メインメニューを開く

メルヴィンズ (Melvins)は、アメリカ合衆国出身のロックバンド。長年トリオ編成で活動していたが、2006年からは2人のドラマーを擁する4ピース・バンドとして活動している。また、ライブでは時折、サイド・ギタリストを迎え入れる。

メルヴィンズ
Melvins
Melvins live 20061013.jpg
2006年10月 左からバズ、コーディー、
(ドラムに隠れて)デイル、ジャレド
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州 モンテサノ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
オルタナティヴ・メタル
グランジ
ドゥームメタル
ノイズロック
ハードコア・パンク (初期)
活動期間 1982年 -
レーベル アトランティック・レコード, イピキャック・レコーディングス, C/Z, Man's Ruin, Alternative Tentacles, Alchemy, Boner, Amphetamine Reptile, Slap A Ham
共同作業者 ニルヴァーナ
デッド・ケネディーズ
トゥール
ファントマス
フィーカル・マター
Altamont
Big Business
Lustmord
Porn
The Cows
The Murder City Devils
Thrones
公式サイト †M†E†L†V†I†N†S†
メンバー バズ・オズボーン
デイル・クローヴァー
ジャレド・ウォーレン
コーディー・ウィリス

バンド名はオズボーンが従業員として働いていたモンテサノ市にある「Thriftway」というスーパースーパーヴァイザーの名前に由来。そのメルヴィン (Melvin)氏は、他の従業員から非常に軽蔑されていて、バンドのメンバーも程よく馬鹿げた名前になると感じ取って、これを取って命名した。

目次

来歴編集

メルヴィンズは1980年初頭、バズ・オズボーンマット・ルーキンマイク・ディラードの3人が通っていたワシントン州モンテサノ市にある高校で結成された。結成当初はザ・フージミ・ヘンドリックスのカヴァーをしていて、次第に高速なハードコア・パンクを演奏し始めるようになった。ディラードの脱退後、デイル・クローヴァーが参加した際に、バンドは練習の場をワシントン州アバディーン市にあるクローヴァーの実家の奥の部屋に移した。その後すぐに、彼らは他の誰よりも遅くて"重い"曲を演奏し始めた。

1985年、全6曲を収録したEP盤アルバムをリリース。のちに、このアルバムには数曲か追加する形で再発され、最終的には全26曲となった。翌1986年、彼らにとって初めてのフルアルバムとなる『Gluey Porch Treatments』をリリース。当時は、ハードコアの影響の強い曲が多く、ほとんどの演奏時間は短く、現在のテンポの遅い、重めなサウンドの楽曲は比較的少なかった。

1987年、ルーキンが方向性の違いにより、バンドから離脱[1]。ルーキンの脱退後の翌年、2人は活動拠点地をカリフォルニア州サンフランシスコに移す。

引っ越した際に知り合った、女性ミュージシャン、ロリー・ブラック(かつての名子役、シャーリー・テンプルの次女にあたる)を新しいベーシストに迎え、アルバム『Ozma』を録音し、リリースする。彼女の在籍時より、現在のスラッジな作風が徐々に確立され、1991年にリリースされたアルバム『Bullhead』では、「Boris」など重々しい作風の楽曲が収録され、演奏時間の長い楽曲も多くなった。ちなみに、同アルバムはファンからの評判は高く、バンドのなかでも代表傑作であるという評価も多い。他にもEPやライブ・アルバムなど数枚ほど制作するも、ロリーが一身上の都合により離脱。新たなメンバーとして、長年バンドの大ファンだった元アースジョー・プレストンが加入するも、音楽性の違いから、長くは在籍しなかった。

その後、1993年にメジャー・デビューするまでロリーが復帰した。同年、アトランティック・レコードと契約を交わすことに成功し、アルバム『フーディーニ』を同レーベルよりリリース。メジャーデビューを果たした。デイルが参加したことのあるバンドニルヴァーナのギタリスト、ボーカリストで、メルヴィンズとは私生活上関係の深かったカート・コバーンが、アルバムの何曲かのプロデュースを手掛け、収録曲の「Sky Pup」でギタリストとして参加し、「Spread Eagle Beagle」ではパーカッションを演奏した[2]。その直後、ロリーが技術上の問題からバンドを解雇される。バズはその理由に関して「彼女は勤労意欲に欠けていた」とだけ述べ、インタビューでは明確な答えを出していない[3]が、実際にはロリーのヘロイン中毒の症状が悪化して音楽活動に支障をきたしていたためである。バズは、お金ばっかりがかかったと評し、このアルバムの出来に対しては不満を持っている。しかし、現在でもファンからの評判の高いアルバムの一つとなっている。

