モガディシュのサイード

モガディシュのサイードソマリ語: Saciid min Muqdishoアラビア語: سعيد من مقديشوSa'iid min maqadīshū)は、14世紀のソマリ族の学者で旅行者であった。

モガディシュのサイード
個人情報
生誕 中世
宗教 イスラム教
国籍 ソマリ族
主な著作 イスラーム哲学
聖職 イマーム
ムスリム指導者
本拠地 アフリカの角アラビア半島
テンプレートを表示

経歴編集

サイードは、1301年にアジュラーン・スルタン国の首都モガディシュで生まれた。

サイードは10代の頃にモガディシュを離れ、メッカマディーナで学び、28年間そこに留まり、知識を集め、多くの弟子を得た[1]。学者としての評判が高まり、メッカとマディーナのアミールと聴衆を獲得した[2]

サイドはその後、イスラム世界を横断してベンガル中国を訪れたと言われている。インド西海岸のモスクに滞在していた時に、同じムスリムの旅人であるイブン・バットゥータに出会った。学者のピーター・ジャクソンによると、サイードはこの時、バットゥータに中国での旅行話を共有し、元朝の政治状況や継承について詳しく説明し、この情報を後にバットゥータの年代記に加えたと考えられる[3]。サイードは1361年か1365年に死亡したようだ。

業績編集

モガディシュのサイードは、有名なソマリ族の学者であり、旅行者でもあった。彼はアフリカにとって初めて中国にいった大使であり、アフリカ人として初めてマンダリンを学び、アフリカ人として初めてマンダリン語をソマリ語のようなアフリカの母国語に翻訳したと言われている[4]。また、ソマリ商人アジアアフリカの交易のリーダーにしたことでも知られている。

出典編集

  1. ^ History of Medieval Deccan, 1295–1724: Mainly cultural aspects edited by P. M. Joshi pg 7
  2. ^ Between the Middle Ages and modernity: individual and community in the early By Charles H. Parker, Jerry H. Bentley pg 160
  3. ^ Travels of Ibn Battuta – Review by Peter Jackson, Journal of the Royal Asiatic Society pg 264
  4. ^ African Explorer Magazine” (英語). African Explorer Magazine. 2020年5月28日閲覧。