メレテー古希: Μελέτη, Meletē)は、ギリシア神話女神で、「古きムーサ」とも呼ばれる、三柱のムーサのなかの一人である。他の女神は、アオイデームネーメーである。

ホメーロスとヘーシオドス編集

ホメーロスは、ムーサを一柱の詩の女神として呼びかけ歌っている。これが本来の姿であったとも考えられる。他方、ムーサたちの数を9人とし、その名を具体的に列挙したのは、ヘーシオドスで、『テオゴニア』においてその名を述べている。しかし、詩人の文学的構成とは別に、古代ギリシアの各地に古くから伝わっていた伝承では、ムーサの数はカリスモイライと同様に3柱とされていた。

アルクマーンの言葉編集

紀元前7世紀古代ギリシア抒情詩人アルクマーンは、ムーサたちが三柱で、その父と母は、ヘーシオドスが述べるように、ゼウスムネーモシュネーではなく、ウーラノスガイアであると述べたと古注に記されている。したがって、これらのムーサたちは、オリュムポスの芸術神ではなく、むしろティーターニデスの女神である。

パウサニアスの記録編集

現代の詩人ロバート・グレーヴスは、ムーサを「ヘリコーンの山の女神」としている。ヘーシオドスが霊感を受けたのはこの「山の女神」からであった。ムーサへの崇拝は、ヘリコーン山が本拠で、そこから少し西進した位置にアポローンの聖地であるデルポイがありパルナッソス山がある。ムーサたちは、この地で大いに芸術を披瀝し神々はそれに陶酔したとされる。

パウサニアスもまた『ギリシア案内記』で、ムーサたちの父はウーラノスであると記しており、さらに三柱のムーサの名は、メレテー、アオイデームネーメーであるとしている。こうしてメレテーは「古きムーサ」の一人の名である。その名の意味は「演出」であり、そこからムーサの「芸術の具体化を司る」側面が、この女神であると考えられる。

小惑星の名として編集

1857年に発見された小惑星56番は、この女神の名よりメレテと命名された。

参考文献編集

  • ホメーロス『オデュッセイア』岩波文庫。
  • ヘシオドス『神統記』岩波文庫。/53-79行/
  • ロバート・グレイヴス『ギリシア神話』1960年決定版 紀伊國屋書店(1998年新版・一巻本)。/13章4/
  • 呉茂一『ギリシア神話』新潮社、1969年版。/148-149頁/

外部リンク編集