メルビン・リン・バンチ・ジュニアMelvin Lynn Bunch Jr. , 1971年11月4日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。2000年から2002年まで中日ドラゴンズに所属していた。

メルビン・バンチ
Melvin Bunch
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州テクサーカナ
生年月日 (1971-11-04) 1971年11月4日(52歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 MLBドラフト15巡目
初出場 MLB / 1995年5月6日
NPB / 2000年4月1日
最終出場 MLB / 1999年6月25日
NPB / 2002年7月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴 編集

大リーグ時代 編集

1992年MLBドラフトにてカンザスシティ・ロイヤルズから15巡目で指名を受け入団[1]1995年メジャーデビューし、初勝利を挙げた。その後再びマイナーでプレーし、1999年シアトル・マリナーズでメジャーに再昇格。

中日時代 編集

1999年12月3日星野仙一監督率いる中日ドラゴンズと契約[2]

2000年4月1日ヤクルト戦(ナゴヤドーム)で来日初登板初勝利を挙げた[3]4月7日横浜戦(横浜)でノーヒットノーランを達成[3]。8月22日の横浜戦(ナゴヤドーム)で7回2/3を無失点に抑えて勝利投手となり、10勝目を挙げた[4]。この勝利によって、中日の外国人投手では1986年の郭源治以来14年ぶりに2ケタ勝利を挙げた[4]。また、中日の外国人投手が来日1年目で2ケタ勝利を達成したのは史上初のこととなった[4]。最終的に14勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得したほか、リーグ4位の防御率2.98をマークした[5]

オフに沢村賞の候補として名前が挙がったが[注 1][7]、完投数が少ないことなどを理由に選出は見送られ[注 2]、「沢村賞の該当者なし」となった[8]

2001年、前年最多勝の実績を買われて開幕投手の打診を受けたが、右前腕痛のため辞退した[9]。前半戦は5勝にとどまったが、後半戦の開幕投手を任され、勝利を挙げた[9]。8月3日のヤクルト戦(神宮)では、3回表に石井一久からプロ初本塁打を放った[1]9月30日阪神戦(ナゴヤドーム)で勝利投手となり、2年連続2ケタ勝利を達成[10]。中日の外国人投手が来日1年目から2年連続で2ケタ勝利を達成したのは史上初のこととなった[10]

2002年3月24日オリックスとのオープン戦(ナゴヤドーム)で打球が右肘に直撃緊急降板するというアクシデントに見舞われた[11]が、開幕3戦目となる4月2日巨人戦(ナゴヤドーム)でシーズン初登板[12]。8回1失点の好投でシーズン初勝利を挙げた[12]ほか、この年から監督に就任した山田久志監督に初白星をプレゼントした[12]6月7日の巨人戦(福岡ドーム[13]7月30日の巨人戦(東京ドーム)[14]では、いずれも桑田真澄からソロ本塁打を放った。しかし、先発予定日である8月6日にナゴヤドームに向かう途中で体調不良を訴え、この日の先発を回避[15]不整脈と診断され、そのまま帰国、退団し、野球選手としても現役引退した[16]

中日退団後に帰国して精密検査を受けたところ「心臓に異常なし」と診断を受け、2003年5月時点ではテキサス州内で現役復帰を目指してトレーニングを続けていた[17]。このころには『大阪日刊スポーツ』が「星野が監督を務める阪神タイガースがバンチの獲得を目指している」と報道したが[17]、結局は入団しなかった。引退後は地元テキサスに戻り造園業を営んでいる[18]

選手としての特徴 編集

投球 編集

長身から投げ下ろす最速150km/h前後の速球と、速球と同じ球速で落ちるSFFなどの多彩な変化球を武器としていた。

打撃 編集

投手でありながら打撃も良く、中日時代に通算3本塁打を放った。

人物 編集

陽気な性格で普段から名古屋弁を話し周囲を和ませ、チームメイトからも親しまれた[19]。「投げる試合は全て勝ってみせる」と豪語し、キャンプの打ち上げで足腰が立たなくなるぐらいビールを飲み続け「テキサス男は豪快」というイメージを守ろうとするなど、豪快で強気な面があった一方、2年目のオフに帰国した際、祖父に日本のお土産として自身のノーヒットノーランのビデオを送るなど、細やかな気配りもできる選手だった[20]トランスワールドスポーツの野球特集において、外国人選手が日本人とトラブルを起こさず日本で活躍するには「自我を抑え和をもってチームメイトと接すれば活躍できる。バンチはそれができていたため活躍できた」と報じられた。またバンチ自身も日本の文化である「協調性」は欧米では有り得ないとした上で、「日本で活躍するには協調性が必要」と話している。

