モザンビークの国章

モザンビークの国章
Emblem of Mozambique.svg
詳細
使用者 モザンビーク
採用 1990年
モットー : REPÚBLICA DE MOÇAMBIQUE
「モザンビーク共和国」

モザンビーク国章(モザンビークのこくしょう)は1990年モザンビーク共和国憲法第194条で定められたモザンビーク共和国国章

目次

意匠編集

モザンビーク共和国憲法第194条ではこの国章の意匠と意味について規定している。国章はトウモロコシサトウキビで作られたリースに縁取られた歯車が描かれている。中央には赤い太陽で描かれたモザンビークの地図、青いAK-47カラシニコフ自動小銃)との上にクロスされた図案が描かれており、リースには国名(República de Moçambique)が記されたリボンが結ばれている。

トウモロコシとサトウキビは農業[1]を、歯車労働工業[2]を、本は教育、鍬は「小作人と農業生産物」[3]を、AK-47は「防衛と警戒」[4]を表している。赤い星1982年までの旧国章では社会主義を表すとされていたが、現在のモザンビーク憲法においては「モザンビーク人民の国際的な連帯を象徴する」と明記されている。赤い太陽は新しい生命の創造を象徴している[5]

これまでの国章編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ モザンビーク憲法第194条による
  2. ^ モザンビーク憲法193条による
  3. ^ モザンビーク憲法193条による
  4. ^ モザンビーク憲法第194条による
  5. ^ モザンビーク憲法第194条による

関連項目編集