メフィスト (文芸誌)

日本の文芸雑誌

メフィスト』(mephisto)は、講談社が発行している小説誌

1994年創刊[1]ミステリを中心として、伝奇小説SF小説など広くエンターテインメント小説全般を扱うほか、それらに関連した漫画評論なども掲載されている。『小説現代』増刊号として年3回(4月・8月・12月)発行されている。2006年4月から1年間休刊したが、2007年4月に再開された。掲載作品が書籍化される際には、主に講談社ノベルスから刊行される。公式ウェブサイト『webメフィスト』においては、本誌には掲載されていない独自の作品配信も行われている。

エンターテインメント小説全般を扱うユニークな新人賞であるメフィスト賞の選考・発表が行われる雑誌でもある。誌名は小野不由美少女小説『メフィストとワルツ!』のタイトルに由来しており、同書籍と本誌を担当した編集者の宇山日出臣によるもの。

2015年より、電子版も同時に刊行される[2]2016年、「2016 VOL.2」以降は電子版のみの刊行となった[3]。2020年の「2020 VOL.3」にて電子版での刊行は終了し、2021年からは講談社が運営する定額会員制の読書クラブ「Mephisto Readers Club」(メフィストリーダーズクラブ)の会報誌として年4回刊行されている[4][5]

主な執筆陣編集

脚注編集

  1. ^ 西尾維新氏、あさのあつこ氏等豪華執筆陣 小説誌「メフィスト」電子版配信開始のお知らせ|株式会社講談社のプレスリリース”. PR TIMES (2015年4月7日). 2022年4月9日閲覧。
  2. ^ 講談社 文芸第三出版部 [@kodansha_novels] (2015年4月1日). "「メフィスト」2015VOL.1は、西尾維新さん「最速」の白、「最強」の赤、豪華二作掲載! あさのあつこさん新連載など内容盛りだくさんで4月7日に発売。またこの号から電子版も同時に刊行されます。4月7日に配信開始。紙の本の「メフィスト」同様に、お楽しみください!" (ツイート). Twitterより2021年11月11日閲覧
  3. ^ 講談社 文芸第三出版部 [@kodansha_novels] (2016年4月7日). "西尾維新 豪華絢爛W掲載! 新連載 笠井潔「転生の魔」神林長平「フォマルハウトの三つの燭台」 最終回 恩田陸「八月は冷たい城」喜国雅彦「本格力」国樹由香「本棚探偵の日常」 座談会 他。次号より電子書籍に完全移行! 永久保存版「メフィスト」2016VOL.1 は本日、発売です!" (ツイート). Twitterより2021年11月11日閲覧
  4. ^ 「メフィスト」がリニューアルします!| 2021年10月「メフィスト」が変わります!”. tree. 講談社 (2021年6月1日). 2021年11月6日閲覧。
  5. ^ エンタメ文芸誌『メフィスト』が、会員制読書クラブに。編集長が語る、前例のないサービスの狙いとは”. ダ・ヴィンチニュース (2021年11月10日). 2021年11月12日閲覧。

外部リンク編集