メキシコ・シティ国際空港

メキシコシティにある国際空港

メキシコ・シティ国際空港(メキシコ・シティこくさいくうこう、スペイン語: Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México, 英語: Mexico City International Airport)は、メキシコ合衆国首都メキシコシティにある国際空港。自由主義者でフランスによる干渉に抵抗したベニート・フアレス大統領にちなみ、ベニート・フアレス国際空港Aeropuerto Internacional Licenciado Benito Juárez)とも呼ばれる。

メキシコ・シティ国際空港
Aeropuerto Internacional de la Ciudad de México
Mexico City International Airport
AICM AIR T2.jpg
IATA: MEX - ICAO: MMMX
概要
国・地域 メキシコの旗 メキシコ合衆国
所在地 メキシコシティ
種類 民間
所有者 Grupo Aeroportuario de la Ciudad de México
運営者 Aeropuertos y Servicios Auxiliares
開港 1931年5月15日 (1931-05-15)
拠点航空会社
敷地面積 746 ha
標高 2,230 m (7,316 ft)
座標 北緯19度26分10秒 西経99度04分19秒 / 北緯19.43611度 西経99.07194度 / 19.43611; -99.07194座標: 北緯19度26分10秒 西経99度04分19秒 / 北緯19.43611度 西経99.07194度 / 19.43611; -99.07194
公式サイト www.aicm.com.mx ウィキデータを編集
地図
メキシコ・シティ国際空港の位置
メキシコ・シティ国際空港の位置
MEX
メキシコ・シティ国際空港の位置
メキシコ・シティ国際空港の位置
MEX
メキシコ・シティ国際空港の位置
メキシコ・シティ国際空港の位置
MEX
メキシコ・シティ国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
05R/23L 3,900×45 アスファルト
05L/23R 3,952×45 アスファルト
統計(2019年)
旅客数 5030万人
出典:DAFIF[1][2][2]
Airport website[3]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
ターミナル1(上)、ターミナル2(下)
ターミナル1 内部
ターミナル2 内部
ターミナル2 ラウンジ

2022年3月、北方約40kmの場所に、フェリペ・アンヘレス国際空港英語版が開港している。

概要編集

中南米のハブ空港編集

メキシコシティの中心部から約8キロメートルの距離に位置する、メキシコシティ唯一の国際空港で、かつメキシコ及び中南米最大級の国際空港である。

中心部近郊にあるにも関わらず24時間運営している上、中南米におけるハブ空港的存在であることから、メキシコ国内から諸外国への乗り継ぎだけではなく、南北アメリカの主要都市間や、南米諸国とヨーロッパ諸国の主要都市などとの間の乗り継ぎに多く利用される。

標高2,230メートル編集

空港の標高が約2,230メートルであり、世界各国の主要国際空港の中でも高い[4]。大気中の酸素濃度が薄いことから、空港内には常に酸素ボンベが常備されている。

なお、酸素濃度が薄いことから、航空機のエンジンの燃焼効率が低下し、滑走路長が4,000メートル近くあるにもかかわらず離陸時に充分な速度が得られない上に揚力も弱くなるため、メキシコシティ発成田国際空港行きの無着陸直行便などの超長距離便の運航は難しい(着陸時には燃料が消費されており機体重量が軽い為、着陸復行を含め問題ない)。但し、2016年1月よりアエロメヒコ航空が燃費効率向上及び航続距離の長いボーイング787を使用して、成田行きを直行便化させた。ANAも2017年2月15日から同路線を同型機を使用して就航した[5]

着陸のドラマ編集

 
着陸のドラマ

着陸時にスリルを味わえる空港として、廃止となった旧香港啓徳空港が有名だが、メキシコシティ国際空港に関しても市街地に近い空港であることから、旧香港と負けず劣らずの着陸のドラマが味わえる。着陸前の低空飛行時は大都市メキシコ市内上空を通過し、中心部の高層ビルを見ることができる。また着陸時には真下に民家が見え、まるで民家の中に不時着するかのようなスリルが体験できる。

