モサプリド (Mosapride) は、代表的な胃腸薬であり、胃腸管神経に働いて胃腸の運動を活発にし、吐き気嘔吐、食欲不振、膨満感、胸やけなどの症状を改善する。クエン酸塩が「ガスモチン」の商品名で大日本住友製薬より1998年に発売され、現在では後発医薬品も複数発売されている。

モサプリド
Mosapride structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
投与方法 経口
識別
CAS番号
(MeSH)
112885-41-3
PubChem CID: 119584
KEGG D08236
別名 Mosapride
化学的データ
化学式 C21H25ClFN3O3
分子量 421.893 g/mol
ガスモチン

目次

概要編集

十二指腸に存在するセロトニン5-HT4受容体を刺激して[1]アセチルコリンの遊離を増大させ、アセチルコリンの作用により消化管運動促進作用および胃排出促進作用を示す。 ごく一般的に処方される胃腸薬である。

2006年に、日本初の大規模臨床比較試験(JMMS)により、機能性胃腸症(FD:Functional Dyspepsia、機能性ディスペプシア)の治療には、消化管運動機能賦活薬の当薬の方が、慢性胃炎治療薬のテプレノンよりも有効であることが判明した。機能性胃腸症は元来、精神的な影響がかなり大きいといわれるが、この場合、他の治療薬では効果がない場合が多い。しかし、東北大学教授で東北大学病院総合診療部部長の本郷道夫[1]による1000人を対象とした調査・試験により当薬が高い効果を上げることが判明した。モサプリドを服用した患者は91%が症状が良くなったと効果を認め、これに対し、胃粘膜保護薬では52%で、偽薬と同じ程度の効果しかなかった。しかし、現在は機能性胃腸症は保険適応とはなっていないため、慢性胃炎という病名で治療・投薬が行われている。

なお、エーザイが2006年4月に、ASEAN諸国を中心としたアジア10カ国を対象とした開発、製造、販売の権利を取得するライセンス契約を大日本住友製薬と締結した。

商品名の由来編集

ガスモチンという商品名は、を意味するガストリック(gastric)と運動を意味するモティリティ(motility)を合わせて「胃の運動」とし、これが「ガスモチン」の名の由来である[2]

適用編集

  • 慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけ、悪心、嘔吐)
  • 経口腸管洗浄剤によるバリウム注腸X線造影検査前処置の補助

種類編集

  • 錠剤:2.5mg、5mg
  • 散剤:1%

禁忌事項編集

胃腸の痛み止めである抗コリン薬と併用した場合、お互いの作用が減衰する可能性があるため、抗コリン薬との併用は禁忌である。

一般的注意・副作用編集

  • 副作用は少ないが、人によっては、腹痛下痢があらわれることがある。きわめてまれだが、重い副作用として肝機能障害の報告がある。高齢者へは慎重に投与。妊婦へは、投与しない。
  • ALP上昇
  • γ-GTP上昇
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 口渇
  • 好酸球増多
  • GOT上昇
  • GPT上昇
  • 心悸亢進
  • 中性脂肪値が上昇
  • 軟便
  • 腹痛
  • ふらつき
  • 発疹
  • めまい

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Kato S, Morie T, Yoshida N. Synthesis and biological activities of metabolites of mosapride, a new gastroprokinetic agent. Chemical and Pharmaceutical Bulletin (Tokyo). 1995 Apr;43(4):699-702.
  2. ^ 大日本住友製薬公式サイト「ガスモチン開発秘話」

外部リンク編集