メチオノール

メチオノール: methionol)は、示性式CH3SCH2CH2CH2OHで表される有機硫黄化合物の一種。天然には醤油に含まれ、高濃度ではタマネギ食肉に似た香りを持つが、希釈すると醤油の香りを生じる。

メチオノール
methionol[1][2]
識別情報
CAS登録番号 505-10-2
特性
化学式 C4H10OS
モル質量 106.19
外観 淡黄色の液体
匂い 玉葱・肉様香気
密度 1.03
沸点

195℃

屈折率 (nD) 1.4820-1.4843
危険性
引火点 87℃
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

目次

用途編集

シーズニングやミートフレーバーとして0.05〜1.0ppmほど使用される[1]。肉や魚の生臭さを弱める作用があり、料理の下処理に醤油を使用することにより効果が生じる[3]

生成編集

天然にはダイズタンパク質に含まれるメチオニンが変化して生じる[3]が、工業的にはプロピレンクロルヒドリンにNaSCH3を反応させて製造する[1]

 

安全性編集

日本の消防法では危険物第4類・第3石油類に分類される[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 『合成香料 化学と商品知識』印藤元一著 2005年増補改訂 化学工業日報社 ISBN 4-87326-460-X
  2. ^ a b 製品安全データシート(東京化成工業)
  3. ^ a b しょうゆの魅力ヤマサ醤油