メインメニューを開く

メシアは、ヘブライ語のマシアハ(משיח)に由来し、「(油[1]を)塗られた者」の意。

出エジプト記には祭司が[2]サムエル記下には王が[3]、その就任の際に油を塗られたことが書かれている。後にそれは理想的な統治をする為政者を意味するようになり、さらに神的な救済者を指すようになった。

メシアのギリシャ語訳がクリストス(Χριστός)で、「キリスト」はその日本語的表記である[4]キリスト教徒ナザレのイエスがそのメシアであると考えている。イエスをメシアとして認めた場合の呼称がイエス・キリストである。イスラム教徒もイエスをメシア(マスィーフ)と呼ぶが、キリスト教とは捉え方が異なっている。

ヘブライ語マシアハがギリシャ語にはいってメシアス(μεσσίας)となった。日本語のメシアはメシアスに由来する。メサイアは同じ語に由来する英語。

概説編集

ヘブライ語におけるmashiachという単語は、直訳すると「油をそそがれた」という意味をもち、誰かあるいは何かを聖油によって聖別することを指す。

メシアの語は旧約聖書のいたるところで見られ、ユダヤ人の王、ラビ預言者、祭壇、無発酵パンなどの様々な人物や事物に対して用いられている。

対象はユダヤ人やユダヤ人社会に属するものであるとは限らず、イザヤ書では異教徒であるアケメネス朝キュロス2世がメシアと呼ばれている[5]

ユダヤ教の終末論においては、メシアの概念は、ダビデの子孫から生まれ、イスラエルを再建してダビデの王国を回復し、世界に平和をもたらす存在とされている。

メシアの到来を信ずることはユダヤ教の信仰の中で重要な部分をなし、たとえばマイモニデスによる13の信仰箇条の中にも含まれている。

各時代にメシアを称した者(保守派や、大多数の者からは「偽メシア」ということになる)は、当然ユダヤ教内部でも解釈が分かれ、分派を形成した。また、これに賛同したキリスト教徒・イスラム教徒もいた。また、こちらも当然ながらユダヤ教からはイエスは偽メシアとして見られている。メシアニック・ジュダイズムのようにユダヤ教を自称し、ユダヤ教的様式の典礼を実践しつつイエスをメシアと認める教派も存在するが、彼ら自身を除いて主流派ユダヤ教やキリスト教両者側からもユダヤ教ではなくキリスト教の一派と認識されている事の方が多い。

イスラム教でもユダヤ教、キリスト教からメシアの概念は継承されており、アラビア語で「マスィーフ」( مسيح masīḥ、油等を塗る意味の動詞の派生語)と呼ばれ、イエスのことを指す。イスラームにおいてはイエス自身は預言者にして預言者ムハンマドに先行するアッラーフ)の使徒とされており、また神が派遣したメシアであることも認識されている。クルアーンの記述から「マスィーフ」(救済者、メシア)はダビデの子孫から出現するとされ、人々を苦難から救済しアッラーフ(神)の支配を確立する者としている。終末のときに神の代理人として出現し偽メシアを討伐するといい、これらもユダヤ教、キリスト教のメシア像から受継がれている。イスラム教において「マスィーフ」は人類の救世主であるのに対し、イスラム共同体のみにおける救世主(指導者)は「マフディー」(「正しく導かれる者」の意味)と称する。単に「アル=マスィーフ」(al-Masīḥ)、「マスィーフッラーフ」( مسيح اللّهMasīḥ Allāh ;神のメシア)と呼ぶ場合、イエス自身を指す尊称である。

「イーサー」として彼を意味する、最後から2番目のメシアとしてクルアーンイエスを位置づける。[6]ノア、アブラハム、モーゼ、そしてムハンマドと共に、イスラムの伝統ではイエスは最も重要な預言者のひとりである。[クルアーン 1] [クルアーン 2] [クルアーン 3] [6]キリスト教徒と異なり、イスラム教徒は神ではなくひとりの預言者としてのみイエスを理解する。人間的な形での予言はイスラムでは十分である、しかしキリスト教信仰でのイエスが行うものとしての神の真の力を意味しない。[7]

