メレオロジー

部分と全体の関係

メレオロジー英語: mereology)とは、数理論理学言語学哲学専門用語で、部分全体関係part-whole relation)を扱う理論・視座・トピックのこと。もともとはスタニスワフ・レシニェフスキが数理論理学の文脈で用いた造語だが[1]、のちにそこから派生して様々な文脈で用いられるようになった。語源古典ギリシア語で「部分」を意味する「メロス」(μέρος)から。形容詞形はメレオロジカルメレオロジー的mereological)。

数理論理学編集

20世紀初頭のポーランド論理学者、レシニェフスキによって、数学基礎論数学の哲学の文脈で「メレオロジー」が提唱された。この場合のメレオロジーは集合論と対比される。

レシニェフスキのメレオロジーはその後、20世紀中期アメリカの論理学者かつ哲学者でもある、グッドマンクワインに継承された。それ以降、様々な文脈で用いられるようになった。

言語学編集

主に自然言語意味論語彙意味論)の文脈で、単語間の階層関係についての説明として、メレオロジーを念頭に「メロニミー」(en:Meronymy)または「メロノミー」(en:Meronomy)という用語で総称される単語群がある[2][3]。例えば「」にとっての「車輪」がこれにあたる。メロニミーは、「ハイポニミー」(en:Hyponymy)すなわち「車」にとっての「バス」と対比される。また、「ホロニミー」(en:Holonymy)すなわち「車輪」にとっての「車」とも対比される。メロニミーと関連する用語として、「換喩」と訳される「メトニミー」や、「提喩」と訳される「シネクドキ」といった修辞技法(レトリック)の用語がある。

また、英語文法における不可算名詞en:Mass noun、質量名詞、物質名詞)や複数(plural)についての説明の仕方の一つとしてメレオロジーが用いられることもある[1][4][5]。それと関連して、「質量名詞仮説」(mass noun hypothesis)という仮説がある[6][7]。すなわち、日本語朝鮮語中国語といった、文法上の数をもたない代わりに助数詞をもつ言語について、これらの言語はすべての名詞が不可算名詞であり、後述の一元論のように世界を捉えている、とする仮説である[7]。この仮説は、1968年のクワインによって、「ガヴァガイ」で有名な翻訳の不確定性英語版と関連して提唱された[8]。しかしその後、1990年代の飯田隆によって否定され[9]、クワイン自身もその否定を受け容れている[8]

哲学編集

主に現代分析哲学的な方法論による形而上学分析形而上学存在論オントロジー哲学的論理学言語哲学)の文脈で、もののあり方・・関係・同一性などについての説明の仕方の一つとして用いられる。わかりやすい応用例・喩え話として、砂山のパラドックステセウスの船『ミリンダ王の問い』の冒頭[10]などがある。主な論点・用法・学説としては以下がある。

  • 一部分と他の部分との関係
  • 一部分と全体との関係
  • 諸部分すべて(諸部分の総和・総体)と全体(一個のもの)との関係。「全体は諸部分の総和にすぎない」のか、それとも全体は何らかの実体をもつのか。
  • 「全体は諸部分の総和にすぎない」ならば、あらゆるものは人間が作り出した虚構名前だけの存在であり、この世には何ものも実在しない(メレオロジー的虚無主義en:Mereological nihilism[11]。何ものかが実在するとしても、それは極めて単純なもの(en:Simple)、すなわち無数の最小不可分な原子だけである(原子論)。もしくは無数の原子というより一個のひたすら巨大な「どろどろねばねばの塊」[12]としての世界だけである(一元論ブロブ、blob、blobject)。もしくは原子ですら無い無限に分割可能な「ずぶずぶの底なし沼[12]としての世界だけである(多元論、ガンク、en:Gunk、atomless gunk)
  • ものの同一性(通時的同一性)が、部分の増減・変化を受けても「持続する」(persistence)ということについての諸説。例えば、ものにとっての時間もまた部分の一種(時間的部分、en:Temporal parts)であるとみなし、それにより、ものの同一性を三次元ではなく四次元の観点から説明する説(四次元主義en:Four-dimensionalism)。四次元主義は、延続主義(延続説、en:Perdurantism)と重なる。延続主義・四次元主義は、耐続主義(耐続説、en:Endurantism)・三次元主義(three-dimensionalism)・メレオロジー的本質主義、en:Mereological essentialism)と対比される。
  • 諸部分が全体を「構成する」(複合的なものをつくる、composition)ということについての諸説(メレオロジー的和、mereological sum、universalism、restrictivism)
  • クラス類種関係、現代普遍論争en:Problem of universals)といった、他のトピックとメレオロジーとの関連性

