メーストール

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

メーストール古希: Μήστωρ, Mēstōr)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してメストルとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

ペルセウスの子編集

このメーストールは、ミュケーナイ王ペルセウスとアンドロメダーの子で、アルカイオスステネロスヘレイオスエーレクトリュオーンゴルゴポネーと兄弟。ペロプスの娘リューシディケーとの間にヒッポトエーをもうけた。ヒッポトエーはタピオスの母、タピオスはプテレラーオスの父[1]

後にプテレラーオスの子供たちは、ミュケーナ王エーレクトリュオーンに祖メーストールの土地を渡すよう求め、争いになった[2]

プリアモスの子編集

このメーストールは、トロイア王プリアモスの子の1人[3][4]トロイア戦争の際にアキレウスイーデー山を攻めたとき、アイネイアースは逃げたためメーストールは殺された[5]。『イーリアス』にはプリアモスがメーストールの死を嘆く場面がある[6]

その他のメーストール編集

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、2巻4・5。
  2. ^ アポロドーロス、2巻4・6。
  3. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  4. ^ ヒュギーヌス、90話。
  5. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・33。
  6. ^ 『イーリアス』24巻。
  7. ^ プラトーン『クリティアス』113d-114c。
  8. ^ アポロドーロス、2巻4・5。

参考文献編集