メインメニューを開く

メジロマイヤー[1]1999年3月19日 - )は日本の元競走馬。馬名の由来は、アルペンスキー選手で長野オリンピックでは2個の金メダルを獲得したヘルマン・マイヤーからである。

メジロマイヤー
欧字表記 Mejiro Meyer[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 1999年3月18日[1]
死没 -
登録日 2001年5月31日
抹消日 2008年5月8日[2]
サクラバクシンオー[1]
メジロエルナス[1]
母の父 サッカーボーイ[1]
生国 日本の旗 日本北海道伊達市[1]
生産 メジロ牧場[1]
馬主 メジロ牧場[1]
調教師 田島良保栗東[1]
競走成績
生涯成績 32戦6勝[1]
獲得賞金 2億200万9000円[1]
 
勝ち鞍
GIII きさらぎ賞 2002年
GIII 小倉大賞典 2006年
テンプレートを表示

戦績編集

2001年9月15日、デビュー戦となった阪神競馬場の新馬戦では飯田祐史が騎乗し4番人気で2着だった。その後デビュー4戦目の未勝利戦で初勝利を挙げた。

2002年、500万下クラスの白梅賞を3番人気で勝利し、初の重賞挑戦となったきさらぎ賞では6番人気ながらアグネスソニック、メガスターダムらを相手に勝利し、重賞初挑戦で重賞初制覇を成し遂げた。そして初のGI挑戦となった皐月賞では中舘英二が騎乗し9番人気で最下位の18着と大敗してしまう。その後も大敗が続き、4歳夏に1600万下クラスに降級後も、降級初戦の市川ステークスでは10着、年明けて新春ステークスも16着と大敗してしまうが、その後は1600万下クラスのレースを3着、2着、2着と好走し、鞍上に武豊を迎えた道頓堀ステークスで約2年振りの勝利を挙げた。そして次走のオーストラリアトロフィーでも勝利。奇しくもレース前日の4月23日に馬主だった北野ミヤが亡くなっており、武豊が「お世話になった北野おばあちゃんのために、どうしても勝ちたかった」と語る弔いの勝利となった。2連勝で約2年振りのGI挑戦となった次走の安田記念では武幸四郎が騎乗し、大逃げの走りを見せるも12番人気で最下位の18着と大敗。その後長期休養となる。復帰戦となった中日新聞杯は13番人気で14着、ここでまた長期級に入り、暮れのファイナルステークスも9番人気で14着と大敗してしまう。

2006年、初めて川田将雅が騎乗し臨んだ小倉大賞典では11人気と低評価ながら見事に逃げ切り、当時としてはJRAにおける重賞最長間隔勝利記録となる約4年ぶりの重賞制覇を達成[注釈 1][注釈 2]。佐賀県出身の川田将雅騎手にとっては故郷の九州で嬉しいJRA重賞初勝利となった。しかしその後の3走は大敗が続き、2007年に入ってもこれは変わらず、11月23日に行われた京阪杯に出走して18番人気で17着という結果に終わり、これが最後のレースとなった[2]

