メールドグラース

メールドグラース[1](英:Mer de Glace、香:白朗冰川)は、日本競走馬

メールドグラース
Mer de Glace(JPN) IMG 1134-1 20190601.jpg
第72回鳴尾記念出走時
(2019年6月1日)
欧字表記 Mer de Glace[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 2015年5月26日(5歳)[1]
ルーラーシップ[1]
グレイシアブルー[1]
母の父 サンデーサイレンス[1]
生国 日本の旗 日本北海道安平町[1]
生産 ノーザンファーム[1]
馬主 キャロットファーム[1]
調教師 清水久詞栗東[1]
競走成績
生涯成績 19戦8勝
国内:17戦7勝[1]
海外:2戦1勝[1]
獲得賞金 中央:1億8346万円[1]
海外:316万豪ドル
(2019年11月5日現在)
 
勝ち鞍
GI コーフィールドカップ 2019年
GIII 新潟大賞典 2019年
GIII 鳴尾記念 2019年
GIII 小倉記念 2019年
テンプレートを表示

主な勝ち鞍は2019年のコーフィールドカップG1)、新潟大賞典GIII)、鳴尾記念GIII)、小倉記念GIII)。

馬名の意味は「フランスのメール・ド・グラース氷河より。母名より連想」[2]

競走馬時代編集

2015年5月26日に北海道安平町ノーザンファームで生まれる。一口馬主法人「キャロットクラブ」より、総額2800万円(一口7万円×400口)で募集された[2]。育成はノーザンファーム早来の山内大輔厩舎で行われたが、当時はまだ小柄であり、「育成時は動きや馬体共に、決して目を引くような馬ではありませんでした」と山内厩舎長は振り返っている[3]栗東清水久詞厩舎に入厩し、2017年9月に阪神競馬場新馬戦に荻野極を背にデビューし3着、その後3戦連続で3着になるなど福永祐一を背に4戦勝ちあぐねていたが、6戦目の小倉競馬場藤岡佑介を背に初勝利を挙げる。

その後大寒桜賞(500万下)で中谷雄太を背に3着、その後2戦し、8月12日の小倉競馬場で、北村友一を背に500万下を2勝目を挙げる。

2戦挟み、2019年1月6日京都競馬場で川田将雅を背に1000万下を制し、3勝目。続く2月23日阪神競馬場の尼崎ステークス(1600万下)も勝利し、オープン入りする。4月29日、当週から短期免許で来日していたダミアン・レーンに乗り替わり、新潟大賞典(GIII)重賞初出走。負担重量54㎏で7番人気の評価ながら、3番人気でセントライト記念勝ちの実績があるミッキースワローを3/4馬身退け重賞初制覇。これで1000万下から3連勝となった[3]

続いて6月1日鳴尾記念(GIII)単勝オッズ2.7倍の1番人気で出走。前走に続いてレーンが騎乗し、東京新聞杯を制しているブラックスピネルに1馬身1/2差をつけて4連勝で重賞2勝目。さらに8月4日小倉記念(GIII)川田将雅を背に参戦。負担重量57.5㎏のトップハンデながら1番人気に推され、弥生賞を制しているカデナをクビ差退け、5連勝での重賞3勝目を飾った。

10月19日、初のオーストラリア遠征となったコーフィールドカップでは日本で重賞2勝を上げたレーンが騎乗、好スタートから道中は後方に待機し、直線に入ってから大外から追い込み残り150メートルで先頭に立ちそのまま押し切り重賞4勝目、今年に入ってから6連勝でG1初制覇を成し遂げた。調教師の清水にとっても海外重賞初制覇となった[4]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[5]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)

オッズ

(人気)

着順 タイム

(上がり3F)

着差 騎手 斤量

[kg]

1着馬(2着馬) 馬体重

[kg]

