モイズ・キスリング

1891-1953, ポーランド生まれのエコール・ド・パリの画家。

モイズ・キスリング(Moïse Kisling、1891年1月22日 - 1953年4月29日)は、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家ポーランド生まれ。

モイズ・キスリング
Moïse Kisling
Amedeo Modigliani 032.jpg
生誕モイジェシュ・キスリング(Mojżesz Kisling)
(1891-01-22) 1891年1月22日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国クラクフ大公国の旗 クラクフ大公国クラクフ
死没 (1953-04-29) 1953年4月29日(62歳没)
フランスの旗 フランスヴァール県サナリー・シュル・メール
国籍ポーランドの旗 ポーランド
著名な実績エコール・ド・パリ

生涯編集

1891年1月22日オーストリア=ハンガリー帝国の大公国であるクラクフ大公国の首都クラクフユダヤ人として生まれる。地元の美術学校で、印象派の影響を受けたユゼフ・パンキエヴィッチに師事する。

1910年、19歳でパリに出て、モンマルトルで画家として本格的に絵を描き始める。

1912年ピカソブラックらの活動拠点モンマルトルのバトー・ラヴォワール(洗濯船)に移り住む。 同年、サロン・ドートンヌアンデパンダン展に出品。

1919年、ギャルリー・ドリュエにて個展を開催。 好評を博し1920年代には画家として成功する。

第一次世界大戦では、自ら志願して外人部隊に従軍。ソンムの戦いで重傷を負い、兵役を解かれてスペインで療養する。その功績により1916年にフランス国籍を得る。

1925年アリス・プランモデルに「モンパルナスのキキ」を描く。

第二次世界大戦勃発後、再び志願して従軍するが、1940年のフランス降伏後にナチスのユダヤ人弾圧を逃れるためにアメリカに亡命し、ニューヨークワシントンD.C.で展覧会を開いた後にカリフォルニアに居を定めた。終戦後の1946年、フランスに戻る。

1953年4月29日、南フランスヴァール県の港町サナリー・シュル・メールにて没。同県のラ・ヴァレット=デュ=ヴァールのラ・ヴァレット墓地に埋葬されている[1]

人物編集

脚注編集

  1. ^ Moise Kisling” (英語). Find a Grave. 2015年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月26日閲覧。