メグ・マローン(Meg Mallon、1963年4月14日 - )は米国人女子プロゴルファー。1987年にLPGAツアー入りし、4回のメジャー大会優勝を含む18勝をあげた。2017年に世界ゴルフ殿堂入り[1]

TransparentPlaceholder.svg メグ・マローン Golf pictogram.svg
2009 Solheim Cup - Meg Mallon (1).jpg
2009年8月撮影
基本情報
名前 メグ・マローン
パートナー ベス・ダニエル
経歴
大学 オハイオ州立大学
引退 2010
現在のツアー LPGA Tour (1987–2010)
プロ勝利数 20
優勝数
LPGAツアー 18
他ツアー 2
LPGAメジャー選手権最高成績
(優勝: 4)
ANA 2nd/T2: 1996, 1999
全米女子プロ 優勝: 1991
全米女子OP 優勝: 1991, 2004
デュモーリエ 優勝: 2000
全英女子OP T8: 2002
受賞
世界ゴルフ殿堂 2017 (member page)
GWAA Female
Player of the Year
1991
LPGA William and
Mousie Powell Award
1999
テンプレートを表示

アマチュア時代の成績編集

マサチューセッツ州ネイティック (Natick) で生まれ、7歳でゴルフを始めた。ミシガン州ファーミントンヒルズ (Farmington Hills) のマーシーハイスクール (Mercy High School) を卒業。1983年にミシガンアマチュア選手権 (Michigan Amateur Championship) に優勝した。

オハイオ州立大学に進学し1984年および1985年にはオールカンファレンスに選ばれ、また、1985年のビッグテン選手権で準優勝した。

プロでの成績編集

1987年よりLPGAツアーに参加。ブレークスルーとなったのは1991年シーズンで、4つの大会に優勝した。これらのうち2回はメジャー大会(マツダLPGA選手権全米女子オープン)だった。米国ゴルフライター協会の女性プレーヤーオブザイヤーとゴルフダイジェスト誌の「Most Improved Player(最も飛躍したプレーヤー)」に選出された。

2004年にはさらにメジャーで2勝した(デュモーリエクラシックと2回目の全米女子オープン)。2003年シーズン最後のADT選手権にも優勝した。

メジャー大会を含めて合計で18勝した。賞金ランキング10位以内の年が9回あり、最高位は1991年の2位である。

ソルハイムカップの米国代表として1992、1994、1996、1998、2000、2002、2003年の8回にわたり選手として出場。さらに2009年には副キャプテンとして、2013年にはキャプテンとして出場した[2]

1996年にオハイオ州のアスレチック殿堂、2002年にはミシガン州ゴルフ殿堂、2008年にはミシガンスポーツ殿堂入り。2000年のLPGA創立50周年にはLPGAトップ50のプレーヤー/ティーチャーに選出された。1999、2004、2008年にはLPGAのプレーヤー理事会の投票権のないメンバーを務めた。

2010年7月7日、全米女子オープンの直前にプロからの引退を表明した[3]。2011年にはパームビーチ郡殿堂入り。

2003年のウェルチ/フライ選手権 (Welch's/Fry's Championship) の第2ラウンドで60打というストローク数を記録した。これは2001年にアニカ・ソレンスタムが記録した59打に1打差であった。また、ホールインワン達成数においてもLPGAの2位タイに位置している。

プロでの勝利(20勝)編集

LPGAツアーにおける勝利(18勝)編集

記録
LPGAツアーのメジャー大会(4勝)
その他のLPGAツアー(14勝)
番号 日付 大会名 優勝スコア 2位との差 準優勝
1 Feb 4, 1991 Oldsmobile LPGA Classic −12 (66-70-69-71=276) 2 strokes   Dana Lofland
2 Jun 30, 1991 マツダLPGA選手権 −10 (68-68-71-67=274) 1 stroke   パット・ブラッドリー
  岡本綾子
3 Jul 14, 1991 全米女子オープン −1 (70-75-71-67=283) 2 strokes   パット・ブラッドリー
4 Oct 6, 1991 大京世界選手権 −3 (73-72-71=216) 5 strokes   ドッティー・ペッパー
5 Mar 14, 1993 PING/Welch's Championship (Tucson) −16 (67-66-70-69=272) 1 stroke   ベッツィ・キング
6 May 9, 1993 Sara Lee Classic −11 (70-71-64=205) Playoff   Tina Tombs
7 Feb 24, 1996 Cup Noodles Hawaiian Ladies Open −4 (74-70-68=212) 1 stroke   カリー・ウェブ
8 Apr 28, 1996 Sara Lee Classic −6 (70-71-69=210) 2 strokes   Stephanie Farwig
  Pamela Wright
9 Aug 9, 1998 Star Bank LPGA Classic −17 (64-66-68=199) Playoff   ドッティー・ペッパー
10 Jan 24, 1999 Naples LPGA Memorial −16 (69-67-69-67=272) 1 stroke   ヘレン・アルフレッドソン
  ケリー・ロビンズ
11 May 16, 1999 Sara Lee Classic −17 (66-65-68=199) 1 stroke   アニカ・ソレンスタム
  Kris Tschetter
12 Jun 11, 2000 Wegmans Rochester International −8 (74-67-72-67=280) 2 strokes   ウェンディ・ドーラン
13 Aug 13, 2000 デュモーリエクラシック −6 (73-68-72-69=282) 1 stroke   ロージー・ジョーンズ
14 Aug 18, 2002 モントリオール銀行カナディアン女子オープン −4 (71-71-69-73=284) 3 strokes   Michelle Ellis
  カトリーナ・マシュー
  Michele Redman
15 Nov 23, 2003 ADT Championship −7 (71-71-72-67=281) 1 stroke   アニカ・ソレンスタム
16 Jul 4, 2004 全米女子オープン −10 (73-69-67-65=274) 2 strokes   アニカ・ソレンスタム
17 Jul 11, 2004 BMOフィナンシャルグループカナディアン女子オープン −18 (65-70-65-70=270) 4 strokes   ベス・ダニエル
18 Aug 8, 2004 Jamie Farr Owens Corning Classic −7 (66-69-74-68=277) 1 stroke   朴セリ
  カレン・スタップルズ

