メインメニューを開く

メヘラーバード国際空港

テヘラン、イラン

メヘラーバード国際空港ペルシア語: فرودگاه بین المللی مهرآباد‎; Forūdgāh-e Beinol-melalī-ye Mehrābād)はイラン首都テヘランの中心空港であったが、大部分の国際線は2004年に完成したエマーム・ホメイニー国際空港へ移された。メヘラーバード空港はエマーム・ホメイニー国際空港と比べて、テヘラン都心にはるかに近い。

メヘラーバード国際空港
فرودگاه بین المللی مهرآباد
Aerial view of Mehrabad International Airport.jpg
IATA: THR - ICAO: OIII
概要
国・地域 イランの旗 イラン
所在地 テヘラン州テヘラン
種類 軍民共用
運営者 イラン空軍
標高 1208 m (3962 ft)
座標 北緯35度41分21秒 東経51度18分48.3秒 / 北緯35.68917度 東経51.313417度 / 35.68917; 51.313417座標: 北緯35度41分21秒 東経51度18分48.3秒 / 北緯35.68917度 東経51.313417度 / 35.68917; 51.313417
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
09/27 なし 474×40 舗装
11R/29L あり 4,038×60 舗装
11L/29R なし 3,992×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
メヘラーバード国際空港の位置
メヘラーバード国際空港の位置
THR/OIII
メヘラーバード国際空港の位置

イラン航空イラン・アーセマーン航空サーハー航空などの整備拠点がある。また、空港敷地に隣接して、航空機整備会社のファジュル・アーシヤーン社のハンガーがあり、空港とは、キャラジ=テヘラン間の高速道路を横切る誘導路で接続。同社はイラン航空やマーハーン航空など多くの航空会社の機材を整備している。

エマーム・ホメイニー空港への国際線の移転はたびたびの延期もあり段階的なもので、まずペルシア湾岸諸国への便から移転された。現在、サウジアラビアへの巡礼(ハーッジとウムラ)便以外のほとんどの国際線がエマーム・ホメイニー空港へと移転されている[1]日本語ではメーラバド国際空港と英語綴りの影響による転訛で表記することもある。

南東東から北西西方向の滑走路(11R/29L・11L/29R)には2%の勾配があり、アプローチの方向によっては着陸時に地面との角度がきつく感じられる[2]

目次

ターミナルと就航会社・都市編集

ターミナル1編集

国際線(出発・到着)。エマーム・ホメイニー空港への国際線移転により非供用。

ターミナル2編集

国内線(出発・到着)。貨物。

航空会社就航地種別
イラン航空アフヴァーズアルダビールバンダレ・アッバースビールジャンドブーシェフルゲシュム島エスファハーンケルマーンシャーキーシュ島、ラール、マシュハドラシュトシャフレ・コルドサーリーシーラーズタブリーズオルーミーイェヤズドザーヘダーン旅客
イランエアツアーズアーバーダーン、アフヴァーズ、バンダレ・アッバース、チャーバハール、エスファハーン、ケルマーンシャー、ホッラマーバード、マシュハド、ラシュト、サーリー、シャフレ・コルド、シーラーズ、タブリーズ、テヘランエマーム・ホメイニー)、オルーミーイェ、ヤズド、ザーヘダーン旅客
エアー・アトランタ・アイスランディックアイスランドルクセンブルク貨物
カーゴルックス航空ドバイルクセンブルク香港貨物
サウジアラビア航空ジッダ貨物
香港ドラゴン航空成都、香港貨物
マーティンエアーアムステルダム貨物
ルフトハンザ・カーゴシャールジャライプツィヒハレ貨物

国際線(出発・到着)のターミナルとして使用されたが、最後まで残っていた若干の国際線(イラン航空)も2008年1月21日をもってエマーム・ホメイニー空港へと移転。同日、以下に示すイラン航空およびイランエアツアーズの国内線がターミナル4・6から移転された。これはピーク時におけるターミナル4・6の混雑と駐機場不足のためであった。