ただし、深刻な汚染が問題となっている光化学スモッグが発生しているため、快晴の日でさえも(雨の降った直後の晴天を除いては)市内全景をはっきりと見ることはできない。なお1987年には、離陸後にエンジントラブルを起こしたダグラス DC-3型機が、空港から数キロ離れた高層ビルに接触する事故を起こしている。

モービルラウンジ編集

航空機への搭乗及び降機時に通常はボーディングブリッジを使用するが、ボーディングブリッジの空きがないときは、乗客がに濡れないように「モービルラウンジ」と呼ばれる乗り物を使用する世界でも数少ない空港である。

就航路線編集

アエロメヒコ航空ボラリスなどメキシコの大手航空会社のハブ空港となっている他、中南米諸国をはじめ世界各国から多数の航空会社が乗り入れており、メキシコ国内やカリブ海沿岸諸国だけでなく南北アメリカやヨーロッパ諸国、アジア諸国などへの便が多数就航している。

航空会社就航地
 アエロメヒコ航空 アムステルダムボゴタブエノスアイレスカンクンシカゴ/オヘアチワワシウダーフアレスクリアカンデンバーグアダラハラハバナエルモシージョラスベガスリマロンドン/ヒースローロサンゼルスマドリッドメデジンメリダメヒカリマイアミモンテレイモントリオールニューヨーク/JFKオーランドパリ/シャルル・ド・ゴールプエルトバヤルタキトサンフランシスコサンホセ/コスタリカロスカボスサンティアゴサンパウロシアトルソウル/仁川ティフアナ東京/成田トロントトゥストラグティエレスバンクーバービヤエルモサ
季節運航: アグアスカリエンテスヒューストンワトゥルコレオンオアハカ、レイノサ、タパチュラベラクルス
 アエロメヒコ・コネクトアカプルコアグアスカリエンテスオースティンカンペチェカンクンチェトゥマルチワワシウダーデルカルメンシウダーフアレスシウダーオブレゴンクリアカンダラス/フォートワースドゥランゴグアテマラシティエルモシージョワトゥルコヒューストン、イクスタパ、ラパスレオンロスモチスマナグア、マンサニヨ、マタモロスマサトランメリダミナティトラン、モレリア、ヌエボラレダオアハカプエルトエスコンディードプエルトバヤルタケレタロ、レイノサ、サンアントニオロスカボスサンルイスポトシサンペドロスーラサンサルバドルサントドミンゴタンピコタパチュラコマヤグアトレオントゥストラグティエレスベラクルスビヤエルモササカテカス
 ボラリスアカプルコボゴタカンペチェカンクンチェトゥマルシカゴ/オヘアチワワシウダーデルカルメンシウダーフアレスシウダーオブレゴンコスメルクリアカンダラス/フォートワースドゥランゴグアダラハラエルモシージョヒューストンワトゥルコ、イクスタパ、ラパスラスベガスリマロサンゼルスロスモチスマサトランメリダメヒカリマイアミモンテレイオークランドオアハカオンタリオ(CA)、オーランドプエルトエスコンディードプエルトバヤルタサクラメントサンアントニオサンノゼ(CA)、ロスカボスタパチュラティフアナトレオントゥストラグティエレスビヤエルモサ
 ビバアエロブスアカプルコボゴタカンペチェカンクンチェトゥマルシカゴ/オヘアチワワシウダーデルカルメンシウダーフアレスシウダーオブレゴンコスメルクリアカンダラス/フォートワースドゥランゴグアダラハラエルモシージョヒューストンワトゥルコ、イクスタパ、ラパスラスベガスロサンゼルスロスモチスマサトランメデジンメリダメヒカリモンテレイニューヨーク/JFKヌエボラレダオアハカプエルトエスコンディードプエルトバヤルタ、レイノサ、サンアントニオロスカボスタンピコティフアナトレオントゥストラグティエレスベラクルスビヤエルモササカテカス
季節運航: オースティンハバナ、バラデーロ
 アエロマールアカプルコシウダービクトリアコリマグアダラハラ、イクスタパ、イステペクラレドマッカレン(TX)、ピエドラス/ネグラスプエルトエスコンディードプエルトバヤルタテピクビヤエルモサ
 マグニチャーターズカンクンワトゥルコ、イクスタパ、メリダプエルトバヤルタロスカボス
季節運航: コスメル、マンサニヨ
 アメリカン航空 シャーロットダラス/フォートワースロサンゼルスマイアミフェニックス
 デルタ航空アトランタデトロイトロサンゼルスミネアポリスニューヨーク/JFKソルトレイクシティ
 ユナイテッド航空 シカゴ/オヘアヒューストンニューアークサンフランシスコワシントン/ダレス
 エア・カナダモントリオールトロントバンクーバー
 コパ航空パナマシティ
 アビアンカ航空 ボゴタカリメデジン
 ビバエア・コロンビアボゴタカリカルタヘナメデジン
 ウィンゴ航空ボゴタ
 LATAM ブラジル サンパウロ
 LATAM チリ サンティアゴ
 LATAM ペルー リマ
 ボラリス・コスタリカ サンホセグアテマラシティ
 アビアンカ・コスタリカ サンホセ
 ボラリス・エルサルバドルサンサルバドル
 アビアンカ・エルサルバドルサンサルバドル
 クバーナ航空 ハバナ
 イベリア航空マドリッド
 エールフランスパリ/シャルル・ド・ゴール
 ルフトハンザドイツ航空フランクフルトミュンヘン
 ブリティッシュ・エアウェイズ             ロンドン/ヒースロー
 KLMオランダ航空 アムステルダム
 ターキッシュ エアラインズイスタンブール
 エミレーツ航空ドバイ
 全日本空輸東京/成田