LPGAツアープレーオフ記録(2勝-1敗)

番号 トーナメント 対戦相手 結果
1 1992 ヤングスタウン ファーモール ドナ・アンドリュース
ベス・ダニエル
ベッツィー・キング
キングは最初の追加ホールをバーディーで勝利
2 1993 サラ・リークラシック ティナ・トゥームス 3つ目の追加ホールでバーディーで勝利
3 1998 スターバンクLPGAクラシック ドッティー・ペッパー 最初の追加ホールをパーで勝利

その他の勝利(1勝)編集

  • 1998 JCPenney Classic (Steve Pateと共に)

レジェンドツアーでの勝利(1勝)編集

  • 2014 Walgreens Charity Championship

メジャー大会編集

勝利(4)編集

チャンピオンシップ 勝利スコア 2位との差 準優勝
1991 LPGAチャンピオンシップ −10(68-68-71-67 = 274) 1ストローク パット・ブラッドリー岡本綾子
1991 全米女子オープン -1(70-75-71-67 = 283) 2ストローク パット・ブラッドリー
2000年 デュモーリエクラシック −6(73-68-72-69 = 282) 1ストローク ロージー・ジョーンズ
2004年 全米女子オープン −10(73-69-67-65 = 274) 2ストローク アニカ・ソレンスタム

結果タイムライン編集

トーナメント 1986年 1987年 1988年 1989年
クラフトナビスコ選手権
LPGAチャンピオンシップ T61 T29
全米女子オープン 予選落ち T44 予選落ち
デュモーリエクラシック T59
トーナメント 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年
クラフトナビスコ選手権 T9 T30 5 T49 T11 T16 T2 予選落ち T16 2 3
LPGAチャンピオンシップ T20 1 T26 T45 T11 T15 T10 T22 T6 T11 T17
全米女子オープン T9 1 4 21 T6 2 T19 T43 予選落ち T5 T2
デュモーリエクラシック 予選落ち T23 T13 T64 T4 T12 4 T30 T4 T66 1
トーナメント 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
クラフトナビスコ選手権 T28 T36 T33 T48 T50 T66 73 T15 予選落ち
LPGAチャンピオンシップ T17 T12 T27 16 T33 予選落ち 予選落ち 予選落ち 予選落ち
全米女子オープン T30 T22 予選落ち 1 T13 予選落ち 予選落ち T58 予選落ち
女子ブリティッシュオープン ^ 予選落ち T8 T37 予選落ち 予選落ち 予選落ち 68

^ 2001年、全英女子オープンがデュモーリエクラシックに代わりLPGAメジャーとなった。

  優勝
  トップ10
  プレーせず

概要編集

  • 出場 - 84
  • 優勝 - 4
  • 2位フィニッシュ - 4
  • 3位フィニッシュ - 1
  • 上位3位 - 9
  • 上位5位 - 15
  • トップ10 - 21
  • 上位25位 - 41
  • 予選落ち - 18
  • 連続予選通過数 - 24
  • トップ10の最長連続 - 2(5回)

チームでの出場編集

プロ時代

  • ソルハイムカップ (米国代表): 1992年、1994年(勝利)、1996年(勝利)、1998年(勝利)、2000年、2002年(勝利)、2003年、2005年(勝利)
  • ワールドカップ (アメリカ合衆国代表):2005年
  • ハンダカップ (アメリカ合衆国代表):2010年(勝利)、2011年(勝利)、2014年(勝利)、2015年(勝利)

参考編集

  • LPGAツアーで最も勝利したゴルファーのリスト
  • LPGAメジャーチャンピオンシップで最も優勝したゴルファーのリスト

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集