メインメニューを開く

メピバカイン: mepivacaine)とはアミノアミド型の局所麻酔薬の一つ[1]。メピバカインは適度な発現時間(プロカインより早い)、中等度の持続時間(プロカインより短い)を有し、CarbocainePolocaineなどの種々の商品名で市販されている。

メピバカイン
Mepivacaine.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • C, use w/ caution, may cause fetal bradycardia
識別
CAS番号
96-88-8
ATCコード N01BB03 (WHO)
PubChem CID: 4062
DrugBank APRD01094
KEGG D08181
化学的データ
化学式 C15H22N2O
分子量 246.348 g/mol
テンプレートを表示

メピバカインは1960年代からアメリカ合衆国で使用され始め、浸潤麻酔局所麻酔のために使用される。

メピバカインはラセミ化合物として使用される[2]

出典編集

  1. ^ Porto GG, Vasconcelos BC, Gomes AC, Albert D (January 2007). “Evaluation of lidocaine and mepivacaine for inferior third molar surgery”. Med Oral Patol Oral Cir Bucal 12 (1): E60–4. PMID 17195831. http://www.medicinaoral.com/medoralfree01/v12i1/medoralv12i1p60.pdf. 
  2. ^ Burm AG, Cohen IM, van Kleef JW, Vletter AA, Olieman W, Groen K (January 1997). “Pharmacokinetics of the enantiomers of mepivacaine after intravenous administration of the racemate in volunteers”. Anesth. Analg. 84 (1): 85–9. PMID 8989005. http://www.anesthesia-analgesia.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=8989005.