ターミナル3編集

イラン空軍が使用。

ターミナル4編集

航空会社就航地
イラン・アーセマーン航空アーバーダーン、アフヴァーズ、アルダビール、アサールーイェ、バム、ビールジャンド、ボジュヌールド、ブーシェフル、ゴルガーン、ゲシュム島、イーラーム、ケルマーンシャー、キーシュ島、ホイ、ラーメルド、ラール、マシュハド、ラフサンジャーン、ラームサル、ラシュト、サブゼヴァール、サハンド、サナンダジュ、シーラーズ、タバス、タブリーズ、ヤースージュ、ヤズド
イラニアン空輸アフヴァーズ
エラム航空アフヴァーズ、バンダレ・アッバース、キーシュ島、マシュハド、タブリーズ
カスピアン航空アフヴァーズ、キーシュ島、マシュハド、タブリーズ
キーシュ航空アーバーダーン、アフヴァーズ、アサールーイェ、バンダレ・アッバース、マシュハド、シーラーズ、シャフレ・コルド、エスファハーン、ハマダーン、マーフシャフル、タブリーズ、ゲシュム島、キーシュ島
サーハー航空アサールーイェ、マシュハド、キーシュ島、シーラーズ
ターバーン航空マシュハド、シーラーズ、アフヴァーズ、エスファハーン、ビールジャンド、サラフス、ケルマーンシャー、ザーヘダーン、チャーバーハール、ヤズド、ハールク島、キーシュ島
マーハーン航空アサールーイェ、ビールジャンド、バンダレ・アッバース、デズフール、イーラーンシャフル、エスファハーン、ケルマーン、キーシュ島、マーフシャフル、マシュハド、シーラーズ、スィールジャーン、ザーボル

ターミナル5編集

ハーッジ・ターミナル。2007年8月供用開始。巡礼(ハーッジ・ウムラ)用。巡礼期の大量需要をさばくため施設改良された新ターミナル。ジッダ便およびマディーナ(メディナ)便が発着する。イラン航空、マーハーン航空、サウジアラビア航空が使用。

航空会社就航地運航
イラン航空ジッダ(マリク・アブドゥルアズィーズ巡礼
マーハーン航空ジッダ(マリク・アブドゥルアズィーズ)巡礼
サウジアラビア航空ジッダ(マリク・アブドゥルアズィーズ)、マディーナ巡礼

ターミナル6編集

政府専用。以前は国内線到着用ターミナルとして利用された。

過去に就航していた航空会社・都市編集

メヘラーバード国際空港時に撤退編集

航空会社就航地撤退
Jat航空ベオグラード(再就航を計画)1992年
アルマヴィア航空エレバン2004年
エアリンガスダブリン2000年
エア・インディアデリー1980年
エルアル・イスラエル航空テルアビブ1978年
カンタス航空シドニーキングスフォード・スミス1979年
サベナ・ベルギー航空ブリュッセル1977年
シンガポール航空シンガポール1979年
スカンジナビア航空オスロコペンハーゲン1991年
スイス航空/スイス インターナショナル エアラインズチューリヒ2004年
ミドル・イースト航空ベイルート1980年
日本航空東京羽田1978年
パキスタン国際航空カラチ2002年
パンアメリカン航空ニューヨークジョン・F・ケネディ1978年
ブリティッシュ・エアウェイズロンドンヒースローbmiへ路線移管)
ユナイテッド航空ロンドン=ヒースロー経由マイアミ1978年

エマーム・ホメイニー国際空港へ移転編集

航空会社就航地
bmiロンドン=ヒースロー
KLMオランダ航空アムステルダム
アエロフロートモスクワシェレメーチエヴォ
アリタリア航空ローマフィウミチーノ
エールフランスパリシャルル・ド=ゴール
オーストリア航空ウィーン
カタール航空ドーハ
ガルフ航空バーレーン
クウェート航空クウェート
コンヴィアーザ航空カラカスダマスカス
シリア・アラブ航空ダマスカス
タジク航空ドシャンベ
中国南方航空北京ウルムチ
トルクメニスタン航空アシガバード
ターキッシュ エアラインズイスタンブールアタチュルク
ルフトハンザフランクフルト

事故・事件編集

脚注編集

  1. ^ Rezaee, Siavash (2007年10月30日). “President of National Civil Aviation Organization in an interview with "Iran": small airlines will be eliminated” (Persian). Iran-e Eqtesadi. p. 2 
  2. ^ イカロス出版『旅客機型式シリーズ3 ジャンボジェット Boeing747classic』p136
  3. ^ “CNN Live Sunday - Transcript”. CNN. (2005年6月10日). http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0506/19/sun.02.html 2008年1月14日閲覧。 
  4. ^ Iran Air plane skids off runway, passengers safe” (English). AFP. 2008年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月5日閲覧。
  5. ^ テヘラン近郊で旅客機が墜落、50人死亡か 国内報道 2014年08月10日 17:24 発信地:テヘラン/イラン

外部リンク編集