メインメニューを開く

メガコンペティションとは経済学用語の一つ。世界各国の企業国境を超えた上で競争するようになった状態を言う。

1990年代ソ連崩壊の頃から多くのが国際競争に参入してからこのようなメガコンペティションと呼べるような状態へとなっていき、近年にはアジアラテンアメリカの各国までもが競争に参加して激しくなっている。自由主義経済の拡大やITの発展や経済のボーダレス化もメガコンペティションを増大させている要素となっている。

外部リンク編集