メインメニューを開く

メモリー・キーパーの娘』(原題:The memory keeper's daughter)は、アメリカ合衆国の作家キム・エドワーズが2005年に発表した小説およびそれを原作としたテレビ映画。 この小説はニューヨーク・タイムズのベストセラー・リスト入りを果たし[1] 、2008年イギリスの出版賞であるセインズブリ―・ポピュラー・フィクション賞を受賞した[2] 。 日本では2008年に日本放送出版協会から出版され、宮崎真紀によって訳された。

目次

あらすじ編集

医師のデイヴィッドは、妻ノラとの間に男女の双子をもうけるが、娘のほうがダウン症だと知る。 過去に妹を亡くし悲観に暮れ続けてきた母を見てきた彼は、妻に「娘のは死産だった」と嘘をつく。 しかし、娘を施設に送る依頼を引き受けた看護師・キャロラインがその娘・フィービーを自分の子として育て上げた。

テレビ映画編集

メモリー・キーパーの娘
The memory keeper's daughter
監督 ミック・ジャクソン
脚本 ジョン・ピールマイアー
製作 マイケル・マホニー
製作総指揮 ハワード・ブラウンスタイン
マイケル・ジャッフェ
音楽 ダニエル・リット
撮影 テオ・ヴァン・デ・サンデ
公開 2008年
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

このテレビ映画は2008年4月12日にアメリカ合衆国のテレビ局ライフタイムで放送された。

受賞・ノミネート編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
デイヴィッド・ヘンリー ダーモット・マローニー 津田英三
キャロライン・ギル エミリー・ワトソン 野沢由香里
ノラ グレッチェン・モル 坪井木の実
アル ヒュー・トンプソン てらそままさき
フィービー クリスタル・ホープ・ノースボーム 藤田瑞希
ポール(少年時代) オーウェン・パッティソン 久保田恵
ポール(青年時代) ジェイミー・スピルチャック 加瀬康之
エマ・コルバート

備考編集

フィービー役のクリスタル・ホープ・ノースボーム は実際にダウン症を抱えている[3]

脚注編集

  1. ^ As of November 26, 2006, the book had spent 21 weeks on the New York Times Paperback Bestsellers list. "New York Times Paperback Fiction Bestsellers" nytimes.com. URL Accessed November 28, 2006
  2. ^ 2008 Winners & Shortlists retrieved May 4, 2010
  3. ^ Matthew Gilbert (2008年4月12日). “Secrets and sympathy make for a compelling 'Daughter'”. The Boston Globe. http://www.boston.com/ae/tv/articles/2008/04/12/secrets_and_sympathy_make_for_a_compelling_daughter/ 2008年4月13日閲覧。 

外部リンク編集