就航都市編集

国際線編集

国内線編集

過去に就航していた航空会社編集

施設編集

旅客ターミナルは2つで、滑走路を挟んで北側にターミナル1(国際線)、南側にターミナル2(国内線)が立地している。

  • ターミナル1(国際線)は1958年開業。過去に何度も増築されており、延床面積は50万㎡を超えている。3つのホテルが組み込まれている。搭乗口は33。
  • ターミナル2(国内線)は2007年に完成した。アエロメヒコ航空が入居している。同社と同じスカイチームの航空会社が数社入居しているため国際線の発着もある。搭乗口は30。

新交通システム編集

乗り継ぎ乗客のために、ターミナル1とターミナル2を連絡している新交通システムアエロトレン」が運行されており、乗車には有効な搭乗券を所有している必要がある。なお、アエロトレンがメンテナンスなどの運休中の場合、バスでの輸送となる。

交通編集

メキシコシティ市内中心部及び市街地とは、空港ターミナルに直結されているメキシコシティ地下鉄5号線の「空港ターミナル駅(Terminal Aérea駅)」からアクセスできる他、空港バスや市バス、ゾーン制運賃を採用する空港タクシーなどでアクセスすることが可能である。

新空港の建設編集

2014年、テスココ湖の埋め立て地にメキシコ・シティ・テスココ国際空港英語版を建設することが公表されたが、2018年に建設が中断された。2022年3月、メヒコ州スンパンゴフェリペ・アンヘレス国際空港英語版が開港している。

他、メヒコ州トルーカにも、トルーカ国際空港英語版がある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ MMMXの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) 出典:DAFIF.
  2. ^ a b MEXの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF.
  3. ^ Statistics Mexico City airport”. Mexico City International Airport. 2022年1月11日閲覧。
  4. ^ ボリビアの首都、ラパスエル・アルト国際空港中国チベット自治区ラサ・クンガ空港の例がある。
  5. ^ 恵知仁 (2018年2月24日). “「満席は難しい便」ANA、なぜ飛ばすのか? 物理的に容易でない成田~メキシコシティ線”. 乗り物ニュース. 2018年3月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集