脱退したロリーの代わりに、『Gluey Porch Treatments』のリリース元の代表者だった音楽プロデューサー兼ミュージシャンであるマーク・デュートロムが、バズとデイルから依頼されて加入する。彼自身は『Houdini』のレコーディングには参加していないものの、収録曲の一つの「Lizzy」や「Honey Bucket」のPVにおいてベースを演奏している姿が確認できる。その後、1994年に『ストーナー・ウィッチ』を発表。通常のオルタナティヴ・ロックとは異なったヘヴィーな作風を目指すも、前作ほどヒットしなかった。ちなみに、同アルバムより、バズの配偶者であるマッキーがアートワークを担当するようになる。そのため、1996年に発表したアルバム『スタッグ』を持って、アトランティック・レコードとの契約を終了した。その後も、インディーズでバンドは継続的に活動したが、1998年に、デュートロムがソロ活動に専念したいという意向と、住居上の問題[4]からバンドでの活動との両立が困難になったことからバンドを脱退した。

後任として、オーディションの結果、元カウズのベーシストであるケヴィン・ラトマニスがバンドに加わった。同時に、友達を通して知り合ったマイク・パットンの設立したレーベル・イピキャック・レコーディングスに移籍する。これに伴い、ロサンゼルスを活動の拠点地に移した。花の写真をジャケットに採用した3枚のアルバム『The Maggot』、『The Bootlicker』、『The Crybaby』をリリース。作風の違いによって、三枚のアルバムに分けて収録する。それぞれ、歪んだギターの音色を特徴とするヘヴィーな作風の楽曲、アコースティックな音色を用いた楽曲、他のアーティストとのコラボレーション楽曲が中心になっている。同時に、バズがファントマスのメンバーとしての活動も開始。ケヴィンの演奏技術は、メンバーのみならずファンからも好評だった。しかし、ケヴィンが、途中よりライブの出演をドタキャンすることが多くなり、代役のベーシストが参加するようになった。その後、2005年初夏をもってバンドから脱退[5]

2006年に、2ピース・バンドとして活動しているビッグ・ビジネスジャレド・ウォーレンコーディー・ウィリスの2人を迎え、これまでの3ピース体制から、ツイン・ドラム形式の4ピースバンドとしての活動を開始。当初は、ジャレッドのみを採用する予定でいたが、コーディーの演奏を見た2人が、コーディの演奏を気に入り、その実力を買って、そのまま2人とも引き抜かれることになったとのこと。力強いドラムサウンドや、メンバー全員による歌唱(メイン・ボーカルをバズが、コーラスを他の三人が担当する)を特徴とするようになる。以降は、この面子で活動を続けている。

最近では、バズとデイルが、ベーシストのトレヴァー・ダンと共同で、2012年より「メルヴィンズ・ライト」としての活動もスタート。人数は、ジャレッドとコーディが加わる以前と同じく3人組となっている。トレヴァーは、バズの参加しているサイドプロジェクト・ファントマスのバンドメイトであり、過去にもバンドのライブにも時々サポートメンバーで参加していた。ただし、このプロジェクトの大きな特徴として、トレヴァーはエレキベースではなく、コントラバスを演奏。また、バズやデイルもアンティーク物の楽器を使用するなど、古風なロック音楽を彷彿とする作風を目指す。

彼ら2人は他にも、元メンバーのマイク・ディラードを迎え、「結成当初と同じメンバー」[6]という触れ込みで、不定期にライブを開催(ディラードは、サポート扱い)。2012年には、この面子で制作されたEP盤アルバム『1983』がリリースされた。このように、従来のヘヴィーな作風にこだわらず、幅広い演奏スタイルを繰り広げた。

2013年より、ベース担当のジャレッドが家庭の優先のために活動を休止したことにより、代役としてバットホール・サーファーズのジェフ・ピンカスを迎えて活動。また、サイドギタリストとして、同バンドのポール・レアリーも、メルヴィンズのツアーにゲスト出演。

