メレンスキー・リーフ

メレンスキー・リーフ(Merensky Reef)南アフリカの北西部、リンポポ州ハウテン州ムプマランガ州にまたがるブッシュフェルト複合岩体(BIC)にある火成岩の層であり、その下にある層であるアッパーグループ2リーフ(UG2)のプラチナ族金属(PGM)またはプラチナ族元素(PGE)の埋蔵量世界一の鉱脈である。他にもパラジウム、ロジウム、ルテニウム、イリジウム、オスミウムなどが産出する。リーフの厚さは46cmで、薄いクロマイトの継ぎ目またはストリンガーで囲まれていて組成は主に堆積岩で構成されている。[1][2]

Map showing mines of the Bushveld Igneous Complex
メレンスキー・リーフの鉱山

組成編集

ブッシュフェルト複合岩体の主な組成であるアッパーグループ2リーフ(UG2)はクロム鉄鉱が豊富です。ただし、UG2リーフには、メレンスキーのニッケルの副産物が無いが、その埋蔵量はメレンスキーリーフのほぼ2倍になる可能性がある。全体として、メレンスキーリーフは、斜長岩またはノーライトで構成された下層であり、その上にクロミタイトの薄層がある。[3]さらに、全体的に長石質パイロキセナイトで構成される両方を覆う層がある。クロミタイト層は、一般的に大きな苦鉄質層状貫入岩で発生する。現在の理論は、化学的に原始的なマグマとより進化したマグマの導入と混合の結果としてクロム鉄鉱が形成され、その結果、混合物中のクロム鉄鉱が過飽和になり、マグマ溜りの床にほぼ単鉱物の層が形成されることを示唆している。[2]メレンスキーリーフの形成に関する主な説は、マグマが上昇して結晶化するにつれて蓄積および冷却されたマグマ源に由来する結晶化である。[4]しかし、結晶化の性質は複雑である。

構成相編集

メレンスキーリーフは5つの異なる層で構成されている。[5]

第一層はまだらになった斜長岩あるいは輝石、ポイキリティックとダークカラーバンドで構成されている。まだらにされた斜長岩は、微量の石英チタン、アパタイト鉱物で構成されている。

2番目の層は、基底クロミタイトの非常に不規則な粒子であるメレンスキークロミタイトである。

3番目の層はメレンスキー・クロミタイトを含む2番目の層と似ているが、基本的なクロミタイトはコンパクトでサイズが小さくなっている。

4番目の層はメレンスキー・ペグマタイトで、厚さ約2.6cmの粗粒ケイ酸塩で構成されている。第4層にはクロマイトはまばらで硫化物が存在する。

5番目の層はメレンスキー・メラノライトで、細粒の黄銅鉱石英長石が豊富なマトリックスになっている。

全岩化学編集

 
メレンスキーリーフから産出した硫化クロミタイト(サンプルサイズ:45 mm)

メレンスキーリーフには高濃度のクロミタイトが含まれている。ただし、クロミタイトの中に含まれているイリジウムルテニウムロジウムプラチナの量が互いに異なる。[5]ヒ素カドミウムスズテルルなどの微量元素の濃縮が報告されている。メレンスキーリーフは、原始的なマントル、層状の貫入岩、ニッケルが存在するため、プラトリーフに似ている。メレンスキータイプの鉱脈はオルソマグマティックとハイドロマグマティックの2つのカテゴリーに分けられている。[6]オルソマグマティックグループは、白金族元素の鉱化作用で構成されている。ハイドロマグマティックグループは、白金族元素の鉱化作用から、固体の堆積物の山から分離する揮発性物質に富む流体への鉱化作用で構成されている。

結晶編集

メレンスキーリーフの結晶化がどのように起こったかを推測するいくつかの説がある。メレンスキーリーフの最初に受け入れられた仮説は、クロム鉄鉱の結晶化がハイブリッドメルトと新しいマグマと常在マグマの有意な横方向の混合に起因することを示唆している。[6]

具体的には最初の仮説は、PGE濃度の高さが硫化物とケイ酸塩の溶融に起因することを示唆している。硫化物溶融物は緻密であり、チャンバの床にマグマカラムを通して溶融物の沈殿は、混合が発生させているため溶融物はこの仮説に重要な役割を果たしている。ある理論は、ハイブリッドメルトと横方向の混合に起因するクロマイトの結晶化を示唆している。[7]結晶化がクロマイトと硫化物の液滴に由来することを示唆する別の理論もある。[8]しかし、結晶化は、定置されたマグマが屋根の岩石の溶融物と融合することに起因するという別の理論もある。[9]ルーフロックメルトの理論では、新しいマグマとシリカに富む常駐メルトの間に汚染があった。クロマイト粒子がPGM結晶を引き付けたため、汚染によりクロマイトとPGMの結晶化が生じた。結晶化後、結晶は崩壊する縁に運ばれ、クロミタイトとPGEの層を形成した。

