メインメニューを開く

メルビン・ホール・ジュニアMelvin Hall Jr. , 1960年9月16日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ウェイン郡出身の元プロ野球選手外野手)。

メル・ホール
Mel Hall
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ウェイン郡
生年月日 (1960-09-16) 1960年9月16日(59歳)
身長
体重
186 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1978年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB / 1981年9月3日
NPB / 1993年4月10日
最終出場 MLB / 1996年5月21日
NPB / 1995年6月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1978年MLBドラフト2巡目でシカゴ・カブスに指名され契約、1981年9月3日にメジャーデビュー。1984年クリーブランド・インディアンス1989年ニューヨーク・ヤンキースと渡り歩いた。メジャーでは主に4番打者として活躍した。

1993年、当時2年連続最下位に低迷していた千葉ロッテマリーンズに推定年俸2億2000万円という破格の待遇で入団。4番打者として活躍し、チーム四冠王(打率、本塁打、打点、盗塁[1])で、OPSはリーグ一位だった。守備は得意ではなく、試合には全て指名打者で出場していた(翌年に外野手1試合)。

1994年も活躍したが、オフに就任したボビー・バレンタイン監督のチーム構想から外れて退団し中日ドラゴンズに移籍、中日では主に左翼手として出場した(外野手44試合、一塁手6試合)。当時本拠地だった狭いナゴヤ球場での本塁打量産が期待されたが、両膝の故障による不振のため1995年の1シーズン限りで退団となった。中日時代のホールは守備時もヘルメット(耳当ての無いタイプ)を着用して守備に就いていた。

1996年サンフランシスコ・ジャイアンツでメジャー復帰を果たした。2002年から2003年まではアメリカ独立リーグセントラルリーグにてプレー。2002年はフォートワース・キャッツおよびスプリングフィールド・オザークマウンテンダックスで、2003年はコースタルベンド・エイビエーターズでプレーし、2003年限りで現役を引退した。

2007年6月、ホールはバスケットボールのコーチをしていた1998年1999年当時の教え子である未成年の女子2人(当時12歳と14歳)に対するわいせつ行為により逮捕された。最終的にある児童に対する3度の強姦罪と別の児童に対する2度の猥褻罪で有罪とされ、2009年6月に裁判で禁固45年の刑を命じられ、仮釈放にも22年と4ヶ月を要するものとなった[2][3]

人物編集

ロッテ時代のチームメイト愛甲猛は著書で「史上最低の野球選手」という題でホールを酷評し、「ロッテ時代は指名打者としての出場がメインだったので、自分の打席が終わると、いつも隣の控室でテレビゲームをして遊んでいた。あまりの酷さにチームメイトのマックス・ベナブルと掴み合いのケンカになったこともある。」と述べている[4]。愛甲と同じく小宮山悟も同様の発言をしている[5]

ヘンスリー・ミューレンス(以下ミューレンと表記)は実績の違い[6]を理由に使い走りをさせたり、ロッカーをいじられるなどかなりいじめられていたとのことで、当時の八木沢荘六監督にも2度注意をされていたという。ミューレンはこのホールの件に関し、「ホールは嫌な奴だった。二度と思い出したくない」と語っている。結局、1994年限りで2人ともロッテを退団している[7]。中日に移籍した1995年は、アロンゾ・パウエルに対してもミューレン同様に尊大な態度をとっていた。またヤンキース時代にはバーニー・ウィリアムスを虐めていた。

中日時代のチームメート山﨑武司は出演したラジオ番組で、自身が見てきた中で一番にダメだった外国人選手と酷評しており、大リーグの実績を鼻に掛け、日本の野球を見下す態度をあからさまに示し、使用するグローブを座布団の代わりとして尻に敷いていた事だけでなく、先述のミューレンを虐めていた事にも触れて「人としてそれはどうなのか」 と述べている。そして先述の猥褻事件により現在は服役中である事を教えられると呆れたように「俺の目は間違ってなかった」と述べると同時に「あれだけメジャーで活躍したのに残念すぎる」とも語っていた。