2008年5月8日付けでJRA競走馬登録を抹消され引退[2]。以降は引退名馬繋養展示事業の助成を受けて福島県南相馬市で余生を送っている。2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で北海道に一時避難したが、のち福島県に戻っている[3][4]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[5]およびJBISサーチ[6]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2001.09.15 阪神 新馬 8 4 4 012.1 0(4人) 02着 飯田祐史 53 ダ1400m(良) 1:27.3 (38.4) -0.0 マイネルアンブル
0000.09.29 阪神 新馬 13 1 1 003.3 0(1人) 02着 飯田祐史 53 芝1600m(良) 1:36.6 (35.0) -0.2 サーチェルルージュ
0000.12.01 阪神 未勝利 10 8 10 001.2 0(1人) 02着 飯田祐史 54 ダ1200m(良) 1:14.2 (37.3) -0.3 トップジャンボ
0000.12.15 阪神 未勝利 16 6 12 001.3 0(1人) 01着 飯田祐史 54 芝1600m(良) 1:36.7 (37.0) -0.7 (グレートワーク)
2002.01.20 京都 白梅賞 500 10 7 8 008.2 0(3人) 01着 飯田祐史 55 芝1600m(良) 1:35.1 (34.9) -0.1 (マチカネメニモミヨ)
0000.02.10 京都 きさらぎ賞 GIII 11 1 1 009.5 0(6人) 01着 飯田祐史 55 芝1800m(良) 1:47.6 (35.4) -0.0 (アグネスソニック)
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 18 3 5 035.3 0(9人) 18着 中舘英二 57 芝2000m(良) 2:01.7 (39.0) -3.2 ノーリーズン
0000.05.04 東京 NHKマイルC GI 18 8 18 034.5 0(9人) 12着 田中勝春 57 芝1600m(良) 1:34.8 (37.2) -1.7 テレグノシス
0000.06.09 中京 ファルコンS GIII 18 1 1 9.7 0(5人) 16着 飯田祐史 57 芝1200m(良) 1:11.0 (37.1) -2.1 サニングデール
2003.03.02 阪神 阪急杯 GIII 15 2 3 141.0 (13人) 05着 飯田祐史 57 芝1200m(稍) 1:09.2 (34.6) -0.7 ショウナンカンプ
0000.03.23 中山 東風S OP 11 4 4 008.8 0(3人) 03着 飯田祐史 56 芝1600m(良) 1:33.3 (34.8) -0.6 ミッドタウン
0000.04.06 中山 ダービー卿CT GIII 14 8 13 009.6 0(6人) 11着 幸英明 55 芝1600m(重) 1:34.7 (36.7) -0.8 ダンツジャッジ
0000.05.11 京都 都大路S OP 13 5 7 010.9 0(6人) 06着 飯田祐史 56 芝1600m(重) 1:36.8 (37.9) -1.0 トレジャー
0000.06.08 中京 愛知杯 GIII 9 5 5 014.4 0(7人) 03着 飯田祐史 55 芝2000m(良) 2:00.0 (36.2) -0.3 カゼニフカレテ
0000.06.29 福島 福島テレビオープン OP 11 6 7 006.5 0(3人) 03着 江田照男 56 芝1800m(良) 1:48.4 (37.1) -0.7 ハレルヤサンデー
0000.07.20 小倉 北九州記念 GIII 10 6 6 007.5 0(2人) 04着 福永祐一 56 芝1800m(不) 1:50.6 (37.4) -0.8 ミレニアムバイオ
0000.12.14 中山 市川S 1600 16 7 13 013.5 0(4人) 10着 田中剛 57 芝1600m(良) 1:35.6 (36.3) -0.9 メジロバーバラ
2004.01.11 京都 新春S 1600 16 2 4 015.3 0(8人) 16着 飯田祐史 58 芝1400m(良) 1:23.3 (36.3) -1.5 ゴールデンキャスト
0000.01.24 京都 石清水S 1600 13 4 4 012.3 0(5人) 03着 小池隆生 57 芝1600m(良) 1:35.4 (34.5) -0.2 ニューベリー
0000.02.07 京都 斑鳩S 1600 14 3 3 011.1 0(5人) 02着 小池隆生 57 芝1400m(良) 1:21.8 (35.0) -0.1 エイシンシャイアン
0000.03.06 阪神 武庫川S 1600 14 6 9 004.5 0(1人) 02着 飯田祐史 57 芝1600m(良) 1:34.1 (35.3) -0.2 エーティーダイオー
0000.04.03 阪神 道頓堀S 1600 15 6 10 001.5 0(1人) 01着 武豊 57 芝1600m(良) 1:33.2 (35.3) -0.3 (ナイトフライヤー)
0000.04.24 京都 オーストラリアT OP 14 7 11 002.2 0(1人) 01着 武豊 56 芝1800m(良) 1:45.0 (34.9) -0.0 (マイネルアムンゼン)
0000.06.06 東京 安田記念 GI 18 7 13 042.1 (12人) 18着 武幸四郎 58 芝1600m(稍) 1:35.3 (37.8) -2.7 ツルマルボーイ
2005.12.10 中京 中日新聞杯 GIII 16 2 3 044.6 (13人) 14着 飯田祐史 56 芝1800m(良) 1:48.5 (37.9) -2.1 グランリーオ
0000.12.25 阪神 ファイナルS OP 15 4 7 022.3 0(9人) 14着 幸英明 56 芝1600m(良) 1:37.5 (36.0) -1.7 ニューベリー
2006.02.04 小倉 小倉大賞典 GIII 16 2 4 042.7 (11人) 01着 川田将雅 54 芝1800m(良) 1:47.2 (35.2) -0.1 エイシンドーバー
0000.09.09 中京 朝日チャレンジC GIII 12 5 5 025.1 0(6人) 12着 秋山真一郎 57 芝2000m(良) 1:58.9 (36.1) -1.5 トリリオンカット
0000.10.01 中京 ポートアイランドS OP 11 4 4 040.6 0(9人) 11着 熊沢重文 57 芝1800m(稍) 1:50.8 (39.1) -3.5 コンゴウリキシオー
0000.10.21 東京 富士S GIII 18 2 3 154.9 (17人) 18着 田中勝春 57 芝1600m(良) 1:36.6 (37.9) -3.8 キネティクス
2007.11.03 京都 カシオペアS OP 17 3 5 214.5 (16人) 17着 川島信二 57 芝1800m(良) 1:47.7 (36.7) -2.4 サクラメガワンダー
0000.11.23 京都 京阪杯 GIII 18 6 12 459.4 (18人) 17着 幸英明 56 芝1200m(良) 1:09.3 (34.3) -1.4 サンアディユ

