メルケル細胞英語: Merkel cell)は、軽い接触感覚を感じるのに必要な楕円形の機械的受容体である。脊椎動物皮膚に見られる。ヒトの指先等の感受性の高い皮膚に多く存在し、シナプス体性感覚求心性神経線維につながっている[1]。希少だが悪性で扱いの難しい皮膚がんの一種であるメルケル細胞がんになりうる[2]

メルケル細胞
502 Layers of epidermis.jpg
メルケル細胞(青色)は、皮膚の基底層に存在する。
概要
場所 脊椎動物の皮膚
機能 軽い接触の感覚
MeSH D018862
NeuroLex ID nifext_87
ミクロ解剖学用語英語版

メルケル細胞は神経堤細胞に由来するという報告があるが[3]哺乳類を用いたより最近の研究では、その起源は上皮細胞であることが示されている[4]

構造編集

メルケル細胞は全ての生物の皮膚及び粘膜の一部で見られる。哺乳類の皮膚では、表皮基底層汗管突起部の底)で見られる透明の細胞で、直径は約10μmである。表皮突起と呼ばれる足底表面の表皮の陥入部でも見られる[5]。多くは感覚神経神経終末と接続しており、メルケル神経終末(メルケル細胞-神経突起複合体)として知られる。これらは、遅順応型求心性神経線維につながる。5-15Hzの低周波の振動と深く静的な接触に反応する。受容野の狭さから、指先等に用いられており、長期間の圧力には反応しない。

議論編集

メルケル細胞の起源については、20年以上も議論されている。鳥の植皮実験からは神経堤細胞に由来すると示されるが、哺乳類の実験からは、上皮細胞由来であることが示される[6][7]

機能編集

ドイツの解剖学者フリードリヒ・シグムンド・メルケルは、これらの細胞を「接触細胞」Tastzellenと呼ぼうとしたが、その機能を証明するのが難しく、議論が続いた。最近、遺伝子ノックアウトマウスにより、その機能が解明された[8]。メルケル細胞は、顆粒の濃度が高く、神経内分泌機能を持つため、APUD細胞と考えられることもある。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Mescher, Anthony L (2016). Junqueira's Basic Histology. McGraw-Hill Education. ISBN 978-0-07-184270-9 
  2. ^ Munde, Prashant (17 Jan 2014). “Pathophysiology of merkel cell”. Journal of Oral and Maxillofacial Pathology 17 (3): 408-412. doi:10.4103/0973-029x.125208. 
  3. ^ K. I. Baumann; Zdenek Halata; I. Moll (2003). The Merkel cell: structure-development-function- cancerogenesis. Springer. pp. 99-. ISBN 978-3-540-00374-8. https://books.google.com/books?id=Cotbt-4_8jwC&pg=PA99 2010年5月2日閲覧。 
  4. ^ Morrison, Kristin; George R. Miesegaes; Ellen A. Lumpkin; Stephen M. Maricich (2009). “Mammalian Merkel cells are descended from the epidermal lineage.”. Developmental Biology 336: 76-83. doi:10.1016/j.ydbio.2009.09.032. PMC: 2783667. PMID 19782676. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2783667/. 
  5. ^ Halata, Z; Grim, M; Bauman, KI (2003). “Friedrich Sigmund Merkel and his "Merkel cell", morphology, development, and physiology: review and new results”. The Anatomical Record Part A: Discoveries in Molecular, Cellular, and Evolutionary Biology 271: 225-39. doi:10.1002/ar.a.10029. PMID 12552639. http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/102527525/PDFSTART. 
  6. ^ Morrison KM; Miesegaes GR; Lumpkin EA; Maricich SM. (September 25, 2009). “Mammalian Merkel cells are descended from the epidermal lineage”. Dev Biol 336 (1): 76-83. doi:10.1016/j.ydbio.2009.09.032. PMC: 2783667. PMID 19782676. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2783667/. 
  7. ^ Van Keymeulen A; Mascre G; Youseff KK; Harel I; Michaux C; De Geest N; Szpalski C; Achouri Y et al. (2009). “Epidermal progenitors give rise to Merkel cells during embryonic development and adult homeostasis”. J Cell Biol 187: 91-100. doi:10.1083/jcb.200907080. PMC: 2762088. PMID 19786578. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2762088/. 
  8. ^ Maricich SM; Wellnitz SA; Nelson AM; Lesniak DR; Gerling GJ; Lumpkin EA; Zoghbi HY (2009). “Merkel Cells are Essential for Light Touch Responses”. Science 324 (5934): 1580-82. doi:10.1126/science.1172890. PMC: 2743005. PMID 19541997. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2743005/. 

外部リンク編集