メインメニューを開く

メリークリスマスが言えない」(メリークリスマスがいえない)は、日本のポピュラー(AOR)歌手・稲垣潤一の歌。20枚目のシングルとしてリリースされた。作詞は秋元康、作曲は松本俊明による。

メリークリスマスが言えない
稲垣潤一シングル
初出アルバム『WILL
B面 Get Back To Myself
リリース
ジャンル ポップス
レーベル ファンハウス
チャート最高順位
稲垣潤一 シングル 年表
心からオネスティー/一番近い他人
(1990年)
メリークリスマスが言えない
(1990年)
セカンド・キス/リワインド
(1991年)
1ダースの言い訳/April(2度目)
(1991年))
テンプレートを表示
メリークリスマスが言えない
稲垣潤一シングル
B面 Get To Back Myself
リリース
ジャンル ポップス
レーベル ファンハウス
稲垣潤一 シングル 年表
さらば愛しき人よ/Congratulations
(1991年)
メリークリスマスが言えない
(1991年)
あなたがすべて
(1992年)
テンプレートを表示
メリークリスマスが言えない
稲垣潤一シングル
リリース
ジャンル ポップス
レーベル Continental
チャート最高順位
  • 87位(オリコン)
稲垣潤一 シングル 年表
君の瞳はそのままに
(2000年)
メリークリスマスが言えない
(2000年)
PRAYER
(2001年)
テンプレートを表示
メリークリスマスが言えない(Remix Version)/永遠より長いキス
稲垣潤一シングル
初出アルバム『J's DIMENSION
リリース
ジャンル ポップス
レーベル ファンハウス
チャート最高順位
  • 85位(オリコン)
稲垣潤一 シングル 年表
キスなら後にして
(1994年)
メリークリスマスが言えない(Remix Version)/永遠より長いキス
(1994年)
語らない
(1995年)
テンプレートを表示

解説編集

  • 三貴「ブティックJOY」のCMソングに起用されてヒットした。
  • 稲垣の最大のヒット曲(唯一のミリオン達成)「クリスマスキャロルの頃には」とのカップリングでもシングルが発売されている。

内容編集

初回編集

  1. メリークリスマスが言えない
  2. Get Back To Myself

第2回編集

ジャケットデザインを改訂し、型番変更によりリリース。

  1. メリークリスマスが言えない
  2. Get Back To Myself

第3回編集

クリスマスキャロルの頃には」(1993年発売版)の両A面曲扱い。ケースは、薄型のマキシシングル仕様となっている。

  1. クリスマスキャロルの頃には
  2. メリークリスマスが言えない

第4回編集

Remix Versionと「永遠より長いキス」の両A面扱い。32枚目のシングルとして1994年にリリースされた。

  1. メリークリスマスが言えない (Remix Version)
    • 作詞:秋元康、作曲:松本俊明、編曲:萩田光雄
  2. 永遠より長いキス

※以上、8cmシングルで発売

第5回編集

  1. メリークリスマスが言えない
  2. クリスマスキャロルの頃には
  3. P.S.抱きしめたい