メリンダ・キナマン

メリンダ・ロザリー・キナマンMelinda Rosalie Kinnaman1971年11月9日 - )は、スウェーデン系アメリカ人女優

メリンダ・キナマン
Melinda Kinnaman
Melinda Kinnaman
Melinda Kinnaman at the 2013 Guldbagge Award.
本名 Melinda Rosalie Kinnaman
生年月日 (1971-11-09) 1971年11月9日(49歳)
出生地  スウェーデン
ストックホルム
国籍  スウェーデン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1985 -
著名な家族 ジョエル・キナマン (half-brother)
テンプレートを表示

略歴編集

スウェーデンのストックホルムで、アメリカ人の両親であるディーとスティーヴ・キナマンの間に誕生した[1]。彼女の異母兄弟であるジョエル・キナマンも国際的な俳優である。

キャリア編集

13歳までに、演技デビューを果たし、ラッセ・ハルストレム監督の絶賛された1985年の映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグで、おてんば娘のサガを演じた。

その後、1991年から1994年までストックホルムのスウェーデン国立演劇アカデミーで教育を受けていた。それ以降、ストックホルムの王立ドラマ劇場で、アンサンブルキャストの一員として、『アウリスのイピゲネイア(1995)でイピゲネイアを、『じゃじゃ馬ならし(1997)でビアンカを、『桜の園』(1997)でアーニャ、サルトルの『出口なし』(2000)でエステル、『ヴォイツェック』(2003)でマリー、『ヴェニスの商人(2004)でジェシカ、『ベルナルダ・アルバの家(2008)でマルティリオといったような多くの古典で主要な役を演じた。

2011年、『Duet for One』でヴァイオリニストを演じた [2]

また、アクロバットのスキルを習得し、1994年の王立ドラマ劇場設立から現代的サーカスでも演技をしながら、劇場で働き、ロバート・ルパージュの魔法のような作品であるヨハン・アウグスト・ストリンドベリの『A Dream Play』やシェイクスピアの『ロミオとジュリエット(2002)で、勇敢でアクロバティックなステージをリードし、より高度なものへと進化させた [3] [4]

彼女は、コペンハーゲンシェイクスピアの『テンペスト』やH・C・アンデルセンの『人魚姫』といった作品に数年間ゲスト参加し、そういった作品のフォローアップも行った。さらに、ストックホルムでのモダンダンスの制作にも参加した。

舞台やスクリーン、テレビで、彼女は多くの著名人と共演してきた。例えば、『The Serpent's Way』(1986)でボー・ヴィーデルベリと、アウグスト・ストリンドベリの『The Father』やヘンリック・イプセンの『The Wild Duck』(1989のヘドヴィグ、『Time of the Wolf』(1988)のハンス・アルフレッドソン英国-スウェーデンのテレビシリーズ『The Way Home』(1989)でのコリン・ナタリー、『Sunday's Children』(1992)でイングマール・ベルイマンやダニエル・バーグマン、そして、ラーシュ・ノレーンやヘニング・マンケルなどの現代劇作家たち。 1999年には、国際的な映画『マリア、イエスの母』のタイトルロールをペルニラ・アウグストと共有した。

2015年から2017年にかけて、スウェーデンのテレビ心理スリラーシリーズ『<i id="mwZQ">Modus</i>』で、主演の犯罪心理学者兼プロファイラーであるInger Johanne Vikを演じた [5] [6] [7]

脚注編集

 

外部リンク編集