メディアスクラム

メディアスクラム: media scrum)とは、立法議会や会合といった出来事の外で直ちに開かれることが多い即席の記者会見である[1][2]。メディアスクラムは、カナダ政治において中心的な役割を果たしており[3]イギリスオーストラリアニュージーランドでも見られる。

スクラム中のカナダの野党新民主党党首ジャック・レイトン英語版オタワ

語源は、ラグビーの試合開始の形式の一つであるスクラムである。公人の注意を引くため周りに記者が群がる様がスクラムにおいて、選手がボールを争い密集する様子に似ている。

日本においてメディア・スクラムは、放送局・全国紙スポーツ新聞週刊誌などの全国に渡って情報を配信することが可能なメディアによる報道関係者が大人数で取材対象者・対象地域に押しかけて執拗に付きまとい、必要以上の報道合戦を繰り広げることの意味で用いられる。集団的過熱取材などとも表現される[4][5]


脚注編集

  1. ^ William W. Carney. In the News: The Practice of Media Relations in Canada. University of Alberta Press. ISBN 0888643829. http://books.google.com/books?id=Nr4H_Cmxg4gC 
  2. ^ DeNeen L. Brown (2003年2月28日). “Canadian Apologizes For Expletive About U.S.”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/ac2/wp-dyn/A14077-2003Feb27 2011年9月10日閲覧。 
  3. ^ Ira Basen (2006年10月31日). “Stephen Harper's Press Gallery Put Down: A Report from Canada”. PressThink. オリジナルの2007年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071010000526/http://journalism.nyu.edu/pubzone/weblogs/pressthink/2006/10/31/harper_basen.html#comments 2011年9月10日閲覧。 
  4. ^ 集団的過熱取材に関する日本新聞協会編集委員会の見解
  5. ^ (報道発表)集団的過熱取材(メディア・スクラム)問題に関する民放連の対応について

関連項目編集

外部リンク編集