メインメニューを開く

メルセデス・ベンツアリーナ: Mercedes Benz Arena: 梅赛德斯-奔驰文化中心)は、中華人民共和国上海市の「上海世博園」跡地にあるアリーナ2010年4月30日上海万博開会式でこけら落とされた。旧称は上海万博文化センター(Shanghai World Expo Cultural Center)。当初の名称は「上海万博演芸センター」となる予定であった[1]

メルセデス・ベンツアリーナ
"梅赛德斯-奔驰文化中心"
Shanghai Expo Cultural Center.jpg
メルセデス・ベンツアリーナの位置(上海市内)
メルセデス・ベンツアリーナ
施設情報
位置 北緯31度11分29秒 東経121度29分22秒 / 北緯31.19139度 東経121.48944度 / 31.19139; 121.48944座標: 北緯31度11分29秒 東経121度29分22秒 / 北緯31.19139度 東経121.48944度 / 31.19139; 121.48944
起工 2007年12月30日
開場 2010年4月30日
運用者 AEG
旧称
上海万博文化センター
使用チーム、大会
上海国際博覧会(開会式他)
収容能力
18,000

目次

概要編集

万博文化センターは最大18,000席収容で、北京市国家体育館と並び中国最大級の屋内アリーナである。

万博終了後はドイツ自動車メーカーであるダイムラーが10年契約の命名権を取得し、同社の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」にちなんで、「メルセデス・ベンツアリーナ」に変更された。中国国内で命名権を採用されるのは西安市にある陝西省体育場青島市にある国信体育館に次いで3例目となる。

万博を記念するイベントの一環として、2010年6月13日にSMAPによるファンの集いが予定されていたが、来客者殺到による安全確保が懸念されて、開催中止となった[2][3]

2014年8月26日にボブ・アラムトップランクマカオの定期興行以外で初めて中国本土でイベントを開催した(現在はリ・シェン率いるセカ・エンターテインメントが毎月金曜と土曜(月に1度だけ)に連続で小規模なイベントを開催している)。

主な開催イベント編集

  • 2010年
上海万博WWE RAW Presents Summer Slam
  • 2013年
NBAプレシーズンゲーム ロサンゼルス・レイカーズ vs ゴールデンステート・ウォリアーズ、東京ガールズコレクション
  • 2014年
WBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦ランディ・ペタルコリン VS ワルテル・テージョ

ライブ・コンサートなどを開催した主なアーティスト編集

出典・脚注編集

外部リンク編集