また、そのような分析形而上学の用法から派生して、哲学史研究の視座の一つとして応用されることもある。例えば、古代ギリシア哲学において「メロス」(部分)は「ホロン」(全体、男性形: ホロス、ὅλος)や「ストイケイオン」(構成要素・元素στοιχεῖον)などとともに語られ、プラトンアリストテレスにおいても言及されている[13]。また例えば、トマス・アクィナスなどの西洋中世哲学史[14][15]フッサール現象学(いわゆる大陸哲学)、ライプニッツホワイトヘッドの思想などのうちにメレオロジーが見出されることもある。この他、ソクラテス以前の哲学者古代原子論者や、『ミリンダ王の問い』冒頭の「ナーガセーナ」(個人名)と「車」(牛車)の喩えや[10]諸子百家道家墨家名家における「体」(部分、拼音: 旧字体: 體)と「兼」(全体、拼音: jiān)の用法[16][17][18]といった、哲学史において等閑視されがちな非哲学者・東洋哲学史の思想のうちにメレオロジーが見出されることもある。

関連文献編集

入門編集

  • 大畑浩志 「時間論入門 第2回 変化とは何か—延続説・耐続説・段階説—」 『フィルカル4(2) 分析哲学と文化をつなぐ』 株式会社ミュー、2019年。ISBN 978-4943995227 
  • 倉田剛 『現代存在論講義 I ファンダメンタルズ』 新曜社、2017年4月。ISBN 978-4788515185 
  • 倉田剛 『現代存在論講義 II 物質的対象・種・虚構』 新曜社、2017年10月。ISBN 978-4788515444 
  • 鈴木生郎、秋葉剛史、谷川卓、倉田剛 『ワードマップ現代形而上学』 新曜社、2014年。ISBN 978-4788513662 
  • Mumford, Stephen (2012), Metaphysics: A Very Short Introduction, オックスフォード大学出版局, ISBN 978-0199657124 
    • スティーヴン・マンフォード 著、秋葉剛史、北村直彰 訳 『哲学がわかる 形而上学』 岩波書店、2017年。ISBN 978-4000612401 

専門編集

  • 飯田隆 『日本語と論理 哲学者、その謎に挑む』 NHK出版新書、2019年。ISBN 978-4140886007 
  • 柏端達也 『現代形而上学入門』 勁草書房、2017年。ISBN 978-4326154494 
  • 加地大介 『穴と境界―存在論的探究』 春秋社〈現代哲学への招待〉、2008年。ISBN 978-4393329061 
  • 中山康雄 『言語哲学から形而上学へ: 四次元主義哲学の新展開』 勁草書房、2019年。ISBN 978-4326154623 
  • 松田毅 編 『部分と全体の哲学: 歴史と現在』 春秋社、2014年。ISBN 978-4393323595 
    • 茶谷直人「アリストテレスにおける「部分」と「全体」」 / 加藤雅人「中世とトマス・アクィナス」 / ヘルベルト・ブレーガー 著、稲岡大志 訳「ライプニッツ哲学における全体と部分」 / 松田毅「フッサール現象学とメレオロジー」 / 中山康雄「四次元主義の存在論と認識論」 / 松田毅「ヴァン・インワーゲンの「生命」」 / 加地大介「虹と鏡像の存在論」 / 長坂一郎「機能のオントロジー」 / 齋藤暢人「メレオロジーの論理学」
  • Sider, Theodore (2002), Four Dimensionalism: An Ontology of Persistence and Time, Clarendon Press, ISBN 978-0199244430 
    • セオドア・サイダー 著 / 中山康雄 監訳 / 小山虎、齋藤暢人、鈴木生郎 訳 『四次元主義の哲学 持続と時間の存在論』 春秋社〈現代哲学への招待〉、2007年。ISBN 978-4393323137 

