メインメニューを開く

メジロリベーラ1990年生まれ)は日本競走馬繁殖牝馬となったサラブレッドである。

メジロリベーラ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1990年6月9日[1]
シンボリルドルフ
メジロラモーヌ
母の父 モガミ
生国 日本の旗 日本北海道伊達市
生産 メジロ牧場
馬主 (有)メジロ牧場
調教師 奥平真治美浦
競走成績
生涯成績 1戦0勝
獲得賞金 0円
テンプレートを表示

父が中央競馬の七冠馬シンボリルドルフ、母が同牝馬三冠馬のメジロラモーヌという血統であったため十冠ベイビーと呼ばれ、生まれる前から有名であった。誕生後「芳瑞」(ほうずい)という血統名が付けられ[1]、1歳上の兄メジロリュウモンとともに近況が日本中央競馬会の雑誌『優駿』で複数回にわたり紹介された。

管理した調教師は母をも管理した奥平真治であった[2]が、競走馬としては東京競馬場で行われた新馬戦に1回出走(横山典弘の騎乗で単勝4番人気・7着)したのみで、脚部不安により[3]引退。通算成績は1戦0勝で終わった。

繁殖牝馬としては、地方競馬笠松競馬場で12勝を挙げたメジロカムイ(父ジェイドロバリー)や繁殖牝馬となったメジロレーマー(父リンドシェーバー)などを産んでいる。メジロレーマーも競走馬としての実績はなかったが、メジロラモーヌ牝系としては初のG1勝ち馬となるフィールドルージュ2008年川崎記念)を産んだことで、本馬や母メジロラモーヌの繁殖牝馬としての汚名をそそいだ結果となった。

血統表編集

メジロリベーラ血統トウルビヨン系 (血統表の出典)

シンボリルドルフ
1981 鹿毛
父の父
*パーソロン
Partholon 1960
鹿毛
Milesian My Babu
Oatflake
Paleo Pharis
Colonice
父の母
スイートルナ
1972 栗毛
スピードシンボリ *ロイヤルチャレンヂャー
スイートイン
*ダンスタイム Palestine
Samaritaine

メジロラモーヌ
1983 青鹿毛
*モガミ
Mogami
1976 青鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
*ノーラック Lucky Debonair
No Teasing
母の母
メジロヒリュウ
1972 鹿毛
*ネヴァービート Never Say Die
Bride Elect
*アマゾンウォリアー Khaled
War BetsyF-No.9-f


母メジロラモーヌは繁殖牝馬としては成功できず、本馬の兄弟に活躍馬は一頭もいない。メジロアルダンは叔父にあたる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「今月のトピックス」『優駿』、日本中央競馬会、1990年8月、 101頁。
  2. ^ 「今月のトピックス」『優駿』、日本中央競馬会、1992年6月、 103頁。
  3. ^ 横尾一彦「サラブレッドヒーロー列伝 (90) 牝馬三冠馬 メジロラモーヌ」『優駿』、日本中央競馬会、1993年11月、 68頁。

外部リンク編集