メインメニューを開く

株式会社メルサMELSA CO.,LTD.)は、ファッションビル「メルサ」を展開する名鉄グループの企業。

株式会社メルサ
MELSA Co.,LTD.
Cosmo Sakae Building 20151017.JPG
本社が入居するコスモ栄ビル(2015年10月)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-8674
愛知県名古屋市中区三丁目7番13号
北緯35度10分2.1秒
東経136度54分24.1秒
座標: 北緯35度10分2.1秒 東経136度54分24.1秒
設立 1965年(昭和40年)6月11日
業種 小売業
法人番号 5180001031848
資本金 1億円
主要株主 名古屋鉄道
外部リンク http://www.melsa.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
第1号店があった名鉄バスターミナルビル。現在は名鉄百貨店本店メンズ館

1967年、床面積で当時東洋最大の規模を誇った「名鉄バスターミナルビル」が完成した際、地下1階から地上6階に開業した。

開業にあたり、名古屋鉄道と名鉄百貨店の共同出資で「株式会社メイテツターミナル」(1968年(昭和43年)に「株式会社メルサ」と改称)を設立。「ターミナルビルにふさわしい店づくり」の発想のもと、日本で初めてのビル内での専門店街づくりが考え出された。この方式は「メルサ方式」として流通業界に広く知られるようになり、パルコナビオ阪急など、同様の施設が日本全国に広まる先駆けとなった。

特徴編集

当時の名鉄グループの人脈、資金力を活かし、東西から選りすぐったテナントを誘致。銀座大阪心斎橋などの高級店に日参し出店要請をしたという。その結果、最終的に250余の店舗と契約を完了した。また、後にオープンした銀座店では、フランス百貨店ギャラリー・ラファイエット」と提携。ファッションの本場であるフランスの名品を仕入れた。

このように百貨店とは異なった形で高級専門店を一箇所に集めたのが最大の特徴である。

沿革編集

  • 1967年昭和42年) 6月:名古屋市中村区の名鉄バスターミナルビル内に「メルサ(後のメルサ駅前店)」がオープン。
  • 1971年(昭和46年)10月:東京都中央区に「東京メルサ(現在のメルサ銀座2丁目店)」をオープン。
    • 当初は仕入形態の違いから「株式会社東京メルサ」という別会社が運営していた。
  • 1973年(昭和48年) 9月:名古屋市中区に「名鉄栄メルサ・明治生命ビル店(現在のメルサプラッツ)」をオープン。
    • 新築された明治生命ビルの地下1階・地下2階を使用。
    • 新たに設立された、「株式会社名鉄栄メルサ」が運営。
  • 1973年(昭和48年)12月:名古屋市中区に「名鉄栄メルサ・栄ビル店(現在のメルサ栄本店)」をオープン。
    • 栄開発ビルの1階から4階を使用。
    • 「株式会社名鉄栄メルサ」が運営。
  • 1977年(昭和52年)12月:東京都中央区に「名鉄ニューメルサ」をオープン。
    • 中村積善会が建設した銀座貿易ビルの全館を借り上げて運営。
    • メルサでは初めて売上最低保証制度を導入し、新たに設立された「株式会社名鉄銀座メルサ」が運営した。
  • 1983年(昭和58年) 3月:愛知県岡崎市に「岡崎メルサ」をオープン。
    • 西三河総合ビル内の「メイテツサンリバー」を営業譲渡の上、改称したもの。
  • 1983年(昭和58年) 5月:東京都目黒区自由が丘に「メルサ自由が丘店」をオープン。
  • 1984年(昭和59年) 5月:「株式会社メルサ」と「株式会社名鉄栄メルサ」が合併。「株式会社メルサ」になる。
  • 1985年(昭和60年) 2月:「株式会社東京メルサ」と「株式会社名鉄銀座メルサ」が合併。「株式会社名鉄銀座メルサ」になる。
  • 1990年平成 2年) 3月:「株式会社メルサ」と「株式会社名鉄銀座メルサ」が合併「株式会社メルサ」になる。
  • 1990年(平成 2年)11月:岐阜県岐阜市に「岐阜メルサ」、名古屋市中村区に「メルサグルメ館」オープン。
    • 岐阜メルサはファッション館とグルメ館の2棟構成で、ファッション館は名古屋鉄道、グルメ館は名鉄協商が所有。運営は新たに設立された「株式会社岐阜メルサ」が行なった。
  • 1993年(平成 5年) 3月:愛知県尾張旭市に「メルセーズ」をオープン。
  • 2001年(平成13年) -月:「岡崎メルサ」閉店。
    • 建物上部で営業していた名鉄岡崎ホテルも2004年(平成16年)に閉館。
  • 2002年(平成14年) 7月:「株式会社岐阜メルサ」を吸収分割、名鉄協商の一事業部としての運営となる。
  • 2005年(平成17年) 9月:名鉄百貨店に駅前店の店舗を譲渡(名鉄百貨店メルサ館を経て現在の名鉄百貨店メンズ館)。
  • 2007年(平成19年) 3月:「メルサグルメ館」閉店。
  • 2009年(平成21年) 9月:「岐阜メルサ」ファッション館、グルメ館が閉館(跡地にはドン・キホーテが建設されている。)
  • 2015年(平成27年) 4月:「株式会社名鉄レジャック」を吸収合併。
    • 9月18日:「ニューメルサ」が「イグジットメルサ(EXITMELSA)」としてリニューアルオープン[1]

名前の由来編集

メルサは造語であり、「Meitetsu Elegance Ladies Shopping Avenue」(メイテツ エレガンス レディース ショッピング アベニュー)の頭文字をつなげたものである。

店舗編集

 
銀座ニューメルサ
(リニューアル前)
  • メルサ栄本店(名古屋市中区三丁目) - スカイルのキーテナント。
  • メルサプラッツ(名古屋市中区新栄町一丁目明治安田生命名古屋ビル地下)
  • メルサグルメプラザ(名古屋市東区東桜一丁目NHK名古屋放送センター地下)
  • メルセーズ(愛知県尾張旭市東本地ヶ原一丁目)
    • ビルや地下は存在せず、地上区画に各店舗が建っている。
  • メルサGinza-2(銀座2丁目店:東京都中央区銀座二丁目)
  • イグジットメルサ(EXITMELSA・銀座5丁目店:東京都中央区銀座五丁目)
  • メルサ自由が丘店(東京都目黒区自由が丘一丁目)
  • 名鉄レジャック(愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目)
    • 飲食店やボウリング場などが入居する総合レジャービル。メルサレジャック事業部が管理運営している。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集