モア

かつて生息していた、ダチョウ目モア科に属する構成種の総称

モア(Moa)は、ニュージーランドにかつて生息していた鳥類で、ダチョウ目モア科に属する構成種の総称。現在ではすべてが絶滅した。恐鳥とも言う。

モア
生息年代: 中新世-完新世, 17–0.0006 Ma
Haastseagleattacksamoa.jpg
ハーストイーグルに襲われる姿の復元模型
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ダチョウ目 Struthioniformes
: モア科 Dinornithidae
英名
Moa
  • Anomalopteryx (ヤブモア属)
  • Dinornis オオモア属
  • Emeus (ヒガシモア属)
  • Euryapteryx (アシモア属)
  • Megalapteryx (ツバサモア属)
  • Pachyornis (エレファントモア属)

哺乳類が生息していなかったニュージーランド島において、6属10種以上に進化して独自の繁栄を遂げていた。草食性で、天敵はハーストイーグル以外には存在していなかったが、マオリ族のニュージーランドへの上陸後、生息地の森林の減少や乱獲により急速に生息数が減少した。

最大の種では 3メートル近い体高に成長する最大の鳥類であった。ダチョウヒクイドリのように脚力が発達し、飛ぶことはできない。

骨格


分子生物学による系統関係編集

モアの化石からDNAを調べたところ、モアは現生のシギダチョウに最も近縁であることが判明したという[1]

脚注編集

関連項目編集