2014年、現在のライブ・ツアーでの編成で新アルバム『ホールド・イット・イン』をリリース。

2015年、11月に新木場STUDIO COASTで開催されたHostess Club Weekenderに出演[7]

音楽性編集

ブラック・フラッグのアルバム『マイ・ウォー』時代の攻撃的なパンク・ロックハードコア・パンクと、スワンズやフリッパー(FLIPPER)のようなノー・ウェイヴ的なノイズ・ロックからの影響が見られ、広義のヘヴィ・ロック、スラッジ・コア(広義のストーナーロック)に相似のアプローチをとる。しかし音楽に対しての彼らの特異な取り組みや、「Prick」や「Colossus of Destiny」などの作品に代表される悪ふざけ的でもあるユーモアにあふれた実験音楽的なアプローチは、特定のジャンルに分類することは難しい。バズ・オズボーンは彼らがよく比較されるブラック・サバスよりもブラック・フラッグのギターにより影響されていると明言している[8]。非常に鈍重なテンポで引きずるようなタメを効かせたスラッジーなサウンドはシアトルを中心としたグランジのシーンに多大な影響を与えた。特にニルヴァーナサウンドガーデンなどといった後にメインストリームを席巻するバンドに影響を垣間見ることができ、グランジの産みの親と言っても過言ではない。他にもクロウバーアイヘイトゴッドといったスラッジの後続は無論、トゥール[9]マストドン[10][11]ニューロシス[12]アイシス[13]など、テクニカルないしプログレッシヴなアプローチのバンドも含め、広いヘヴィ・ロックシーンにまで影響を与えている。日本スラッジメタルバンド、BORISは『Bullhead』の収録曲"Boris"に由来する[14]

エピソード編集

ニルヴァーナとの関係編集

ドラマーのデイル・クローヴァーの出身地のアバディーンに住んでいたカート・コバーンは、クローヴァーの良き友人であると同時に熱狂的なメルヴィンズのファンであった。きっかけは、カートが高校生の頃、バズと知り合ったことだった。カートは、バズからブラック・フラッグなどのレコードやカセットを貸してもらい、自身のギターの練習に活用していた。一時期、カートが結成していたバンド・フィーカル・マターで、ドラマーとして、デイルや、マイク・ディラード、ベースにオズボーンを迎えていた時期もある。しかし、バズがメルヴィンズとしての活動で忙しいこともあって、バンドは解散した。

また、メルヴィンズのコンサートにも、何回か機材を運ぶローディーとして参加したことがある。他にも、カートは、ベーシストとしてメルヴィンズのオーディションに受けたこともあるが、緊張し過ぎて、すべての曲を忘れてしまったことにより不合格となっている。

その後も、メルヴィンズのメジャー・デビューアルバム『フーディーニ』の数曲のプロデュースを手掛けたほか、数曲ほどバック・ミュージシャンとして参加するなど、カートが亡くなるまでバントとの親交は続いた。また、ドラムを務めていたデイヴ・グロールは、元々バズの知人であった。彼の紹介でニルヴァーナのドラムのオーディションに参加し、見事にメンバー入りを果たした。

他にも、バンドは、ニルヴァーナのライブでも何度か前座を務めていた。カートが亡くなる約一ヵ月前にミュンヘンで開催されたライブでも、前座として出演。このとき、舞台裏でカートから「これからはソロでやっていくつもりだ」と囁かれたという。一ヵ月後、カートが自殺を図り、皮肉にもこれがカートとバンドの最後のやり取りになってしまった。

なお、これは余談であるが、1994年にリリースされたアルバム『Prick』は、元々カートの名前を冠するつもりでリリースする予定であったが、彼の突然の死を受けて、タイトルの変更を余儀なくされている。

後に、1999年にリリースしたアルバム『The Crybaby』では、彼らの代表曲であった「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を、ゲスト・ボーカルにレイフ・ギャレットを迎えてカバーしている。

2度の大地震に遭遇編集

ニュージーランドクライストチャーチの空港で、メンバーは2011年2月に発生したカンタベリー地震に遭遇している。その後日本東京に滞在中、再度大きな地震の揺れに遭遇した。バンドのFacebook上で「2週間の間に2つの別の大陸で大きな地震に遭遇した」と語っている[15]

