メインメニューを開く

メルポメネー

ギリシア神話に登場する文芸の神。ムーサイの1神、悲劇、挽歌を司る
Hesiod and the Muse, 1891 - 油絵、オルセー美術館(パリ): ギュスターヴ・モロー

メルポメネー古希: Μελπομένη, Melpomenē)は、ギリシア神話に登場する文芸の女神ムーサたち(ムーサイ)の1柱である。その名は「女性歌手」の意。長母音を省略してメルポメネとも表記される。

すべてのムーサたちと同じく大神ゼウスムネーモシュネーの娘で、カリオペークレイオーエウテルペーエラトーテルプシコレーウーラニアータレイアポリュムニアーと姉妹[1][2][3]。絵画などでは有翼の女性として表される事もある。

9柱のムーサたちのうち、「悲劇」「挽歌」を司る。楽器リュラーの女神でもあり、表される際の持ち物は、仮面・葡萄の冠・靴などであるが、この様にムーサたちが細分化されたのはローマ時代のかなり後期になってからである。

河神アケローオスとの間にセイレーンたちをもうけた[4]。ただしこれはカリオペーやテルプシコラーとする説もある。また音楽家タミュリスもメルポメネーの子といわれる[5]

脚注編集

  1. ^ ヘーシオドス、76行-79行。
  2. ^ ヘーシオドス、915行-917行。
  3. ^ アポロドーロス、1巻3・1。
  4. ^ アポロドーロス、1巻3・4。
  5. ^ エウリーピデースレーソス』347行への古註(ワルター・F・オットー、p.110)。

参考文献編集

関連事項編集