外部リンク編集

スタンフォード哲学百科事典(SEP)のうち多くの項目で "mereology" または "mereological" が言及されている(検索結果)。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 飯田 2019, p. Kindleの位置No.600-602(「複数表現の論理への二つのアプローチ」節).
  2. ^ #2811. 部分語と全体語 - hellog~英語史ブログ”. 堀田隆一(慶應義塾大学サーバー内). 2020年4月26日閲覧。
  3. ^ さらに別の表記として「パートノミー」(Partonomy)および「パート二ミー」(Partonymy)がある。
  4. ^ Nicolas, David (2018). Zalta, Edward N.. ed. The Logic of Mass Expressions (Winter 2018 ed.). スタンフォード哲学百科事典. https://plato.stanford.edu/archives/win2018/entries/logic-massexpress/ 
  5. ^ Linnebo, Øystein (2017). Zalta, Edward N.. ed. Plural Quantification (Summer 2017 ed.). スタンフォード哲学百科事典. https://plato.stanford.edu/archives/sum2017/entries/plural-quant/ 
  6. ^ 飯田隆「ワークショップ : "The mass-count distinction: philosophical, linguistic, and psychologicalperspectives"(6月8日 三田キャンパス東館6階 G-SECLab)」『Newsletter』第9巻、慶應義塾大学グローバルCOEプログラム論理と感性の先端的教育研究拠点、2009年。
  7. ^ a b 飯田 2019, p. Kindleの位置No.239.
  8. ^ a b 丹治信春 (2009) [1997]. クワイン ホーリズムの哲学. 平凡社〈平凡社ライブラリー〉(講談社〈現代思想の冒険者たち〉の増補版). pp. 243-247 
  9. ^ 飯田隆 (1998). “Professor Quine on Japanese Classifiers”. Annals of the Japan Association for Philosophy of Science (科学基礎論学会) 9-3: 111-118(1996年のクワインの京都賞受賞記念ワークショップにおける発表原稿). doi:10.4288/jafpos1956.9.111. 
  10. ^ a b c Henry, Desmond Paul (1989). “Mereology and Metaphysics: From Boethius of Dacia to Leśniewski”. The Vienna Circle and the Lvov-Warsaw School. 38. Dordrecht: Springer Netherlands. pp. 203–224. doi:10.1007/978-94-009-2829-9_11. ISBN 978-94-010-7773-6. http://link.springer.com/10.1007/978-94-009-2829-9_11 
  11. ^ 「メレオロジー的虚無主義」のより正確な定義としては、「複合的なもの(真部分をもつもの)は実在しないのだ」という立場。Sider, Theodore (2013). “Against Parthood”. Oxford Studies in Metaphysics 8: 237–293. https://philpapers.org/rec/SIDAP.  "composite entities (entities with proper parts) do not exist."
  12. ^ a b 柏端 2017, p. 53.
  13. ^ テアイテトス_(対話篇)#「真なる思いなし+言論」についての問答 / パルメニデス_(対話篇)#内容 / 形而上学_(アリストテレス)#第5巻_-_哲学用語辞典
  14. ^ a b 加藤雅人 (2019). 意味論の内と外 ―アクィナス 言語分析 メレオロジー. 関西大学出版部 
  15. ^ a b Arlig, Andrew (2019). Zalta, Edward N.. ed. Medieval Mereology (Fall 2019 ed.). スタンフォード哲学百科事典. https://plato.stanford.edu/archives/fall2019/entries/mereology-medieval/ 
  16. ^ Fraser, Chris (2018). Zalta, Edward N.. ed. Mohist Canons (Winter 2018 ed.). スタンフォード哲学百科事典. https://plato.stanford.edu/archives/win2018/entries/mohist-canons/ 
  17. ^ アンヌ・チャン:著 / 志野好伸・中島隆博・廣瀬玲子:共訳『中国思想史』知泉書館、2010年、132-143頁。ISBN 978-4862850850
  18. ^ 荘子』則陽篇(リンク)、『墨子』墨経(リンク(英語) - 中国哲学書電子化計画