ロッテでの応援歌の原曲はワーナー・ランバート(アダムス)(当時)ののど飴ホールズ」のCMで使われていた歌(ホールとホールズを掛けたもの)であった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1981 CHC 10 12 11 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .091 .167 .364 .530
1982 24 88 80 6 21 3 2 0 28 4 0 1 0 1 5 1 2 17 0 .263 .318 .350 .668
1983 112 458 410 60 116 23 5 17 200 56 6 6 1 2 42 6 3 101 4 .283 .352 .488 .840
1984 48 164 150 25 42 11 3 4 71 22 2 1 0 2 12 3 0 23 2 .280 .329 .473 .803
CLE 83 299 257 43 66 13 1 7 102 30 1 1 0 5 35 5 2 55 3 .257 .344 .397 .741
'84計 131 463 407 68 108 24 4 11 173 52 3 2 0 7 47 8 2 78 5 .265 .339 .425 .764
1985 23 75 66 7 21 6 0 0 27 12 0 1 0 1 8 0 0 12 2 .318 .387 .409 .796
1986 140 480 442 68 131 29 2 18 218 77 6 2 0 3 33 8 2 65 8 .296 .346 .493 .839
1987 142 508 485 57 136 21 1 18 213 76 5 4 0 2 20 6 1 68 7 .280 .309 .439 .748
1988 150 553 515 69 144 32 4 6 202 71 7 3 2 8 28 12 0 50 8 .280 .312 .392 .704
1989 NYY 113 391 361 54 94 9 0 17 154 58 0 0 1 8 21 4 0 37 9 .260 .295 .427 .721
1990 113 371 360 41 93 23 2 12 156 46 0 0 0 3 6 2 2 46 7 .258 .272 .433 .706
1991 141 527 492 67 140 23 2 19 224 80 0 1 0 6 26 6 3 40 6 .285 .321 .445 .776
1992 152 622 583 67 163 36 3 15 250 81 4 2 0 9 29 4 1 53 13 .280 .310 .429 .739
1993 ロッテ 129 542 480 71 142 29 1 30 263 92 21 10 0 3 54 5 5 81 10 .296 .371 .548 .919
1994 119 509 459 69 127 29 1 22 224 80 13 8 0 6 42 8 2 84 8 .277 .336 .488 .824
1995 中日 50 191 178 20 42 5 0 12 83 35 2 1 0 4 9 2 0 28 7 .236 .267 .466 .733
1996 SF 25 27 25 3 3 0 0 0 3 5 0 0 0 1 1 0 0 4 0 .120 .148 .120 .268
MLB:13年 1276 4575 4237 568 1171 229 25 134 1852 620 31 22 4 51 267 57 16 575 69 .276 .318 .437 .755
NPB:3年 298 1242 1117 160 311 63 2 64 570 207 36 19 0 13 105 15 7 193 25 .278 .341 .510 .851

表彰編集

NPB

記録編集

NPB

背番号編集

  • 32 (1981年)
  • 27 (1982年 - 1992年)
  • 23 (1993年 - 1994年)
  • 7 (1995年)
  • 2 (1996年)

脚注編集

  1. ^ パ・リーグ公式サイトでは指名打者でのシーズン最多盗塁記録として記載されている。参照(記録メモ(個人打者編)
  2. ^ http://www.cbsnews.com/news/ex-mlb-player-sentenced-for-raping-minor/
  3. ^ 週現スペシャルプロ野球・Jリーグ・プロレス日本人が愛した助っ人・出稼ぎガイジン選手「あの人はいま」
  4. ^ 愛甲猛・著『愛甲猛のプロ野球ガチンコ観戦ノート』(オークラ出版/2010年9月28日初版発行)p.144より
  5. ^ 小宮山悟氏が「はらわたが煮えくり返った」助っ人外国人とは…
  6. ^ ホールが大リーガーだったのに対し、ミューレンは大リーグと3Aを行ったり来たりするレベルだった
  7. ^ しかしミューレンはホールと正反対にその人間性を高く買われており、ロッテ退団後に入団したヤクルトで1995年のリーグ優勝・日本一に貢献。帰国後もMLBコーチやオランダ代表監督として手腕を発揮しオランダ・ベアトリックス女王からナイトの称号を賜るなど、ホールとはまったく正反対の両極端ともいえる運命を辿っている。

関連項目編集

外部リンク編集