メルヒオール・ドンデクーテル

メルヒオール・ドンデクーテル(Melchior d'Hondecoeter、姓は de Hondecoeterとも、1636年1695年4月3日)はオランダの画家である。様々な鳥を題材に描いた絵画で知られる画家である。

メルヒオール・ドンデクーテル
Melchior d'Hondecoeter
Portrait of Melchior d'Hondecoeter 001.jpg
ヤコブス・ホウブラーケンによる版画
生誕1636年
ユトレヒト
死没1695年4月3日
アムステルダム

生涯編集

ユトレヒトで生まれた。祖父のヒリス・ドンデクーテル(Gillis d'Hondecoeter:c.1575/1580–1638)と父親のヘイスベルト・ドンデクーテル(Gijsbert d'Hondecoeter:c.1604–1653)も画家で、宗教的な理由で、アムステルダムからユトレヒトに移ってきた家系である。父親は風景画や家鴨や鶏を描くのを得意にしていた。父親から絵を学び、父親が亡くなった後は、父親の妹と結婚した風景画家のヤン・バプティスト・ウェーニクス(Jan Baptist Weenix:1621-1659)から学んだ。いとこのヤン・ウェーニクス(Jan Weenix:1640s-1719)も有名な画家になった。

1859年までにはデン・ハーグで働いくようになり、1659年10月にハーグの聖ルカ組合の組合員であったことや、1662年に組合役員を務めた記録がある。その後、アムステルダムに移り、1663年にアムステルダムで結婚した。アムステルダムで多くの画家や画商と交流し、1668年にアムステルダムの市民権を得て、生涯アムステルダムで過ごした。

家畜の鳥や猟の獲物としての野生の鳥を題材にしたほか、1690年頃描かれた『メナジェリー(動物ショー)』ではアジアやアフリカの鳥も描かれた。この絵は画家が生きていたオームを飼っていたことを示す描写が見られる。またフランドルの動物画家、フランス・スナイデルス(1579-1657)の作品を所有していたとされ、スナイデルスの影響を論じる研究者もいる。

ドンデクーテルの弟子やドンデクーテルが影響を与えたとされる画家には、アドリアーン・コールテ(1665-c.1707)やウイレム・フレデリク・ファン・ローエン(1645-1723)がいる。

作品編集

参考文献編集

  • Abraham Bredius (Hrsg.): Künstlerinventare. Urkunden zur Geschichte der holländischen Kunst des XVIten, XVIIten und XVIIIten Jahrhunderts. 8 Bände. Nijhoff, 's-Gravenhage 1915–1922, (Quellenstudien zur holländischen Kunstgeschichte 5, 6, 7, 10–14, ZDB-ID 515345-1).
  • Joseph Eduard Wessely: Hondekoeter, Melchior. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 13, Duncker & Humblot, Leipzig 1881, S. 67 f.