メレスアンク1世

メルサンク1世から転送)

メレスアンク1世(「命を愛する者」の意)は古代エジプトの王妃であり、スネフェル王の母[1]。彼女は恐らく第3王朝の最後の王フニの妻であった[2][3]。彼女の名前は日本語ではメルサンクとも表記される。

メレスアンク1世
第3王朝エジプト王妃

埋葬  
ウンム・エル=カアブ
配偶者 フニ
子女 スネフェル
宗教 古代エジプトの宗教
テンプレートを表示
メレスアンク1世のヒエログリフ表記
mrsanx

メレスアンク
Mr-s-ˁnḫ

概要編集

メレスアンク1世の名前はパレルモ石の断片に表れる。また、サッカラにあるペヘルネフェル英語版の墓の中で指し示されている地所は、メレスアンク1世の地所の可能性がある。彼女はメイドゥーム英語版神殿英語版の中にあるグラフィティに、息子のスネフェルと並んで名前が記されている。このグラフィティは第18王朝トトメス3世の時代のものである[1]。この文書は、スネフェルと王妃メレスアンク1世ののためにhetep di nesuと言う呪文を捧げている[4]

脚注編集

  1. ^ a b Dodson, Aidan and Hilton, Dyan. The Complete Royal Families of Ancient Egypt. Thames & Hudson. 2004. 0-500-05128-3
  2. ^ Nicolás Grimal, A history of ancient Egypt Wiley-Blackwell, 1994, pp. 67, 68 Google Books Link
  3. ^ Aidan Dodson, Monarchs of the Nile, American Univ in Cairo Press, 2000, p 26 Google Books Link
  4. ^ Alexander J. Peden: The graffiti of pharaonic Egypt: scope and roles of informal writings (c. 3100-332 B.C.). BRILL, Leiden 2001, 90-04-12112-9, pg. 65