血統表編集

メジロマイヤー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

サクラバクシンオー
1989 鹿毛
父の父
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
父の母
サクラハゴロモ
1984 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
Northern Dancer
Lady Victoria
*クリアアンバー
Clear Amber
Ambiopoise
One Clear Call

メジロエルナス
1992 栗毛
サッカーボーイ
1985 栃栗毛
*ディクタス
Dictus
Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
母の母
クーリッジ
1983 鹿毛
ヤマニンスキー Nijinsky II
*アンメンショナブル
ケイファバー *ファバージ
テシオ F-No.3-l
母系(F-No.) フロリースカツプ系(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 ノーザンテースト3×4=18.75%・Northern Dancer4×5×5=12.50%・Princely Gift4×5×5=12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ [7]
  2. ^ [8]
  3. ^ [7]
  4. ^ [7][8]


脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2010年10月20日、福島記念ダンスインザモアが制し、この記録は更新された。
  2. ^ なおこの競走において、本馬を管理する田島良保調教師が本馬の馬主の「メジロ牧場」の勝負服(白・緑一本輪・緑袖縦縞)を「メジロ商事」の勝負服(白・緑一本輪・袖緑)と取り違え、川田騎手が後者の勝負服で出走するアクシデントが発生したが、これに関する制裁は行われなかった。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o メジロマイヤー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c 重賞2勝のメジロマイヤーが登録抹消”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2008年5月8日). 2019年9月30日閲覧。
  3. ^ 福島第一原発事故で被災した元競走馬が日高町の牧場へ”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2011年8月10日). 2019年9月30日閲覧。
  4. ^ 企画展『引退馬の余生を考えよう』福島競馬場で開催”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2016年4月8日). 2019年9月30日閲覧。
  5. ^ メジロマイヤーの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月30日閲覧。
  6. ^ メジロマイヤー 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月30日閲覧。
  7. ^ a b c メジロマイヤー 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月30日閲覧。
  8. ^ a b メジロマイヤーの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月30日閲覧。

外部リンク編集