メンバー編集

サポートおよびツアーメンバー編集

  • トレヴァー・ダン - ベース、ボーカル (2005年–2009年、2012年-(「メルヴィンズ・ライト」として))
  • マイク・ディラード - ドラム (1983年–1984年、2008年–2009年 ※サポート・メンバーとして、2012年- ※「メルヴィンズ・1983」として)
  • ジェフ・ピンカス - ベース (2013年-) ※ジャレドの代役として不定期で参加。
  • ポール・レアリー - ギター (2013年-)
  • スティーヴン・マクドナルド - ベース (2016年-) ※ジャレドの代役として不定期で参加。
  • クリス・ノヴォセリック - ベース (2016年)

旧メンバー編集

  • マイク・ディラード - ドラム (1983年–1984年)
  • マット・ルーキン - ベース (1983年–1987年)
  • ロリー・ブラック - ベース (1987年–1991年、1992年–1993年)
  • ジョー・プレストン - ベース (1991年–1992年)
  • マーク・デュートロム - ベース、ギター (1993年–1998年)
  • ケヴィン・ラトマニス - ベース (1998年–2005年)

過去のサポートおよびツアーメンバー編集

  • トム・フリン - ベース (1990年)
  • デイヴ・サイダック - ベース (1993年)
  • デイヴィド・スコット・ストーン - ギター、ベース (1997年–2005年)
  • アダム・ジョーンズ - ギター、ベース (1998年、2002年、2004年、2005年、2008年)
  • ジェロ・ビアフラ - ボーカル (2004年–2005年、2008年)


 

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • Gluey Porch Treatments (1987年、Alchemy Records)
  • Ozma (1989年、Boner Records)
  • Bullhead (1991年、Boner Records)
  • Lysol (aka Melvins) (1992年、Boner Records)
  • フーディーニ』 - Houdini (1993年、アトランティック・レコード)
  • Prick (1994年、Amphetamine Reptile Records)
  • 『ストーナー・ウィッチ』 - Stoner Witch (1994年、アトランティック・レコード)
  • 『スタッグ』 - Stag (1996年、アトランティック・レコード)
  • Honky (1997年、Amphetamine Reptile Records)
  • The Maggot (1999年、イピキャック・レコーディングス)
  • The Bootlicker (1999年、イピキャック・レコーディングス)
  • The Crybaby (2000年、イピキャック・レコーディングス)
  • Electroretard (2001年、Man's Ruin Records)
  • 『ホスタイル・アンビエント・テイクオーヴァー』 - Hostile Ambient Takeover (2002年、イピキャック・レコーディングス)
  • Pigs of the Roman Empire (2004年、イピキャック・レコーディングス) ※with ラストモード
  • Never Breathe What You Can't See (2004年、Alternative Tentacles) ※with ジェロ・ビアフラ
  • Sieg Howdy! (2005年、Alternative Tentacles) ※with ジェロ・ビアフラ
  • (A) Senile Animal (2006年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『ヌード・ウィズ・ブーツ』 - Nude With Boots (2008年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『ザ・ブライド・スクリームド・マーダー』 - The Bride Screamed Murder (2010年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『フリーク・ピューク』 - Freak Puke (2012年、イピキャック・レコーディングス) ※メルヴィンズ・ライト名義
  • 『エブリバディ・ラヴズ・ソーセージズ』 - Everybody Loves Sausages (2013年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『トレス・カブローネス』 - Tres Cabrones (2013年、イピキャック・レコーディングス) ※メルヴィンズ・1983名義
  • 『ホールド・イット・イン』 - Hold It In (2014年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『スリー・メン・アンド・ア・ベイビー』 - Three Men and a Baby (2016年、サブ・ポップ) ※マイク&ザ・メルヴィンズ名義
  • 『ベーシズ・ローデッド』 - Basses Loaded (2016年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』 - A Walk with Love & Death (2017年、イピキャック・レコーディングス)
  • 『ピンカス・アボーション・テクニシャン』 - Pinkus Abortion Technician (2018年、イピキャック・レコーディングス)

EP編集

  • Six Songs (1986年)
  • Eggnog (1991年)
  • King Buzzo (1992年)
  • Dale Crover (1992年)
  • Joe Preston (1992年)
  • Smash The State (2007年)
  • Sludge Glamorous (2010年)
  • Split with Isis (2010年)
  • Hurray For Me, Fuk You (2010年)
  • The Bulls and The Bees (2012年)
  • 1983 (2012年)
  • Gaylord (2013年)
  • Bride of Crankenstein (2014年)
  • Beer Hippy (2015年)
  • Sabbath (2018年)

