メリトアテンMeritaten紀元前1350年頃? - 紀元前1330年頃?)は、エジプト新王国時代の第18王朝ファラオであったアメンホテプ4世と正妃ネフェルティティの長女であり、アメンホテプ4世の共同統治者スメンクカーラーの妻である。 アンケセナーメン(アンケセンパーテン)の実姉にあたる。

メリトアテン
Meritaten
第18王朝エジプト王妃
Egypte louvre 169 buste de femme.jpg
ルーヴル美術館に所蔵されているメリトアテンのものと考えられている胸像

配偶者 スメンクカーラー
父親 アメンホテプ4世
母親 ネフェルティティ
宗教 古代エジプトの宗教
テンプレートを表示

メリタトンMeRiT-aToN)とも表記される。

概要編集

 
スメンクカーラーとメリトアテン

詳しいことは解明されていないが、若くして亡くなったとされ、子も確認されていない。金沢大学教授の河合望は、彼女がスメンクカーラーの死後に短期間ではあるがネフェルネフェルウアテンNeferneferuaten)の名でファラオとなったと主張している。これが事実だとすれば、ツタンカーメンは彼女から王位を奪ったということになる。亡くなったのは紀元前1333年頃と考えられる。

ツタンカーメンの乳母が彼女である可能性が在るという研究結果が発表された[1]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集