メインメニューを開く

メッキの神像』(メッキのしんぞう、The Gilded Man )は、1942年に発表されたカーター・ディクスン(ディクスン・カー)名義の長編推理小説。ヘンリー・メリヴェール卿もの第13長編である。邦題は早川書房のもので、東京創元社では『仮面荘の怪事件』となっている。

メッキの神像
著者 カーター・ディクスン
発行日 1942年
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 文学作品
前作 Seeing is Believing (novel)
次作 貴婦人として死す
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

もともとフェル博士もの短編『軽率だった夜盗』がオリジナルで、主人公と季節、犠牲者の生死を変えた他は、ストーリーもトリックも同じである。H・M卿に探偵役を変えたことでドタバタ色が増えた半面、本筋とはあまり関係のないエピソードが追加されている。

目次

あらすじ編集

美術評論家にして名画収集家スタンホープ[1]氏の一家が住むワルドミア荘(仮面荘)と呼ばれるロンドン郊外の邸宅。夜中に物音がして駆けつけた家族が見たのは、泥棒らしき瀕死の男が倒れている姿。

しかし覆面の下の顔はこの屋敷の当主スタンホープ氏だった。 彼はなぜ自分の家に夜盗として侵入したのか。高額の保険金目当てか、あるいは、盗まれたと称し美術品が偽物なのを隠蔽するためか。メッキの神像にまつわる絵画の盗難と殺人未遂の謎にH・M卿が挑む。

主な登場人物編集

  • ドワイト・スタンホープ - ワルドミア荘(仮面荘)に住む一家の主人。自宅に忍び込んだ夜盗として瀕死の状態で発見される。
  • ニコラス・ウッド - ドワイトの招待客。スコットランド・ヤードの警部。
  • ヴィンセント・ジェイムズ - ドワイトの招待客。ニコラスの友人。
  • クリスタベル - ドワイトの後妻。
  • エリナー - ドワイトの娘。
  • ベティ - ドワイトの娘。
  • ラーキン - ワルドミア荘(仮面荘)に住み込みで仕えている執事。
  • ヘンリー・メリヴェール卿 - 名探偵だがドタバタ騒ぎを演じる事の多い三枚目。通称H・M卿。

提示される謎編集

  • ホワイ・ダニット(怪事件の発生原因と経緯)
  • なぜ、主人は自宅に夜盗として侵入したのか。
  • 覆面の夜盗を撃退した人物は、(正当防衛の余地があるのに)なぜ名乗り出ないのか。

書誌情報編集

  • 「メッキの神像」 村崎 敏郎 (翻訳) 早川書房 1995年 HPB491
  • 「仮面荘の怪事件」 創元推理文庫 2002年

脚注編集

  1. ^ 「仮面荘の怪事件」東京創元社の新訳のみ、「スタンホープ」を「スタナップ」に変えている