詳細情報 編集

年度別投手成績 編集





















































W
H
I
P
1995 KC 13 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 175 40.0 42 11 14 1 0 19 6 0 25 25 5.62 1.40
1999 SEA 5 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 55 10.0 20 3 7 0 0 4 0 0 13 13 11.70 2.70
2000 中日 27 25 2 1 0 14 8 0 -- .636 756 184.0 141 12 77 2 3 168 4 0 67 61 2.98 1.18
2001 25 24 1 0 0 10 8 0 -- .556 684 160.0 158 14 63 6 5 151 2 1 64 60 3.38 1.38
2002 17 15 2 0 0 7 7 0 -- .500 472 112.2 112 14 27 1 4 97 6 0 45 41 3.28 1.23
MLB:2年 18 6 0 0 0 1 3 0 *0 .250 230 50.0 62 14 21 1 0 23 6 0 38 38 6.84 1.66
NPB:3年 69 64 5 1 0 31 23 0 -- .574 1912 456.2 411 40 167 9 12 416 12 1 176 162 3.19 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度がある事を示す

タイトル 編集

NPB

表彰 編集

NPB

記録 編集

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初安打:2000年4月7日、対横浜ベイスターズ1回戦(横浜スタジアム)、3回表に川村丈夫から中前安打
  • 初打点:2000年7月13日、対阪神タイガース16回戦(ナゴヤドーム)、2回裏に湯舟敏郎から左前適時打
  • 初本塁打:2001年8月3日、対ヤクルトスワローズ16回戦(明治神宮野球場)、3回表に石井一久から右越ソロ[1]

背番号 編集

  • 50 (1995年)
  • 31 (1999年)
  • 42 (2000年 - 2002年)

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 沢村賞の選考基準は「15勝以上」「奪三振150以上」「完投10以上」「防御率2.50以下」「投球回数200イニング以上」「登板25試合以上」「勝率6割以上」の7項目で[6]、バンチは同年の候補者の中では最も多い3項目(登板数・奪三振数・勝率)で条件を満たしていた[7]
  2. ^ 2020年時点で沢村賞を受賞した外国人投手はジーン・バッキー1964年阪神)とクリス・ジョンソン2016年広島)の2人のみである[6]

出典 編集

  1. ^ a b c バンチ 夢空砲 プロ初アーチも、7勝目も吹っ飛ぶ”. 中日スポーツ (2001年8月4日). 2002年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  2. ^ (12月4日)バンチ投手と契約/ポスト宣、3Aで10勝 防御率1位”. 中日スポーツ (1999年12月4日). 2000年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月18日閲覧。
  3. ^ a b バンチ ノーヒットノーラン 「マシンガン」ばっちり抑えた”. 中日スポーツ (2000年4月8日). 2001年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  4. ^ a b c バンチ10勝 球団初外国人1年目2ケタ”. 中日スポーツ (2000年8月23日). 2001年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  5. ^ 年度別成績 2000年 セントラル・リーグ”. NPB(一般社団法人日本野球機構). 2022年4月20日閲覧。
  6. ^ a b 沢村賞に広島・ジョンソン 外国選手は64年のバッキー以来2人目 (1/2ページ)」『SANSPO.COM産業経済新聞社、2016年10月24日、1面。2020年6月15日閲覧。オリジナルの2020年6月15日時点におけるアーカイブ。
  7. ^ a b 「沢村賞」該当者なし」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2000年10月25日。2001年1月11日閲覧。オリジナルの2001年1月11日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ 沢村賞該当者なしは選考基準緩めた89年以降2度目」『日刊スポーツ』スポーツニッポン新聞社、2019年10月21日。2020年6月15日閲覧。オリジナルの2020年6月15日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ a b バンチ 初回2失点で目が覚めた”. 中日スポーツ (2001年7月28日). 2002年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  10. ^ a b バンチ10勝 竜7連敗でストップ”. 中日スポーツ (2001年10月1日). 2002年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  11. ^ バンチ打球直撃 右ひじ打撲で緊急降板”. 中日スポーツ (2002年3月25日). 2004年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  12. ^ a b c バンチ 吠えた!! 「山田監督、心からおめでとう」”. 中日スポーツ (2002年4月3日). 2004年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  13. ^ この本塁打は公式戦で福岡ドームで投手が打った初めての本塁打となった。
  14. ^ バンチ続投 なぜだ”. 中日スポーツ (2002年7月31日). 2004年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  15. ^ バンチ緊急入院 不整脈?きょう午後検査結果発表”. 中日スポーツ (2002年8月7日). 2004年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月20日閲覧。
  16. ^ 足木敏郎『ドラゴンズ裏方人生57年』、268-269頁。 [
  17. ^ a b 星野阪神Vの使者 新外国人に前中日バンチ急浮上 00年ノーヒットノーラン&最多勝「星野監督の役に立ちたい」」『大阪日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞西日本、2003年5月20日。2003年6月6日閲覧。オリジナルの2003年6月6日時点におけるアーカイブ。
  18. ^ 足木敏郎『ドラゴンズ裏方人生57年』、269頁。 
  19. ^ 足木敏郎『ドラゴンズ裏方人生57年』、267-8頁。 
  20. ^ 足木敏郎『ドラゴンズ裏方人生57年』、266-267頁。 

参考文献 編集

  • 足木敏郎『ドラゴンズ裏方人生57年』中日新聞社、2009年。ISBN 9784806206040 

関連項目 編集

外部リンク 編集