歴史編集

ブッシュフェルト複合岩体のクロミタイトは、ホールとハンフリーによって最初に発見された。 [7]南アフリカで最初にプラチナが産出したのはイーストランドのいくつかの大規模な金鉱山で、最初の別のプラチナ鉱山は、非常に斑点のある石英礁で機能するナブームスプロイト近くの短期間のベンチャーでした。ブッシュフェルト複合岩体堆積物の発見は、1924年にライデンバーグ地区の農民であるA.F.ロンバードによって行われた。 長さは約80キロメートルと記録された。[2] [10]これは沖積堆積物だったが、その重要性はブッシュフェルト複合岩体の主要な発生源を発見し、1930年までに数百キロメートルにわたって追跡したハンスメレンスキー[4] 1950年代に排気ガスの汚染防止に使用される白金族金属の需要が急増し、経済的に利用できるようになるまで、鉱脈の大規模な採掘は行われなかった。 UG2クロミタイトからの金属の抽出は、冶金学の大きな進歩とともに1970年代になってから行うことが出来るようになった。最初の鉱山の鉱脈はクロムに富むUG2プラチナの抽出に集中してロンミン鉱山と名付けられた。[11]

出典編集

  1. ^ Barnes, Sarah-Jane (January 2002). “Platinum-group Elements and Microstructures of Normal Merensky Reef from Impala Platinum Mines, Bushveld Complex”. Journal of Petrology 43 (1): 103–128. doi:10.1093/petrology/43.1.103. 
  2. ^ a b c [Geology for South African Students. CNA Ltd South Africa]
  3. ^ Cawthorn, R.Grant; Boerst, Kevin (March 2006). “Origin of the Pegmatitic Pyroxenite in the Merensky Unit, Bushveld Complex, South Africa”. Journal of Petrology 47 (8): 1509–1530. doi:10.1093/petrology/egl017. https://academic.oup.com/petrology/article/47/8/1509/1575749. 
  4. ^ a b Mathez, E,A. (1995). MagmaUc metasomaUsm and formation of the Merensky reef, Bushveld Complex. Contrib Mineral Petrol 119, 277-286.
  5. ^ a b Hutchinson, Dave; Foster, Jeffery (January 2015). “Concentration of particulate platinum-group minerals during magma emplacement; a case study from the Merensky Reef, Bushveld Complex”. Journal of Petrology 56: 113–159. doi:10.1093/petrology/egu073. https://academic.oup.com/petrology/article/56/1/113/1434983. 
  6. ^ a b Latypov, Rais; Chistyakova, Sofya; Page, Alan; Hornsey, Richard (July 2015). “Field Evidence for the In Situ Crystallization of the Merensky Reef”. Journal of Petrology 56 (12): 2341–2372. doi:10.1093/petrology/egv023. 
  7. ^ a b Scoon, Roger (August 1994). “Platinum-group element mineralization in the critical zone of the western Bushveld Complex: I. Sulfide poor-chromitites”. Economic Geology 89 (5): 1094–1121. doi:10.2113/gsecongeo.89.5.1094. https://www.researchgate.net/publication/247862961. 
  8. ^ Naldrett, Anthony (January 2011). “Genesis of the PGE-Enriched Merensky Reef and Chromitite Seams of the Bushveld Complex”. Magmatic Ni-Cu and PGE Deposits: Geology, Geochemistry, and Genesis. https://pubs.geoscienceworld.org/books/book/1229/chapter/107031517/genesis-of-the-pge-enriched-merensky-reef-and. 
  9. ^ Kinnaird, J.A (July 2012). “Chromitite formation—a key to understanding processes of platinum enrichment”. Applied Earth Science 111: 23–35. doi:10.1179/aes.2002.111.1.23. 
  10. ^ Platinum Group Metal Mines In South Africa 2007, S A Dept of Minerals and energy Archived 2009-03-19 at the Wayback Machine.
  11. ^ Jones (2005年3月). “History of Platinum Mining in the Bushveld Complex”. wikinvest. 2018年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月2日閲覧。


参考文献編集