メインメニューを開く

メール定額制(メールていがくせい)とは、携帯電話PHSにおけるEメールの送受信のパケット通信料を、使った分だけ従量課金するのではなく、どれだけ使っても定額となる料金制度である。

なお通常は、パケット定額制が適用される場合には、メール定額制も内包される。また特にメール定額制と言う場合、対象をEメールに限定する事によりオプション等料金を低廉化したものを言う。

詳細編集

メール定額制と言う場合、通常は、通信端末のうち音声通話用の端末(音声端末)をそれ単体で利用してEメールの送受信をする場合に適用される。携帯電話・PHSをPCPDA等に接続したり、データ通信専用型端末を利用する場合は、各社ともサービス体系や料金体系が異なる場合がある。

メール定額制を利用できる料金体系は、音声用の基本料金に含まれるもの、オプションの加入が必要なものに分けられる。また、メールを送受信する相手を問わないものと、同じキャリアや家族割引回線間のメールに限って定額とするものがある。

Eメールのうち送受信文字数を短く制限(いわゆる短文Eメール)して送受信を定額制としたものや、EメールではなくSMSのみをどれだけ使っても定額となるような料金制度は、Eメール定額制より以前から存在している。

国際ローミング中のメール送受信は定額制の対象外であることが多い。

  • 基本料に含まれ、相手を問わないもの
    • ウィルコム
      • ウィルコム定額プラン、新ウィルコム定額プラン、新ウィルコム定額プランS/G(Gは、3Gパケットを利用したものは対象外)
      • ウィルコムビジネスタイム定額トリプルプラン、トリプルプラン - 法人向けで3回線以上の契約が必要(ただし、請求統合により3回線以上ある場合は、そのうちの1回線目からでも個人契約で利用可能)
      • スーパーパックLL
      • 新つなぎ放題
    • auKDDI沖縄セルラー電話
    • ソフトバンクモバイル
      • シンプルオレンジE
    • NTTドコモ
  • オプションの加入が必要で、相手を問わないもの
  • 基本料に含まれ、同一キャリアに限られるもの
  • 家族割引、法人割引回線間が対象のもの

ウィルコムの定額対象の詳細編集

ウィルコムのAIR-EDGE PHONE端末でのメール定額制対象は、音声端末単体でウィルコムのメールアカウント(foo@bar.pdx.ne.jpまたはfoo@willcom.com)とAIR-EDGE PHONEセンターを利用して送受信した場合のみである。音声端末単体でも、ISPのEメールアカウントでメール送受信を行った場合は、メール定額制の対象外である。

メール定額が適用される通信方式は、パケット方式のみである。すなわち、AIR-EDGE PHONEセンター経由、またはエッジeメール(H"LINK対応端末でのパケット方式によるEメール。KX-HV210とH-SA3001V等)である。PIAFS方式の通信には適用されない。ただし例外措置として、2005年12月1日より、「ウィルコム定額プラン」に限ってPIAFS方式の通信にもメール定額制が適用されるようになった。ただし「オプション メール放題」では適用されない[1]

歴史編集

  • 2002年9月10日 DDIポケット(現ウィルコム)が、AirH"方式対応H"端末(パナソニックKX-HV210)による、PHS音声端末によるEメールサービス使い放題オプション「オプション エッジeメール放題」を開始。
    • 同オプションでは、パケット方式のEメール送受信のみが対象となり、また同時に「コンテンツサービス」(H"LINK・情報提供サービス)のパケット方式での通信料も半額となった。
  • 2003年4月1日 DDIポケット、メール関係の定額制を整理統合して「ライトEメール」やSMS(「ライトメール」・「Pメール」)も定額制とする「オプション メール放題」を開始。
  • 2004年10月1日 NTTドコモ、ファミリー割引グループ内同士のiモードメール送受信が無料
  • 2005年6月1日 ソフトバンクモバイル(当時:ボーダフォン)がVodafone 3G限定のメール定額サービス「メール定額」を開始。「VGSメール」(端末Eメール)に加え、SMSやMMSも定額制対象となる(ただし国際SMS類は対象外)。ボーダフォン時代の料金プランのみ対象。
  • 2006年10月26日 ソフトバンクモバイルがゴールドプランにおいてSoftBank 3G間のMMS(Eメールの一種)を対象に、メール定額制を導入。
  • 2007年1月16日 ソフトバンクモバイルがホワイトプランを開始。ゴールドプランと同様に、SoftBank 3G間のMMSにメール定額制が適用される。
  • 2007年6月1日 NTTドコモ、法人向け割引サービス「オフィス割引」サービスをスタート。同時に一括請求を組んでいるグループ内iモードメール送受信無料に
  • 2008年2月4日 ソフトバンクモバイルがプリモバイルにおいて300円/30日の料金でMMS及びSMSを使い放題にした。ただし維持費は3000円のプリペイドカード1枚に付60日間有効であることから携帯電話の維持費は1500円/30日かかり、2008年4月現在メール専用の定額プラン(ゴールドプラン及びホワイトプランのような限定を受けることなく)として契約できる携帯電話(PHS除く)は国内唯一の存在である。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c 300KBを超えるメールとiPhone専用メールアドレス宛のメールは従量制
  2. ^ a b パケットし放題Sに加入するとメール定額ではなくなる

出典編集

  1. ^ [1]

関連項目編集