クルアーンはイーサーが、マルヤムの息子(英:Son of Mariam、アラビア:Isa ibn Maryam)であり、イスラエルの子孫に送られたメシアそして預言者であることを明記する。[クルアーン 4]イサの誕生がクルアーンの19章1-33節[クルアーン 5]に、そしてイーサーがマルヤムの息子として4章171節[クルアーン 6]に明示的に明記される。多くのイスラム教徒はイーサーが天国に生きていることとそしてヤウム・アル‐キヤーマ英語版(「復活の日」)の前にまもなく現れる者である、キリスト教信仰での反キリストと姿が似ている、マシーフッダジャール英語版(偽のメシア)を撃破するよう地上に帰ってくるのを信じる。[8]ダジャールを滅ぼしてから後、彼の最後の仕事はイスラム教徒の主導者となることだろう。支持者たちによる分派と逸脱が終わることによって、イーサーは純粋なイスラムでの唯一のアッラーの崇拝の共通の目的のもとにイスラム教徒の ウンマ(イスラムの信奉者)を統一するだろう。主流のイスラム教徒はこのときのイーサーのキリスト教徒とユダヤ教徒の彼についての主張を追い払うことを信じる。

ユダヤ教の文脈においてメシアを自称した者たち編集

キリスト教の文脈においてメシアを自称した者たち編集

  • 出口王仁三郎 - 自分を、再臨(再来)のキリストだと主張
  • 金百文(キム・ベンムン) - 自分が再臨のキリストであると主張。文鮮明に影響を与える
  • 朴泰善(パク・テソン) - 1960年代に、キリストが雲に乗ってくると言って、多くの信徒を連れて閉鎖的な信仰村を作った。キリストが来ると予言した日には何も起こらず、信徒たちは離れて行った。自分こそが再臨のキリストであると主張
  • 文鮮明 - 1992年に公にメシアであると宣言。2012年死去
  • 麻原彰晃 - 1991年に「キリスト宣言」を出して、自分だけが世界を救済することのできる「救世主・キリスト」であると宣言
  • 又吉イエス - 日本の政治運動家。選挙演説などで再来のキリストと主張

脚注編集

  1. ^ 聖別に用いられる油はナルド日本ではナード、またはスパイクナードと呼ばれる)のアロマであり、女郎花科のナルドスタキス・ジャターマンシーから抽出された香料(日本でもお香の材料に使われる)をオリーブ油に溶いたものとされる。1500年前に絶滅した「バルサム樹(バルサムの木)」から採取した「バルサム油」とする説もある。
  2. ^ 出エジプト記 28:41
  3. ^ サムエル記下 2:4
  4. ^ ヨハネによる福音書 1:41
  5. ^ "Cyrus". Jewish Encyclopedia (1906). "This prophet, Cyrus, through whom were to be redeemed His chosen people, whom he would glorify before all the world, was the promised Messiah, 'the shepherd of Yhwh' (xliv. 28, xlv. 1)."
  6. ^ a b Albert, Alexander. “Orientating, Developing, and Promoting an Islamic Christology”. FIU Electronic Theses and Dissertations. 2014年5月1日閲覧。
  7. ^ Siddiqui, Mona (2013). Christians, Muslims, and Jesus. Yale University Press. p. 12. 
  8. ^ Muttaqun OnLine - Dajjal (The Anti - Christ): According to Quran and Aunnah”. 2012年11月9日閲覧。

クルアーンの原典からの出典情報編集

  1. ^ 第33章7節 部族連合”. 2016年12月16日閲覧。
  2. ^ 第42章13-14節相談”. 2016年12月16日閲覧。
  3. ^ 第57章26節 ”. 2016年12月16日閲覧。
  4. ^ 第3章45節イムラーン家”. 2016年12月16日閲覧。
  5. ^ 第19章1-33節マルヤム”. 2016年12月16日閲覧。
  6. ^ 第4章171節婦人”. 2016年12月16日閲覧。

関連項目編集