メインメニューを開く

メリナ人Merina)は、マダガスカルの民族。マレー・ポリネシア語派に属する。首都アンタナナリボを中心とする中央高地に住む。17世紀メリナ王国を建国し、マダガスカル全島をほぼ統一して以降、マダガスカルの政治経済の主導権を握ってきた。

メリナ人
Merina
Malagasy girls Madagascar Merina.jpg
メリナ人のこどもたち
総人口
300万人
居住地域
マダガスカル中央高地
言語
マダガスカル語
宗教
キリスト教

歴史編集

メリナ人は、1世紀前後にインドネシアから移住してきたマレーポリネシア系民族の末裔とされている。17世紀にメリナ王国を建国し、19世紀にはほぼ全島を支配下に置くものの、やがてフランスに押され、1896年にメリナ王国は滅亡、フランスの支配下に置かれた。

フランスは植民地統治のために現地エリートを育成したが、そのエリートの大部分は首都アンタナナリボ周辺に住むメリナ人であった。1960年にマダガスカルが独立すると、引き続きメリナ人が社会的エリートの大半を占めた。2009年のクーデターにより政権が変わっても、この構造はそのまま続いた。

文化編集

メリナ人は伝統的にを栽培する農耕民であり、中央部の高原に広大な水田地帯を作っている。メリナ人は稲を重視し、稲作が生活のすべての中心となっており、米は食生活の基本である。またメリナ族は現在はキリスト教徒だが祖先祭のファマディハナなど古代の祖先崇拝の名残を保守している。

外部リンク編集