2017.09.30 阪神 2歳新馬 芝1800m(良) 11 5 5 009.30(2人) 03着 R1:50.2(34.2) -0.3 0荻野極 53 アドマイヤキング 456
0000.11.04 東京 2歳未勝利 芝2000m(良) 12 5 6 006.10(3人) 03着 R2:02.8(34.1) -0.2 0福永祐一 55 コズミックフォース 456
0000.11.25 京都 2歳未勝利 芝1800m(良) 15 7 13 006.20(2人) 03着 R1:50.3(35.2) -0.1 0福永祐一 55 ドラセナ 462
0000.12.23 阪神 2歳未勝利 芝1600m(良) 18 3 6 003.90(2人) 03着 R1:35.3(34.7) -0.6 0福永祐一 55 ブランモンストル 462
2018.01.20 京都 3歳未勝利 芝2000m(稍) 15 6 11 012.00(5人) 12着 R2:04.9(36.2) -1.2 0福永祐一 56 ジャックバローズ 464
0000.03.03 小倉 3歳未勝利 芝2000m(良) 18 7 14 005.20(3人) 01着 R2.01.1(36.0) -0.2 0藤岡佑介 56 (サトノグリッター) 466
0000.03.24 中京 大寒桜賞 500万下 芝2200m(稍) 11 7 8 034.40(8人) 03着 R2.17.8(35.2) -0.0 0中谷雄太 56 ダノンマジェスティ 462
0000.04.15 阪神 3歳500万下 芝2000m(重) 10 1 1 007.40(4人) 06着 R2.03.2(36.0) -1.2 0荻野極 55 タニノフランケル 462
0000.05.26 京都 3歳500万下 芝2000m(良) 12 2 2 003.60(2人) 02着 R2.00.7(33.7) -0.2 0C.ルメール 56 キボウノダイチ 462
0000.08.12 小倉 3歳上500万下 芝2000m(良) 10 7 7 002.50(1人) 01着 R1.59.5(34.7) -0.2 0北村友一 54 (サンライズサーカス) 470
0000.09.29 中山 習志野特別 1000万下 芝2000m(稍) 16 2 3 007.30(4人) 09着 R2.02.9(35.3) -1.1 0石橋脩 54 マイネルファンロン 468
0000.12.08 阪神 境港特別 1000万下 芝2200m(良) 10 4 4 011.30(5人) 02着 R2.12.2(35.6) -0.3 0川田将雅 53 シルヴァンジャー 472
2019.01.06 京都 4歳上1000万下 芝2200m(良) 9 8 9 002.40(1人) 01着 R2.17.6(34.7) -0.0 0川田将雅 56 (ダブルフラット) 482
0000.02.23 阪神 尼崎S 1600万下 芝2200m(良) 9 6 6 005.10(3人) 01着 R2.12.4(35.0) -0.3 0川田将雅 56 (センテリュオ) 476
0000.04.29 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2000m(良) 16 8 15 015.80(7人) 01着 R1.58.6(33.0) -0.1 0D.レーン 54 (ミッキースワロー) 478
0000.06.01 阪神 鳴尾記念 GIII 芝2000m(良) 9 7 7 002.70(1人) 01着 R1.59.6(34.6) -0.2 0D.レーン 56 (ブラックスピネル) 476
0000.08.04 小倉 小倉記念 GIII 芝2000m(良) 13 6 8 002.60(1人) 01着 R1.58.8(34.9) -0.0 0川田将雅 57.5 (カデナ) 480
0000.10.19 コーフィールド コーフィールドC G1 芝2400m(良) 18 17 3 01着 R2.30.16 0D.レーン 55.5 (Vow and Declare) 計不
0000.11.05 フレミントン メルボルンC G1 芝3200m(重) 24 2 2 06着 R 0D.レーン 56 Vow and Declare 計不
  • コーフィールドカップ[6]およびメルボルンカップ[7]の結果はレーシング・オーストラリアに基づく。
  • 競走成績は2019年11月5日現在

血統表編集

メールドグラース血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系
[§ 2]

ルーラーシップ
2007 鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
エアグルーヴ
1993 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール *ノーザンテースト
シャダイフェザー

グレイシアブルー
2002 青鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
*ブルーラスター
Blue Lustrer
1994 青鹿毛
Nureyev Northern Dancer
River Lady
Blue Note Habitat
Balsamique
母系(F-No.) 16号族(FN:F16) [§ 3]
5代内の近親交配 Nureyev5×3=15.63%、Northern Dancer5×4=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ メールドグラース 5代血統表2019年8月18日閲覧
  2. ^ メールドグラース 5代血統表2019年8月18日閲覧
  3. ^ メールドグラース 5代血統表2019年8月18日閲覧
  4. ^ メールドグラース 5代血統表2019年8月18日閲覧

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p メールドグラース”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年1月31日閲覧。
  2. ^ a b メールドグラースの新馬データ”. netkeiba.com. 2019年8月18日閲覧。
  3. ^ a b 2019年04月29日 新潟大賞典 G3”. 競走馬のふるさと案内所. 2019年8月18日閲覧。
  4. ^ レース結果・回顧:2019年コーフィールドカップ 海外競馬発売 JRA”. JRAオフィシャルホームページ. 2019年10月21日閲覧。
  5. ^ メールドグラース”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年10月21日閲覧。
  6. ^ [1] レーシング・オーストラリア、2019年10月21日閲覧
  7. ^ [2] レーシング・オーストラリア、2019年11月5日閲覧
  8. ^ a b メールドグラースの血統表”. netkeiba.com. 2019年8月18日閲覧。

外部リンク編集