犯罪者を捕食しており[13]、本作でも原典と同じく天敵の関係にあると語られている。

関連項目編集

  • ゴジラvsモスラ - ゴジラシリーズ第19作。原型になった『ゴジラVSギガモス』では、メガヌロンが進化したという想定でギガモスAタイプが描かれた[14]
  • みんなのいえ - 2001年の映画。劇中に一瞬、メガギラスがゴジラと共にアトラクション用の着ぐるみで登場する。

脚注編集

参考文献編集

  • 間宮尚彦『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、2002年1月1日。ISBN 4-09-101475-5
  • 『オール東宝怪獣大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年。ISBN 978-4-8003-0362-2
  • 竹内博『東宝特撮怪獣映画大鑑 増補版』朝日ソノラマ、1999年3月。ISBN 978425703559-6
  • 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』近代映画社〈ビジュアル大図鑑〉、2000年12月15日。ISBN 4-7648-1933-3
  • 川北紘一(監修)『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス、2012年。ISBN 9784048861199
  • 元山掌、松野本和弘、浅井和康、鈴木宣孝『東宝特撮映画大全集』ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 9784864910132
  • 『宇宙船YEAR BOOK 2001』朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日。雑誌コード:01844-04。
  • 監修:虚淵玄、著者:大樹連司『GODZILLA 怪獣黙示録』角川書店、2017年10月25日。ISBN 978-4-04-106181-7
  • 監修:虚淵玄、著者:大樹連司『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』角川書店、2018年4月25日。ISBN 978-4-04-106345-3