ライブ・アルバム編集

  • Your Choice Live Series Vol.12 (1991年)
  • Alive at the Fucker Club (1998年)
  • Live at Slim's 8-Track Tape (1998年)
  • Colossus of Destiny (2001年)
  • Millennium Monsterwork 2000 (2002年) w/Fantômas
  • A Live History of Gluttony and Lust Houdini Live 2005 (2006年)
  • The End (2008年)
  • Melvins vs. Minneapolis (2008年)
  • Pick Your Battles (2009年)
  • Endless Residency (2011年) ※4CDボックスセット
  • 『シュガー・ダディ・ライヴ』 - Sugar Daddy Live (2011年)
  • Melvins Live at Third Man Records (2013年)

コンピレーション・アルバム編集

  • Singles 1–12 (1997年)
  • The Trilogy Vinyl (2000年)
  • 26 Songs (2003年)
  • 『メルヴィンマニア - ザ・ベスト・オブ・ジ・アトランティック・イヤーズ 1993-1996』 - Melvinmania: Best of the Atlantic Years 1993–1996 (2003年)
  • Neither Here nor There (2004年)
  • Mangled Demos from 1983 (2005年)
  • Manchild 3: The Making Love Demos (2007年)
  • 『チキン・スイッチ』 - Chicken Switch (2009年)
  • Cover Songs (2010年)
  • Ipecac Box Set (2010年)
  • 『ザ・ブルズ&ザ・ビーズ+エレクトロリタード』 - The Bulls and The Bees + Electroretard (2015年)

脚注・参考資料編集

  1. ^ 後に、彼はマッドハニーを結成するも、2001年1月に脱退し、現在は音楽活動から引退している。
  2. ^ ただし実際にはカート自身には、プロデュースの経験がなく、レコーディング中、カートとバンドの意見の食い違いが生じたり、カートとバンドとのスケジュールが合わなかったりしたため、実質上は名義上のみとなっている(バズ曰く、「カートはプロデューサーとしては、本当にどうしようもなかった。だから、事実上彼には降りてもらった」とのこと)(『フーディーニ』(2011年再発盤)の山崎智之によるライナーノーツより)
  3. ^ 『フーディーニ』(2011年再発盤)の同上のライナーノーツより。なお、実際に彼女がどれほどこのアルバムの収録に関与したかは未だに不明だが、少なくともアルバムが製作される途中には既に辞めさせられた可能性が高いとされている。(実際バズもインタビュー、彼女がほとんど製作に参与していないことを示唆する発言をしている)
  4. ^ バズとデイルはカリフォリニア在住だが、当時、デュートロムはテキサス州に住んでいたため。
  5. ^ 理由は正確には不明だが、薬物中毒などの私生活でのトラブルだったとされる。同時に彼が参与していたサイド・プロジェクトでの活動も、実質上バンドから解雇される形で停止している。
  6. ^ ただし、ベーシストのマット・ルーキンは不参加。彼のパートはデイルが担当。
  7. ^ Hostess Club Weekender 2015.NOV 11月22日(日)出演
  8. ^ The Melvins' King Buzzo Lays Down the Rules on Guitar Playing, “Hot Topic” Punk, and What You Ought to Know About Music”. GIBSON.COM (2008年6月20日). 2013年10月24日閲覧。
  9. ^ Tool interview in Alternative Press from March 1997”. Toolshed.down.net. 2013年10月24日閲覧。
  10. ^ VOL. 1, Issue 20, FREE LIKE YOU”. Rank and Revue. 2013年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  11. ^ Kerrang! - Dave Grohl's Wembley preview - May '08”. Fooarchive.com. 2013年10月24日閲覧。
  12. ^ Interview with Scott Kelly of Neurosis”. Ram.org (2000年10月17日). 2013年10月24日閲覧。
  13. ^ Caramanica, Jon (2005年9月20日). “The alchemy of art-world heavy metal”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/09/19/arts/19iht-heavy.html 2013年10月24日閲覧。 
  14. ^ York, William. “Boris”. AllMusic. 2013年10月24日閲覧。
  15. ^ 日本とニュージーランドで2度の大地震に遭遇したアメリカのロックバンド シネマトゥデイ 2011年3月15日

外部リンク編集